あなたの大切なものは何ですか?~~大切なものは目に見えない?~

「あなたの人生の中で一番大切なものは何ですか?」

それは、社会的な地位や名誉やお金ではなく・・・

一番身近な大切な人と過ごす時間
愛する人と一緒の時間

先週、歌手の平原綾香さん主演「メアリーポピンズ」のミュージカルを観に行きました。

メアリーポピンズは、大好きな物語です。

その大好きなお話がミュージカルになり、あーやが演じる!
観に行かないわけにはいきません!


メアリーポピンズ・・・この物語は、
小さいころ、寝る前によく母が読んでくれました。

私は、メアリーポピンズと一緒にいると起こる「不思議」が大好きで、
シリーズになっているその本を何冊も何冊も読みました。

そして、いつも、メアリーポピンズが起こす不思議な物語の中に入り込み、
いつも一緒に旅をしていました。

私は、小さいころから「ふしぎ」なことにとても興味がある
好奇心旺盛な女の子で、
「あー、うちにも、風にのって、メアリーポピンズのようなお手伝いさんがくればいいのに・・・」と
本気で思ったものです。


本当に大切なことは「目に見えない」
一人一人の心の中にある

それはそれは、「愛」

大切な人と過ごす
大切な時間


スーパーカリフラジリスティックエクスピアりドーシャス!

困難な時にこそ、前向きになれる!この魔法の呪文。

この呪文を唱えれば、みんな笑顔になれます。
どんなことでも乗り越えられます。


人生は思っているほど長くありません。
大切な人と過ごす時間もきっと限られていることでしょう。

だとしたら・・・

好きな人と
好きな時に
好きな所で
好きな事をする人生を

共に歩んでいきましょう。

あなたは、だれと一緒に過ごしたいですか?


あなたの大切なものはなんですか?


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を




スポンサーサイト

辿り着けなかった三峯神社の朔日参り ~あなたならどうしますか?~

先日、4月1日、三峯神社の朔日参りをご案内しました。

三峯神社の朔日参り「白いお守り」の人気のすごさはご存知の方も多いと思います。

4月1日は日曜日でした。
三峰神社の朔日参りを数多くご案内し、状況をよくわかっている私は、いやな予感はしていました。

何時に神社に到着できるかしら?
お客様は全員その日のうちに帰宅できる?

そんな不安がありました。

だから、お客様には、朝からしっかりと「どんなにすごいのか」を説明し、その状況ご理解いただきながら進みました。

しかし・・・その日、私のその予想以上のことが起こりました。

私たちは、三峯神社にたどり着くことができなかったのです。


秩父市内にはいって少し行くと、混雑は始まりました。

時間はたつばかりで、バスは全く動きません。

道路には、「三峯神社まで6時間以上」というは状渋滞表示が・・・

そのうち、「三峯神社での白いお守りの引換整理券は終了した」という情報が入ってきたのです。

え・・・・バスは動かないし、整理券も終了?


そのうち、途中箇所で、もどってくるようにという、業務連絡が会社からありました。


こんな事態ははじめてでした。


交通の状態や天候などで、行程通りに事が進まないことは、どうすることもできません。

でも、ご参加されたお客様の気持ちを考えると申し訳ない気持ちになりました。


状況を丁寧に説明し、お詫びを申し上げましたが、
私のバスのお客様は、みな「笑顔」でした。

むしろ、「今日はお天気だったし、桜も見れたし、美湖さんにお会いできたし、
よかったです」とおっしゃってくださった方もいらっしゃいました。

みんな心の中では、がっかりしていたはずです。

でも、どうしようもないことに、不満をいっても、自分と相手が気分が悪くなるだけです。

同じ時間がながれているのだったら、
気持ちを切り替えて、「またこよう!」と思った方が得なのです。

でも、そこがなかなか分かっていてもできないこともありますよね。


私のバスのお客様は本当に、みなさんポジティブでした。

素晴らしいな!と思いました。

どうにもならないことに、腹を立て、周りの人に当たり散らす人・・・

サービスエリアで、添乗員に喧嘩をうっている他のツアーの人をみて、

ちょっと残念な気持ちになりました。


怒っても、笑っても、同じ時間は過ぎていきます。

ならば、起こることを受け入れて
「笑顔でありがとう」

そんな日々を過ごしていきたいと思いました。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を


コノハナサクヤ姫様とのご縁 ~本当にあった不思議なお話~ 一粒の水晶玉の意味

今月はコノハナサクヤヒメ様にたくさんご縁をいただいて、

富士山本宮浅間大社に何度も行きました。

コノハナサクヤ姫は、桜の化身とも言われ、神様の中でも絶世の美女と言われる女神さまです。

桜が満開の昨日、とても不思議な出来事が起こりました。

今日はその本当にあった不思議なお話をシェアしますね。


あー、なんてきれいなの・・・

一人で何度もそうつぶやいてしまうほど、昨日の浅間大社は桜が満開でどこもかしこも美しく
うっとり・・・

いつものように二階建ての美しい御殿をお参りをし、本殿の右側にある涌玉池にいきました。

湧玉池は、富士山に降り積もった雨や雪が地中に浸み込み、長い年月をかけてろ過され集まり流れとなる
「富士山の伏流水」が湧き出たものだそうです。

まるで、水晶のように透き通ったその水は本当に美しく、そこに水はないのでは…と思ってしまうほどの透明度なのです。

そのお気にいりの湧玉池で、ふ・し・ぎは興りました。


美しいその水にちょっと触れてみたい・・・と私は池に近づき手を入れてみました。

私のセドナでの出来事(オーククリークに落ちた)を知っている人は、

えー、美湖さん、湧玉池におちちゃったの?とおもうかもしれませんね(笑)

今回はそうではないのですが、本当に不思議なことが起こりました。


池に手を入れたら、あまりにも気持ちがよかったので、私は、お気にいりのブレスレットを浄化したくなりました。

そのブレスレットは、水晶の玉で、一つ一つに桜の花と花びらが彫ってありました。


さて、ブレスレットを外して池につけようとしたその瞬間・・・・

あっ

一瞬にしてブレスレットがはじけて水晶の玉は桜の花びらのように池に散っていきました。

そして、なんと・・・

私の手の中に、桜の水晶玉が一つだけのこっていたのです。

えっ・・・

あまりにも一瞬の出来事に、正気に戻った私は、

あわてて、お気に入りのそのブレスレットを探しましたが、

手の中に残った一粒以外はすべて、湧玉池の中のようでした。


でも、不思議なことに、池の中には一つも見えないのです。

桜の模様が刻印されていたので、ピンク色に光るその水晶玉が、

透明な湧玉池で、見えないはずがありません。

でも、一粒も見えないのです・・・


代わりに、

コノハナサクヤヒメ様の美しいお顔がゆらゆらと水に映っていたのです。

えっ・・・・?

後ろを振り向いてみました。
誰もいません・・・

何が起こったんだろう・・・?


でも不思議と、いやな感じや残念な感じはせず
なぜかとてもうれしくなりました。


桜の水晶のブレスレットは、桜の化身のコノハナサクヤヒメ様のところに行ったのかしら?

でも、一粒だけ私に残してくれたのだわ。


コノハナサクヤ姫様と私の間に、秘密ができたようでとっても嬉しくなりました。



そして、昨日まで、元気が出なくてめそめそしていた私の気持ちは、なんだかとても軽くなりました。

コノハナサクヤ姫様、ありがとうございました。

桜の刻印の水晶のブレスレットは、湧玉池にお納めさせていただきました。

一粒残していただいたこの水晶の玉は大切にいたします。
 
これからも、どうそよろしくお願いいたします。


これは、本当にあった不思議なお話です。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて

そして心に花束を



泣きたいときは泣きなさい。でもね、私はいつも一緒なの、そう母は言いました。

桜が満開の今日・・・
近くの公園にお花見に行きました。

昨年の今日・・・
私は同じ公園に母と一緒にいました。

その母は今はもうこの世にはいません・・・

昨年の1月、突然余命2か月の末期癌の宣告・・・
桜が咲くころまでもつかどうかも・・・との医師の見解に、
「母が大好きな桜を見せてあげたい」と心からそう思いました。

そこで早くから車椅子を準備し、桜が咲くのを待ちました。
そして・・・
願いは天に届きました。

母は、桜の木の下で
「綺麗ね」と笑っていました。

「来年も一緒に来ようね、おかあさん。」


1年がたち・・・
今日、私は、同じ桜の木の下に立っていました。

桜の木の下に母のいない車椅子だけが見えました。

そのとたん・・・涙があふれ・・・後から後から涙があふれ・・・どうすることもできない自分がいました。

あれから1年がたち、同じ景色の中、桜は同じように咲いているのに、
母はもうこの世にはいないのです。

とても悲しくなりました。

母が心配するから泣くのをやめようと思いましたが
家に帰っても涙が止まりませんでした。


そこで・・・思い切って

今日は、桜のお花見巡りをすることにしました。
車椅子を押して母といった桜の名所を何か所かめぐりました。

そのうち・・・
なんだか母も一緒にいるような気持になりました。

桜の木の下で、母は笑っていました。

「さくら、綺麗ね。」

そう言って母は笑っていました。


お母さん、今日はたくさん泣いちゃった。

そんな日もあるよね。

泣いてもいいよね。

でもね、明日からは、また「笑顔でありがとう」の気持ちで生きていくからね。

「そうね、泣きたいときは泣きなさい。

でもね、私はいつも一緒なのよ!」

そんな母の声が聞こえてきました。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を




小桜姫からのメッセージ ~本当にあった不思議な話~

日は3月3日、桃の節句でしたね。

私は、「みこたび スペシャル」で、みなさんと、三浦半島にある「諸磯神明社」に行きました。

なぜ、スペシャルか?というと・・・

それは、小桜姫様が、いろいろな方を通してメッセージをくださり、、私を小桜姫神社におよびくださったからです。

昨年、私は、「美湖さん、小桜姫神社にいってくださいね!」と、

何人かの人に言われました。

「行かないと!」

そう思いながらも、今度ね・・・と置いてしまっていたのですが・・・・


はたして、2018年になったある日、Jさんからもお話をいただき、とうとう小桜姫神社に行くことにしました。

実際、小桜姫神社という神社はなく、

「諸磯神明社」の境内に「若宮社」という小さなお社があり、小桜姫様はそこにお祀りされています。


三崎口からバスに乗ること約20分。

まずは諸磯神明社本殿をお参りしました。

そして、いよいよ、若宮社へ・・・

本殿のとなりには、小さな社があり、そこには、綺麗なたくさんの花が飾られていました。
お花の他には、お化粧道具も!

女性のエネルギーがあふれんばかりの品のある綺麗なお社でした。

神社の社にお花がこんなに供えられていたのをみたのは、私は初めてでした。


その社の傍にたつと・・・鳥肌が立ちました。

そして、ふわっと暖かいなにかに包まれると同時、涙が止まらなくなりました。

その直後、人払いされたように、だれもいなくなった境内で、龍神祝詞をあげさせていただきました。

その間も、暖かい「愛」のエネルギーに包まれて、なみだ、なみだ・・・

祝詞が嗚咽になってしまうほどでした。


祝詞が終わると、白い龍が現れて、天に昇っていきました。

きっと、私たちの願いを天に届けにいってくださったのでしょう。

そう直感で感じました。

そして・・・

「よくぞ、皆様でおいでくださいました。お待ち申しておりました。今日は1日お供をいたしましょう」

小桜姫の声が聞こえてきました。

不思議な不思議な体験でした。


来て、よかった・・・小桜姫様とお会いできたうれしさがこみあげました。

今日は、絶対に、小桜姫様が、およびくださったスペシャルな日!


今年の初めブログに書きましたが、私の今年のキーワードは、

「真心」と「至誠」

「真心を込めて一つ一つ一生懸命に、本当の自分を生きる」 これが私の目標です。


小桜姫様からのメッセージも偶然にも「真心」でした。

「真心」を込めて熱心に祈れば、必ず祈りは天に届くそうです。


これからも「真心」を込めて一生懸命に・・・

共に歩いていきましょうね。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて

そして心に花束を
プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR