スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりじゃない

今日は、先週手術をしたラッキーの抜糸の日だった。
そして、また新たな異変がみつかり、、、
その「しこり」は癌の転移の可能性が大だとのお話が先生からあった。

今月の初めの癌告知であんなに泣いたのに、、、
もう、泣かない!ラッキーと毎日笑顔で!と思っていたのに、、、
また、涙がこぼれた。

涙がこぼれないように、「天」を見て泣いた。
受け入れても、受け入れても、やってくる試練。
感情を持つ人間の私は、やはり耐えられず、泣いた。
目の前に興った事実が、
嘘であってほしいと思った。


明日で、1月も終わる。

まだ年が明けて30日というのに、何といろいろな感情を味わったことか。。。

幕開けは、悲しみだった。
愛を感謝と尊敬の気持ちをもっていつもそばに居てくれた彼との辛い別れ。
家族の癌告知。
と続き、悲しみのどん底だった私。

でも、
バレエの先生との再会とレッスンの再開。
旅行の専門学校からのセミナー依頼。
ソウルメイトのご夫妻との不思議な出逢い。
自ら、企画添乗する「冠ツアー」が満席での催行。
私が撮った写真を集めた「祝福―宇宙からの贈り物」が好評で追加注文。
ツアーに参加してくださった方々からのたくさんのレターやメール。

などなど、嬉しいこともたくさんあった。
この、ひとつ一つに、関わってくださっている方々に心から感謝だ。


悲しみの中でも、宇宙(神様)は、こんなに、多くの祝福も与えてくれる。

ひとりじゃない。。。


そう、感じることができた1月だった。
時に人は、悲しみの中でたちどまってしまうこともある。
でも、、、季節は移り、時は過ぎていく。

もうすぐ、節分。
春が来て、夏がきて、秋になり、そしてまた冬がくる。
この1年、大自然の中に「生かされている」ことに感謝しながら、
自分らしく生きよう。
いつも「本来の自分」でいられるよう、、、どんな時も人生を楽しんでいこう。。。

ひとりじゃない。。。

私の「人生」というステージに登場してくださり、いろいろな形で私を支えてくださっているみなさんに、
心から感謝です。

ありがとう。


今日もしっかり自分をだきしめよう。

そして、、、
心に花束を。

スポンサーサイト

伊勢の神宮

今年で5回目、今日も満席の伊勢神宮添乗から帰宅。
今日も神様はたくさんの「祝福」をプレゼントしてくださいました。
伊勢の神宮の神々に、お導きいただき感謝です。

伊勢神宮参拝前、早朝参拝した二見浦では、夫婦岩の向こうに富士山が、、、
何度も訪れたこの地で、初めて見た景色だった。
振り返れば、西の空に大きなお月さまが、、、
大自然の中に生かされていることを感じ、感謝の気持ちでいっぱいになった。

伊勢の神宮を歩いていると、太古の昔に戻ったような不思議な気持ちになる。
2000年前のその時代に、今の自分がそのままそこに居る。
「時」を超え、その時代に迷い込んだ感覚になる。

今日も、内宮のご正宮の前で、風がふき、ふわっとご正宮の「みとばり」があがった瞬間、
その前にたたずむ自分がその景色の中に、すーと溶け込んでいく感覚がした。
伊勢の神宮は、何度訪れても、懐の深さを感じる聖地だ。
他の神社とはやっぱり違う、威厳と歴史、そして、とても大きな何かを感じる。

五十鈴川の岸辺にたたずみ、
時間を忘れ、ただただ、流れていく川の流れをずっと見ていた。

人生、どんな時も、

流れていく川のように、、、咲いては散る花のように、、、、
全てを受け入れる、強くしなやかな心をもって生きていく。

これが、私の今の「学び」だ。

私の人生、東京から離れたこのような聖地に何度も、何度も訪れることができるとは、、、数年前の私は考えたことがなかった。
でも、、、、神様は、必要な時に、必要な人を、必要な方法でお呼びになる。
私の「人生の計画書」の中に組み込まれている、私の「使命」の一つだ。
「この道を進めばよい」神殿の前で、神様と対話すると、今日もいつもの答えが聞こえた。

今日も、いろいろな感情を感じることができました。
大自然の中に生かされていることに感謝です。

だから、、、
今日も自分を抱きしめよう。
そして、、、
今日もこころに花束を。


魂の友

全ては必然、全ては最適。
これは、いつも、私が「こころ」していること。
出逢いも然り。

「真の友達」、それは時間や距離は無関係。
そんな「奇跡」の、、、でも「必然」の、、、そんな出逢いが2週間前にあった。

その時の私は、「別れ」の直後で、とても辛い「時」だった。
ぽっかりと空いた空間を優しく包みこむように、そのご夫婦は私の前に現れた。

「私はあなたに会うために、今日ここに来た意味がよくわかりました」
そう、その方は私に言った。
「私は、あなたを助けるためにいます。あなたに、メッセージを伝えるために。。。」
そうも、初めて会ったその方は、言った。

「なんで?」とは思わなかった。
直感で、この人とは、過去(過去世)にもなんども会ったことがある。
予定通り、「時」が整ってまた今世、出会えた。。。そう感じた。

奥さんは、「導き人」、御主人は「伝え人」で、とても素敵なカップルだ。

そのご夫妻と、今日、時間を忘れて語り合った。
「魂」の会話だった。

魂の友との会話に、余計な説明はいらない。
何を話しても、ジャッジ(善悪の裁き)をしないから、楽しい。
そこには、なんの制限もないから、おもいつくままに、感じるままに話をができる。

そんな「出逢い」は本当に興ることをまた一つ、身を持って体験した。
人生って楽しい。
まったく、予期しなかったことが、突然興る。


今回の「出逢い」は、神様からのサプライズギフトだった。
そんな感謝の1日だった。

辛いこともある、、、けれど、
今日も素敵な自分でいられたことに感謝です。

だから、今日も自分を抱きしめて。
そして、
心に花束を。

ありがとう

ひろちゃんへ
昨日はメッセージありがとう。

私も、あなたと、この地球(ほし)で、再び出逢えた「奇跡」に感謝しています。
自分が、この地球に来るときに決めてきた、「使命」を思い出し、
共に助け合いながら、人生を楽しんでいきましょう。

相手がその人らしくいられるよう、サポートしあうことができる関係

ひろちゃんとは、そんな関係を約束して、この地球(ほし)に来たと信じています。
いつもどんな時も、そばにいてくれてありがとう。

美湖


生かされていることに感謝

昨日からの伊勢神宮ツアーの添乗を終えて帰宅。
留守番をしてくれた、ラッキーのオムツを替え、薬をあげ、手術の傷口を消毒。
これが、今後の私の日課となる。
昨日、尿路変更手術を終えたが、今後は、癌治療と向き合わなければならない。
院長先生と話あって、抗癌剤は使用せず、副作用の少ない、インターフェロンと投薬で、
癌の進行を抑えながら、ラッキーが苦しまないよう、でも生活の質を高める、ということで、全力を尽くしてあげることに決めた。

手術してまだ日も浅いのに、、、ラッキーは、私が帰ると、嬉しそうに迎えに出てきてくれる。
「ラッキー、お留守番ありがとう。どこか痛いところはない?」

あと、何日、ラッキーと一緒の時を過ごせるのだろう。。。
生きているものには寿命がある。。。
だから、生きられる時間を、できる限り、一緒に楽しもうね。


昨日から、年があけ、すでに4回目の伊勢神宮ツアー。
今月は5回の伊勢神宮ツアー添乗が予定されている。

満席の今回のツアーは、伊勢神宮に初めて参拝される方がほとんどで、、私のご案内にとても興味をもってくださった、素晴らしいお客様ばかりだった。
今回も、伊勢の神宮の神々に導かれ、多くのお客様をご案内出来たことに心から感謝だ。

私がご案内するツアーに参加された方が、これを機に、「昨日とは違う何か」を感じ、
私たちは、大自然の中の生きているものと共存し、「生かされている」ことに気づき、
日々「おかげさま」の感謝の気持ちを大切にしてくださったら嬉しい。

今日も、生かされていることに感謝。

体を持っていると、いろいろな感情がある。
でも辛い、ことも乗り越えられた。

だから、、、
今日も自分をだきしめよう。

そして、
今日も心に花束を。

自分自身になれる場所

ずっと、いつかまた「踊りたい」と思っていた。
そして、今年から始めた「クラシックバレエ」

私とバレエの出会いは幼稚園の時。
ある日遊びに行った幼稚園のお教室で、バレエのレッスンをやっているのをはじめて見た。
「わー、すてき。わたしもおどりたい」
私はレッスンをやっている日には必ず見に行った。
そして、小学生になったある日、母にお願いした。

その日からバレエのレッスンの日が待ち遠しく、
踊っていると「妖精」になった気持ちがしたのをよく覚えている。

それから、、、何十年という年月が経ち、
今年の始め、近所の、同じ先生のお教室を訪ねた。

先生は、
「わー来てくれて本当に本当にありがとう。あなたは、突然天から降って来た神様からのプレゼントよ」
と、興奮して喜んでくれた。
不思議なもので、遠い昔の記憶が、ひとつずつ紐解かれるように蘇ってくる。
踊っていると、体も少しずつ思いだしてくる。

踊っていると楽しい。
また踊れることが嬉しい。
「あなた、とても表現力があるわー。心がこもっている」
先生がこんなに一生懸命レッスンをしてくださることに感謝だ。


自分を表現できる場所。
想いを乗せて踊れる時間。
悲しみ、喜び、愁い、戸惑い、恋、、、物語に入りこみ、いろいろな感情を感じる時。

こんな時間を持てること、
そして、私を受け入れてくださった先生に感謝です。



明日は、ラッキーが退院して家に帰ってきます。
うれしい、、、手術に耐えたラッキーに早く会いたい。

今日もいろいろな感情を静かに受け入れられました。

だから、今日も自分をだきしめて。。。
そして、
心に花束を。

泣きたいときはなきなさい

今日はラッキーの今年に入って2回目の手術の日だった。

愛犬ラッキーは、来月で12歳になるシェトランドシープドック。
私にとって、辛い時も楽しい時も、どんな時も共に人生を過ごしてきた、大切な大切な家族だ。そのラッキーに、昨年12月から排泄障害がみられ、検査をし、先週手術をしたところ、癌が見つかった。ショックだった。。。

今日は、癌治療ではなく、まずは日々の生活の確保をするため、体力があるうちにとの判断で「尿路変更手術」をした。今後一生オムツの生活にはなるけれど、手術は無事にすみ、日々の生活はこれでまず確保ができるようになった。癌治療とは、今後、向き合っていかないといけないけれど、手術がまた一つすみほっとした。

入院するために、今朝、家を出るときに、ラッキーと対話をした。
「ねえ、ラッキー、今からまた病院にいくんだけどね、ラッキーが毎日楽に生きられるためにね、またお腹をきるの。でも、大丈夫だよ。先生も最善を尽くしてくれるから、ラッキーも安心していてね。そして、元気にまたここに戻ってきてね」
ラッキーは、微動だにせず、私の目をジーと見ていた。
魂と魂の会話だった。

病院で、改めて、この何週間かの説明と、今日の手術、そして今後の治療について話を聞き、「今日は、泣かない」と思っていたのに、涙がとめどなく溢れた。

生きている者には、いつか必ず別れはくる。。。

そう、思っていても、正直、状況がなかなか受け入れられない自分がいた。
そんな時、10日前にであったばかりのご夫妻「ソウルメイトさん」からまたメッセージが届いた。

『美湖さん、悲しい時は泣きなさい。思いっきり、泣いていいんですよと』

はい、悲しいです。泣きたいです。
そのあと、仲良しの友達の家で、おいおいと声をあげて泣いた。

体を持っていると、感情を伴い、時に辛く悲しい時がある。
でも、体をもっているからこそ、自由に動くことができる。

ここのところの私は、間違いなく、天からのメッセージを受け、使命に動かされている。
体を持っている私が、実際に動かされているだけだ。
目に見えない、この世的には説明のつかない出来事を、自ら体験し、それが「真実」であること。
奇跡は誰にでも興ること。どうしたら、心から幸せと感じることができるのか。。。それを人々に伝えていくために今の私があること。

きょうも、辛い、悲しい、嬉しい、楽しい、、、
こんなにいろいろな感情を感じることが出来たことに感謝です。
大丈夫!不安は手放し「愛」に生きよう。

だから、今日も自分をだきしめて。
そして、こころに花束を。

使命に生きる

私にとって、大きな転機と感じる2013年。
今日も素晴らしい出来事があった。
年が明けて3週間、、、本当に日々いろいろなことが次々と興り、
いろいろな感情を味わっている。

辛い別れ、家族の癌告知という悲しみの中、ソウルメイトとの出逢い、自ら企画添乗するツアーが満席での催行、学校からのセミナー依頼、、、
悲しみ、苦しみ、戸惑い、驚き、喜び、感謝、、、この3週間、一度に多くの感情を味わい、なんだか100年くらい経った気がする(笑)

大勢の人のサポートがあり「今」のわたしがあることにまずは感謝。
そして、感じることは、今の私は、確かに「使命」にそって生きている、、、ということだ。

昨年は30回近く添乗した伊勢の神宮。
今年もすでに、3回訪れた伊勢神宮に立つたびに、祈ること。
ご正宮では、もちろん「国の弥栄と世界平和」だが、個人的なお願いをしていい場所では、
「いつも、どんな時も、私が私らしくいられること。そして、自分がこの世に来るときに決めてきた使命にそって生きられるようにと。どんなことも自分のエゴではなく、魂の導きのままに生きられるように」と、、、そう祈る。

そして、今日、「あなたにセミナーをやって欲しい」と依頼があった旅行の専門学校、トラベルアンドコンダクターカレッジから、私の講座をHPにアップしましたとの連絡をいただいた。このお話をいただいたのは、まだほんの10日前のことだ。
早速、学校のHPをみてみると、『聖地への旅』~幸せを呼ぶお参りの方法~と題し、写真入りで私のプロフィールやメッセージが書かれた素晴らしい紹介が出来上がっていた。
私をバックアップしてくださった皆様に感謝の気持ちでいっぱいだった。

私の話を聞いてくださる人たちが、更に幸せになれるよう、知識だけでなく、魂からのメッセージを届けるセミナーにしたい。


思いが実現することが加速している。。。
2013年は、いつも以上に、目に見えない何か大きな力に動かされているようだ。


体を持っていると、いろいろな感情が伴い、時に辛いこともある。
でも、体を持っているからこそ、使命に沿って動くことができる。

私は、ただ、その流れに乗って、自分がこの世に来るときに与えられた能力を十分に使い、
「真の幸せとはなんなのか」ということを自ら体験しながら、それを人々につたえていく。
その使命に生きることで、自分自身も更に幸せの階段を上っていくことができると感じている。

今日もいろいろな感情を、心静かに受け入れることができたことに感謝。

今日もたくさん自分をだきしめよう。
そして、、、
今日もこころに花束を。








神様のお導き

昨日は、私が企画添乗する「甲斐の国のパワースポット 夫婦木神社姫の宮と武田神社」ツアーの日だった。
昨年の12月、旅行会社で、初めて「冠ツアー」をだしていただき、昨日で2回目。
なんと、バスは45名参加のほぼ満席となった。

ツアー閑散期のこの時期では、日帰りツアーで満席など、ほぼありえないことで、
目に見えない大きな力が働いたのを感じた。

神様のお導きだった。

昨日は、通常の添乗とは少し違った感じをだしたくて、
私が日ごろ感じていることを書いた「メッセージ」をおひとりおひとりに配り、
道中は、「スピリチュアルライフセミナー」と題し、お話もして、
私らしさを出せる1日になるよういろいろ考えたスピリチュアル添乗だった。
「目に見えないものを信じ、今、生かされていることに感謝の気持ちを持って、人々が更に幸せになれるようにと願いをこめ、神社仏閣を案内する」スピリチュアル添乗員が、私の使命の一つだから。

昇仙峡にある、夫婦木神社姫の宮の宮司さん、前田さん、横山さんとの出逢いは本当に不思議だった。
昨年の1月、初めて夫婦木神社姫の宮を訪れてから、ちょうど1年がたった。
その時は、この神社に、私が企画し添乗する旅が出るだろうなどとは、夢にも思っていなかった。
昨年の10月宮司さんや、前田さん、横山さんとお会いし、お話してからというもの、過去世からの時を超え再び、
待っていた「ご縁」は繋がった。

いつも本当に暖かく迎えてくださる、宮司さんと前田さん、横山さんには、感謝の気持ちでいっぱいだ。
その方たちのご協力で、昨日のツアーも大盛況だった。

人生って不思議。
予期せぬことが突然興るように見える。。。
でもそれは、予め決められていたこと。
ただ、それが、時期が来て、現象となって現れただけだ。
縁のある人や物は必ず、繋がる。

それから、先日もうひとつ嬉しいことがあった。
大事にしていた時計。
朝は確かに腕にはめていたその時計が、家に帰ってみるとそこになかった。
・・・・どこでおとしたんだろう?
腕から落ちるはずがないのに。。。
とてもショックだった。

でもどこでおとしたか見当もつかず、あきらめかけていたある日、
ふと「もしかしたらここかも」
不意にそんな気がして、ダメ元でお店の人に聞いてみた。

すると、、、お店の人はにこにこし、「これですか?」と私の時計を持ってきてくれた。
えー・・・あったの・・・
私のところに戻ってきてくれてありがとう。

ただただ嬉しかった。

物にも人にもエネルギーがある。

縁のある人や物は、一度は離れても、必要ならば、必ず戻ってくる。
時間が経っても、必ず。。。
そんな気がした。

今日も、いろいろな感情を感じた一日だった。
辛い状況の中でも、感謝の気持ちを持てた。

だから、、、
今日も自分をだきしめよう。
そして、
今日も、こころに花束を。

宇宙からの贈り物

ふと気がつけば、年があけてすでに18日が経っていました。

年明け早々、いろいろなことが次々と興り、魂を揺さぶられました。
この短期間に、こころが折れそうになった出来事が何度かありました。
でも、こんなときでも、予期せぬ「良いこと」も興りました。
辛かったり、悲しかったり、びっくりしたり、嬉しかったり、、、
実にいろいろな感情を味わいながら、あっという間に時間が過ぎていきました。
晴れたり、曇ったり、雨が降ったり、雪が降ったり、、、変わり続ける天気のようでした。

でも、身をもって体験したことは、どんなに辛い状況にいても、
神様(宇宙)は光を与え続けてくれているということです。

先日、ある旅行の専門学校で、
「あなたに、学校で講座をもってお話してほしいと思っています」と。

えー?私に?
でも、前から、セミナーの講師をしたいなと思っていた私は、突然のお話にびっくりするやら嬉しいやら。
でも、この「えー?私に?」という「感覚」は状況を変え、私にはよく興ることなのです。

今から2年前、天岩戸神社の先にある天安河原で、ある方から私はある写真を受け取りました。「この写真をあなたにあげるから、いつも南を向けて飾っておきなさい、必ずあなたを守るから」と。その時は私の他に3人いましたが、「あなたに」とその方は私にその不思議な写真をくださいました。
えー?私に?・・・そうです。あなたにですと。

昨年は、夫婦木神社姫の宮で、「あなたの描いた絵をこの神社にお納めいただけないでしょうか」と宮司さんに言われ、えー?私の?・・・もしよろしければお願いしたいのですがと。

また、私が企画した旅が女性セブンに写真入りで掲載されたり、、、

こんなこともありました。
ラスベガスに行った時、ホテルモンテカルロでやっていたランスバートンのマジックショウでのこと。
舞台に上がりマジックにかけられる人を、マジシャンが観客席に降りていて、だれにしようかと選んでいたとき、彼はピタッと私の前で足を止め、
「YOU!」と私の手をひっぱり、私を舞台にあげたのです。各国から大勢の人が集まるラスベガスの人気ショウの大舞台にです。
えー?私が?・・・

そして、明日私が企画添乗する「甲斐の国パワースポット夫婦木神社姫の宮と武田神社ツアー」が満席になりましたと会社から連絡がありました。この閑散期に、今の会社では日帰りツアーが満席になることはほぼありません。
えー?私が企画添乗するツアーが?・・・

これは宇宙(神様)からのギフトです。
どんなに辛い時でも、宇宙(神様)は光を与え応援し続けてくれていること。
そして、私の使命が、「人々に本当の幸せとはなんなのか?をお伝えすること」という確認です。

『目に見えないものを信じ、生かされていることに感謝しながら、全ての人が更に幸せになれるようにと神社や仏閣にご案内する』スピリチュアル添乗員として、明日も参加してくださる皆様をご案内したいと思っています。

今日も生かされていることに感謝です。
今日もいろいろな感情の中、強くしなやかなこころでいられました。

だから、、、
今日も自分をだきしめて、、、
そして心に花束を。


祈り

祈りとは、、、神様に願いを聞いてもらうこと?
神様、助けてください。。。とお願いすること?
どちらも違います。

祈りとは、「想い」ですと、今日もソウルメイトがメッセージをくれた。

さらに、願いとは、想うこと
叶うとは、その想いを届かせることができたということだと。。。

ソウルメイトさん、「祈り」のパワーを思い出させてくれてありがとうございます。
感謝の気持ちが溢れた。


想いは山をも動かす。。。
無になって、なりたい姿や、そうなってほしい状況を鮮明に心に映し出し、
そして、神様にただただ、どんな結果でも、最適、最善の状況であることを受け入れるとお伝えすること。
エゴはすて、全てを神様に委ねお話すること、、、それが祈り。

そう感じた。
癌の宣告を受けたラッキーの癌細胞がひとつ、ひとつ消えていくイメージと、たとえどのような結果でも、それは、意味があり、最高であると受け入れられうよう、今日も「祈り」続けよう。

今日も一日が終わります。

今日も自分をだきしめて、、、
そして、心に花束を。

全てが必然、全てが最適

人生に興ることは「全てが必然」「全てが最適」
そう頭ではわかっていても、心がついていけないこともある。

「魂」はそこに何も理由をつけたりしない。
意味など何も持たない。
興ることをただ受け止めていく。 

でも、この世で、体をもらって、感情を持って生きていると、
時として生きずらい「時」もある。

目の前に興る事象を、
いつも、どんな時でも、、、
「どこまでもながれていく川のように、咲いては散る花のように、、、」
ただただ心穏やかに、そして静かに見つめ、感じていけたら。

そんな自分でいつもいたい、、、そう心から思う。


ショトランドシープドックのラッキーが、昨日入院し手術をした。
そして、、、今日、病院で説明があり、癌の宣告を受けた。

ラッキーは私にとって12年間、楽しい時も、辛い時もいつも一緒にいてくれた友達。
そして家族の一員。
私が悲しい時は、ぴったりと寄り添い、黒い大きな瞳で見つめ、涙をなめてくれた。
嬉しい時は、私の前に座り、一緒になって話を聞いてくれた。

生きているものは、いつか別れは来る。
残りの人生、少しでも多くの時間を共に生きよう。
ラッキー、、、癌なんて跳ね飛ばして一緒の時間をたくさん過ごそうね。
必ず良くなるからね。
そう、言って病院を後にした。


でも、、、こんなときも、ひとりじゃない。
ソウルメイトは私にメッセージを送り続けてくれた。
「基本はね、あい ですよ。大丈夫!笑顔でね」と。

心配していた友達も電話をくれた。
「大丈夫だよ。いつでも電話して!」

何と言っていいのかわからなかった。
自分が知っていることば以上の気持ち、、、
「ありがとう」を超えた気持ちでいっぱいになった。

2013年のスタートは、試練の連続。
そんな学びの年なのかもしれない。

興ることは全て必然、最適なはず。
どんな時もそこには必ず「魂の学び」がある。

今日もいろいろな感情と向き合いました。

だから、、、
今日も自分をだきしめて、、、
そして、こころに花束を




素晴らしい出逢いに感謝

大雪の昨日から一転、今日は朝から良いお天気の一日でした。

昨日まで、手放したくなくて、、、どうしても手放せなくて、、、ずっと抱えていたある想い。
昨日の大雪が過去の自分を全て消して真っ白にしてくれました。

全てを手放した今、「何を感じる?」自分に問いかけてみました。
浮かんだ答えは、、、「自由」
何物にもとらわれない「自由なわたし」

今年は、フリーになって、宇宙規模で「好きな時に」「好きな人と」「好きな場所で」「好きなことをする」時のようです。

一人になることがとても怖かった。
でも、一人ではない。どんな時も必要な時に必要な助けはやってくる。

一昨日、仕事先でそんなことを感じさせてくれた不思議な「ごえん」を感じるご夫婦との「出逢い」がありました。
初めてお会いしたその方は、私に、、、
「わたしはね、今日、あなたに会うためにここに来た意味がやっとわかりました。能力を授かって生きるあなたの苦しみが痛いほどわかりますし、感じますよ」と。
それから、これも伝えてと言っていますよ。「苦しみを乗り越えてくれて、素晴らしいあなたでいてくれて本当に本当にありがとう」と、そうその方は私に伝えてくれました。

涙が出ました。

その方は更に「わたしはね、あなたにメッセージを伝えるお役目があるようです。」と。
普通に考えたらとても不思議なことなのかもしれないけれど、私にはこの方との出逢いは必然で、予め計画されていたことのように感じました。

その方を通じての「宇宙からのメッセージ」
私をサポートしてくれている目に見えない存在からのメッセージでした。

ひとりじゃない。みんな繋がっている。

感謝です。

人生って不思議。
何が起こるかわからない。
だから楽しい!
そう思えるようになった自分がとても愛おしい。。。

今日も自分を抱きしめよう。
そして、、、
今日もこころに花束を。




新しい人生のスタート

今日の東京は大雪。

昨年からずっと始めたいと思っていたブログ第一号。

2013年は「新たな気持ちで」とブログ設定をしたものの、いつから始めよう、、、と、なんとなく日が経ってしまいました。

でも、「大雪の今日」深々と降る雪を眺めながら「今日だ!」と感じました。
今まで、自分の中でずっと手放せずにいた「ある思い」、、、
「雪の精霊」がGoサインを出してくれました。

「自分日記」の始まり、、、
今日から、新しい日記の1ページを開くことにしました。

「今日から生まれ変わって、この雪のように真っ白な気持ちで、まっすぐに歩いて行きなさい。その道は必ず、魂が幸せと感じる道に通じているから」

真の幸せとは何なのか?
この世的なことは永遠ではない。
楽しいと感じる時も、悲しいと感じる時も、どんな時でも、ただただ、流れていく川のように、、、咲いては散る花のように、、、興っていることをすべてが最適と思える自分になれるよう、、、

今日も自分を抱きしめよう。

そして、、、今日も心に花束を。
プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。