「愛」「勇気」「自由」そして「信じるこころ」があれば・・・「真実の愛」とは、自分の目先の欲望よりも、相手のその先の真の幸せが大切って思えること・・・


今日は,毎日がんばっている「自分にご褒美の日」でした。

母の容態も落ち着いていたので、前から観たかった「美女と野獣」を観に行きました。

ディズニーの映画は、私をいつも幸せな気持ちにしてくれます


どのSTORYでも、「真実の愛」「勇気」「自由」そして「信じるこころ」が、人生でとても大切であることを教えてくれます。

「美女と野獣」は、魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子様と、ちょっと変わった美しい村娘ベルのSTORY。

「人と違う外見に縛られ、本当の自分を受け入れられない野獣が、人と違うことを自分の輝きに変えるベルと出会い、「真実の愛」に気づいていきます。

この物語の大きなテーマは「真実の愛」そして「ありのままのじぶん」を受け入れること。


醜く恐ろしい野獣と美しい娘ベル・・・「愛」が芽生えるはずもない出会いから、少しずつ二人の距離は近くなっていき、最後はなくてはならない大切な存在であることに気づき合います。


外見にとらわれることなく、心の目で見、感じると、内面の本当の美しさが見えてきます。

真実はいつも「内」に秘められていますね。


私の好きな場面は、城を飛び出したベルが、オオカミに襲われ、野獣に助けてもらうところ。

倒れた野獣をそのままにして、逃げることもできたのに、馬に野獣を乗せて城に帰り手当てをし、

「Anyway .... Thank you very much for saving my life,」と、野獣に正直に気持ちを伝えたベル。

そこから、ほんのちょっとずつ 「心の変化」が芽生えていきました。


本当は一緒にいてほしいのに、お父さんに会いたいというベルを野獣が城から解放してあげるところも感動でした。

「真実の愛は、どんな時も相手が本当に望むことをさせてあげること」

たとえ、その時に、自分を選ばなくとも、真実の愛ならば、必ず、戻ってくると信じて・・・


圧巻は、ガストンに撃たれ倒れた野獣にベルが愛を告げるシーン・・・

醜く恐ろしい野獣の呪いが解け、美しい王子様に変身するところは感動で涙でした。


真実の愛。。。それは、自分の望みではなく、相手の望むことを受け入れてあげるかどうか・・・

自分の目先の欲望ではなく、相手のその先の真の幸せを願ってあげられるかどうか・・・


「アナと雪の女王」でも、雪だるまのオラフがこう言ってました。

「真実の愛」っていうのはね、自分のことよりも、相手の幸せを大切だと思えることだよ」って。


今日は、映画館で、赤い薔薇の花びらが全部散り終わる前に、「真実の愛」に出会え本当によかったです。

あなたは、心の底から「真実の愛」を信じていますか?

私は信じています。

私たち人間の「究極のそして永遠の学び」なのかもしれませんね。




ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて

そして心に花束を





スポンサーサイト

「心の器」をリセットする時・・・祓い清められ、すべては自然にでも完璧に行われました

母の容態が落ち着いていたので・・・

一昨日、特急あずさに乗って山梨県まで一人遠足・・・

夫婦木神社「姫の宮」に行ってきました。


「姫の宮」は、私が突然描かされた十二一重を着たお姫様が、ご縁ムスビをしてくれた大好きな神社です。

2012年に不思議な出合いをして以来、仕事では何十回もお参りしていますが、

やはり、仕事とプライベートでは、気持ちが全く違います。


ここのところ、ずっと母のことと、仕事のことで、心と頭がいっぱい、いっぱいで、ちょっと苦しくなっていて、

思い切って、心と体に休息をあげることにしました。


「美湖さん行きませんか?」

そのきっかけをくれたのが、Yちゃん。


Yちゃんは、ほかの「心友」さんたちと一緒だったので、現地で合流。


それから、突然の訪問に快く応じてくださっって、駅にお迎えに来てくださったMさん。

Mさんは、2012年9月に夫婦木神社姫の宮で、出逢った「心友」さんです。


昇仙峡からちょっと行った先に、Mさんのおすすめのとっても素敵な癒しの場所があります。

そこで、みんなと合流!


新緑、山、湖、風、空 大地…大自然の中

おいしいもの食べて、おしゃべりして、泣いたり、笑ったり!


Yちゃん以外、私は、現世では、初めてあった方ばかりだったのですが・・・


「どの時代に合ってます?

うーん、前世で何度もあってるね!

うんうん、セドナでもいっしょだった。 うんうん インディアン!

日本の神社でも・・・・巫女だった?

一緒に天界の仕事してましたよねー。 今世もねー。

あなた、かぐや姫みたいね~。」 と・・・


Mさん、Yちゃん、Sさん、Yさん、Sさん、わたしの6人は、前世のどこかで、間違いなくみんな出会ってる!!

宇宙語が降りてきたリ、想念で通じたり・・・たのし~い!


ハートチャクラがひらきっぱなしで、ワクワク、ドキドキ、胸がずっと熱く感じました。


そのあとは、中村宮司さんの待つ「夫婦木神社姫の宮」

まずは、宮司さんの「幸福宇宙論」を伺いましたが、

なんと、そこにいた「心友」一同に共通する学びのメッセージがたくさん降りてきて

またまた、ハートチャクラがひらき、じんじんと熱くなりました。


私は、姫の宮参拝 前日にメッセージを受けていて、そのことを今回一緒に行った「心友」さんに伝えていましたが、

「Yさんを「姫の宮」にご案内するように・・・

そうすると、Yさんと、あなたの二人の何かが、溶けて❓解けて?新しい何かが現れます。」


それは、私が描いたお姫様からのメッセージだったようです。


クライマックスは、宮司さんの御好意で、

御殿の中での

特別正式参拝

なんと・・・ひふみ祝詞をあげていただきました。

「祓いと禊」

私たちの魂は、祓われ、清められました。

すべては…とっても自然に、でも完璧に行われました。


私たちは、祓われゼロになり、清められ、そして新たなエネルギーをいただくことができました。

それは、「不思議」な、そして「神聖な時」でした。



神社の参拝・・・それは神様のお導き

神様が私たちをおよびくださったのを感じました。


好きな人と
好きな時に
好きな所で
好きなことができ

たくさんの奇跡をみ、感謝の1日となりました。


思い切って、行ってよかった。。。


みなさんも、「心の器」が、いっぱいになってしまったら、「リセット」してくださいね。

空っぽになった器には、必ず新しい何かが入っってきますよ。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を






『喜びと悲しみ、両方があるからこそ 人生は奥深く 素晴らしいもの』

神様にすべてを委ね、守られていることに感謝して生きられるようになると・・・

興ること全てを そのまま 受け入れることができるようになります。

なんで?どうして?が・・・なくなります。


だって起こることすべてに意味があるから


でもね、体をもった私たちには、感情がありますね。

悲しい事や辛いことが起これば、泣きたくなるし、

自分の願いが叶わなければ、どうして?とすべてを投げ出したくなるときだってあります。

人間だもの・・・


かなしい、つらい、うれしい、たのしい 

感情があるから辛い
感情があるから幸せ

すべてがわかってしまったら、わたしたちは、もうこの地球に居る必要はありません。

だから人間の体をもってこの地球で修行中の間はね・・・

辛いときはつらいといいましょう。
悲しいときは悲しいといいましょう。

泣いたっていいんです。
怒ったっていいんです。


先日たまたまつけたTVで、聴覚障害を持った方が笑顔でこう語っていました。

「あきらめないで まえにでたら いいこと たくさん」

すごいなあと思いました。


人生は辛い事の方が多いのかもしれない。

私たちは「学び」にこの地球上にきているから・・・

でも、その中に、「幸せ」なこともある

それがちょっとでも、「幸せ」なことも必ずあると信じて前を向いていきましょう


【喜びと悲しみ、両方があるからこそ 人生は奥深く 素晴らしいもの】
歌手の平原綾香さんもそう言ってました。


悲しい体験は嫌だけど、悲しみがあるから、喜びに感謝できるのかな・・・


だから大丈夫!

一緒にあるいていきましょう。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

待っていてくれたお姫様 「龍口明神社」で起こった奇跡!

先日の「みこたび」のお話をシェアいたしましたが、
もう一度きちんと「江島神社」にお参りしてみたいと、メッセージいただいた方が、何人かいらっしゃいました。

江島は、宗像三女神と龍神様が守っていらっしゃいます。

神社にお参りされる時は、ご由緒やご祭神等をご理解の上、礼を尽くしてお参りくださいね。


さて、今日は、先日「江島神社」と同日にお参りいたしました「龍口明神社」での奇跡をシェアします。

「龍口明神社」との御縁はとても不思議・・・


私は、「みこたび」のちょうど1週間前、偶然にもこの「龍口明神社」をご案内しました。

それも、いつものように神様のお導きで、当初決まっていた行き先が急に変更になり

「江島神社」と「龍口明神社」に行ってくださいということに突然なったのです。


こういうことはよくあるので、驚きはしませんでしたが、その時の「直感」は「何かが起こる!」でした。

その「直感」は前日に友達に話してはいたのですが・・・果たして.・・・


不思議は起こりました!!

まずは、「龍口明神社」の岡田宮司さんとの出会い。


初めてお会いしたのに、何度もお会いしたことがある感覚・・・


拝殿の中は、なんだかとても懐かしく・・・「龍神様」と「玉依姫様」のエネルギーがぐるぐるまわっていました。

この感覚は、…今でも懇意にしていただいている「夫婦木神社姫の宮」の姫の宮と中村宮司さんとの出会いの感覚と似たものがありました。


「龍口明神社」の御殿に入れていただいて参拝した後に、1枚の絵ハガキをいただきましたが、
その絵ハガキをみたとき、はっとしたのです!

裏には、北九州のどなたかが書かれれ奉納された、五龍神様と玉依姫様とありました。


ちょうど1年ほど前のことでした。

ある方の紹介で尋ねた、ヒーラーさんが、私を前に、突然さらさらと、絵と文字を書かれたのです。
その絵は、「龍口明神社」でいただいた絵ハガキの絵とそっくりでした。

これは、「あなたさま」

あなたは、現世を写す光の愛の球を持っています。

あなたのことはいつも「龍神様」がお守りになっていらっしゃいます。


その時、そのヒーラーさんは、私にそう言って、1枚の絵をくれました。

その絵と・・・・
もちろん書いた人は違います。でも、「龍口明神社」でいただいた絵ハガキはそっくりでした。


不思議なことああるものだと・・・


1週間後、再びお参りすることになった「龍口明神社」の宮司さんにその絵を見せたところ、

「ちょっと待ってください!あなたにとても似ている絵を私持ってます!」と
拝殿の奥から、大きなお姫様の絵を出してこられたのです。


みんな、「あっ!美湖さんに似てる!」と!


その絵は、ある方が、宮司さんの目の間で、アッという間に書かれたそうです。

私は、そのお姫様と龍神様、そしてその「龍口明神社」にとっても不思議な御縁を感じました。


神様からのメッセージは

「これから、あなたは、何度も「江島神社」と「龍口明神社」に来ることになるでしょう・・・



さてさて今後が楽しみです。


不思議な不思議な、でも最近、実際にあったお話・・・


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

みこたび 「江島神社」で起きた奇跡!

先日の「みこたび」で、「江島神社」「龍口明神社」をご案内し、

皆さんと一緒にお参りしました。


「江島神社」は、もちろん誰でもお参りできますが、私はとても難しい?神社と感じます。

宗像三女神のことをよく知ってお参りするとその意味が感じられるかもしれません。


今回も、「神様と繋がるお参りの仕方」をお話しながら

皆さんと、辺津宮、中津宮、奥津宮、龍宮、岩屋まで、丁寧に、きちんとお参りしましたが・・・

お参りしていて、またまた数々の「奇跡」をみせていただきました。


強いエネルギーが、お堂の中を巡り、八方に放射されているのを感じる、辺津宮の八角堂では、

日曜日で参拝客も多い中、人払いされ、私たちだけの「時」「空間」になりました。

おススメの「蛇」の指輪お守りも、私たちの数だけ用意されていました。


中津宮では、以前は全く気付かなかった「不思議な石」に呼ばれ・・・

奥津宮では、「八方睨みの亀」と目があい、本物のリスのお迎えがありました。

龍宮では、快晴で暑い日だったのにも関わらず、お宮の中に入る時に、どこからともなく「雫」がぽたり・・・

岩屋は、ひんやりとした洞窟の中を歩いているだけで、不思議なエネルギーを充電させて頂いている気がしました。


江島は龍神様に守られている奥の深い不思議な「島」です。


私は・・・軽い気持ちでは近づけませんが・・・

先日は、宗像三女神に暖かく迎え入れていただけた気がして感謝でした。


江島神社」をゆっくりとお参りした後は、べんてん号に乗り、海から船で陸路へ。

海の見えるレストランでゆっくりとお食事!

「龍神様」にご加護をいただいた「ひと時」でした。


そして、その後は「江島神社」と同日にお参りするとよいと言われている「龍口明神社」に皆さんをご案内。

この神社でも、またまた「奇跡」が起きました。

この続きは、またの機会にシェアしますね。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR