導かれて感じた不思議な時のお話

京都に行くとこの時期は、いつも王道の嵯峨野、大原、詩仙堂や永観堂、清水寺を歩くことが多いのですが、
今回は、人ごみをを離れてひとり、宇治と大津を歩いてきました。
源氏物語の世界を感じてみたかったから・・・

前日、「宇治に行ってみようとおもうんだよね」と、友人に話すと、
「うーん、いいねー。美湖がその地で何を感じてくるかたのしみだなあー。」
と、お姫様好きな私を知っているその友人は、
まるで、私が平安時代に行くかのように笑ってそういいました。

平等院→宇治神社→宇治上神社→源氏物語ミュージアム→宇治橋
この道はお勧めです。
長岡京に都が遷都された780年から400年以上続いた平安時代。
もしタイムマシーンがあるなら絶対平安時代にいってみたい・・・
1200年の時を超え、優雅で艶やかな平安時代に想いを馳せながら古都をひとり歩きました。
そういえば、大学の卒業論文も「源氏物語の女性像」だったし、
前世で、平安時代で過ごしていた時代が、きっとあったのでしょうね、わたし・・・

宇治を後にし、つぎは・・・
ここも行きたかった「近江神宮」

始めていく近江神宮の森はとても静かで癒されて、
雨上がりの太陽の光に、色づいたもみじが更に美しく、
時を忘れてしまうほどでした。

近江神宮は初めてなのに、「知っている」という、
時々感じる、あのとても懐かしい気がしました。
調べて行ったわけではないのに、
森の外からは見えない鳥居や境内がわかっていて、
目に見えない気を感じ、気がつくと本殿の前に立っていました。
帰りに、長い階段が降り、この階段を上った?と、とても不思議な気がしました。
森のある場所からだけちょっとだけ眺めることができる琵琶湖の位置も
松尾芭蕉の句のある場所もなぜだか知っていました。

やっぱり・・・ご縁がある場所、あった場所(過去世)には自然と導かれるような気がします。

こんな時間は必要と改めて思えた気持ちのよい「ひととき」でした。
みなさんも、人生の中にぜひ、こんな「時」をとりいれて、楽しんでくださいね。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を
スポンサーサイト

とっても大事なメッセージ「自分自身をとりもどすには」 長いけど、ぜひぜひ読んでみてください。

頭で考えて動くことと魂で感じて動くことの違い・・・

なんとなくわかるような気がするけど・・・
いつも、魂を優先しているように思っているんだけど・・・
でも・・・これってどういうこと?
アニータさんの「喜びから生きる」の本の中に、」 腑に落ちる答えを見つけたので、シェアしますね。

『思考は「すること」を重視し、
魂は「存在すること」を重視する。

知性は、この人生を生きていくための道具に過ぎません。
それは食べ物をかい、家賃を払うためのお金をどうやって稼ぐかを考えます。
でも・・・
魂は、自分自身を表現することだけを望んでいます。
だから直感で、一瞬一瞬自分がしたいことを選びます。

私たちは日々の生活におわれ、忙しくなりすぎると、
自分が宇宙エネルギーと繋がっていることを忘れてしまうことがあります。
先日友人が、最近凄く忙しくて…神社にいったんだけど、完全に神性が失われてしまったように感じると言っていました。
そんな時は、
親や上司や教師等外側の力に自らの力を委ねてしまい、
自分の内なる声を聞くことができなくなっているので、とてもとても苦しいと思います。


感情は「魂」の入口なので、自分の感情がそこでブロックされてしまうと、
自分自身の素晴らしさに気づけなくなってしまうようです。
そして、そのまま、状況に縛られ、思考だけで生きていると、
無限の自己との繋がりを失い、どうして良いのかわからなくなり心と体のバランスを失います。

「存在すること」は、魂で生きることで、ありのままの自分でいること。
それは何もしないことではなく、自分の声を聞き、魂を優先し行動することで、
我慢することでも、無理をすることでもなく、今、あなたが本当にしたいことをすることです。

「行動すること」は、未来ばかりをみていて、「今」の感情を抑えてしまいます。
何かを達成するために、思考に支配されています。
だから、頑張り続けて、心も体も限界がきて病んでいきます。

そうならないように・・・

自分の行いが「存在すること」なのか「行動すること」なのかを知るには?
それは、もうあなたの感情に素直になることです。
遅すぎることはありません・・・

私たちは、自分自身の素晴らしい魂と繋がり、自分の力を取り戻した時、
目の前に奇跡が興り始め人生はまたうまく進み始めます。

たいせつなのは、いつも、、
本当の自分でいることだけ。
自分の中には素晴らしい宇宙エネルギーである光が存在し、それが本当の自分なのだと理解するだけです。

一緒にしあわせになりましょう。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

欲しいモノを本当に手に入れるには?

もしあなたが本当に手に入れたいものがあるなら・・・

一度宇宙にオーダーしたら、そこから離れることです。
追い求めることをやめ、ただありのまま今を受け入れる。

何かを追いかける行為は、恐れから生じているといいます。
自分が本当に望むモノを持っていないという恐れ・・・

人生で実現したい強い願望がある時、それを必死で追い求めようとするのは、
宇宙のエネルギーに逆らうだけのようです。
本当にもともとすでにそこにある物を手に入れるのに、特別な努力をする必要はありません。

ありのままを受け入れるとは、
①まずはあなたがどんなに素晴らしい存在か…自分を信じ
②いつも本当の自分に忠実でいること。

望みが現実のものとして現れるかどうかは、
どのくらい早くあなたがが不安を手放し、信頼し、安らげるかによるようです。
だから、一瞬一瞬ワクワクすることをして、自分を愛して生きましょう。
あるがままのじぶんでいきましょう。
そして欲しいモノを手に入れていきましょう。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

人生、辛く悲しい時もある。ではそんな時はどうしたら?

昨日、伊勢の神宮で、五十鈴川の流れを見て思いました。
生きていると、魂は色々な体験をしていきますが、
どんな時も、
ただただ流れていく五十鈴川の流れのように、咲いては散る花のように、移り変わる季節のように・・・
目の前に起こっている事象をあるがままに受け入れられる、
そんな強くしなやかな心をもって、
好きな時に、好きな人と、好きな所で、好きなことをする人生を送ってゆきたい。

でも、楽しい事ばかりではなく、辛く悲しい時もありますよね。
そんな時は、そのままのあなたを素直に感じ認めて許してあげましょう。

「臨死体験が教えてくれたこと」で、アニータさんも、こう言っています。

『もし、あなたが、最悪な1日を過ごしたとしても、
それ自体は重要ではありません。
大切なのは、その時、自分がどのように感じたかです。
どんな時も、自分を信じ、
不安、悲しみ、恐れ、苦しみと言う感情が過ぎ去るまで
抑圧せずにそのままのじぶんを感じていましょう。
それは、本当の自分に正直でいることを許していることです。
そうすれば、その感情はやがては消えていき、だんだん現れないようになります。』

私が、腑に落ちたのは、
①ネガティブな感情がわきあがってきたら、それを批判せずに受け入れる。
②ただただ自分の中に流れているのをゆるしていれば、思考や感情はやがては通り過ぎていく。
【その結果正しい道が自然と目の前に開かれ、真の自分でいられるようになる】

大切なのは、自分を許し、信じ、愛し、本当の自分を生きることです。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

大切なことは心が自由で平安であることです。

久しぶりの本格的な雨の中、昨日伊勢の神宮をお参りしました。
観光は晴れの方がよいけれど、お参りは雨もまた良し・・・
全てを洗い流してくれる浄化の雨を感じながら、ただただ黙って参道を歩きました。
何度訪れても・・・
伊勢の神宮は、言葉では言えない何かを同じように感じさせてくれ、私の魂を癒してくれます。

そして、お休みの今日、
体調があまりよくなくてベットからなかなか出られませんでした。
休みの日はそれはそれで、やらなくてはいけないこともたくさんあるのですが、
朝起きて思ったこと・・・
それは、時間に追われることなく、何かをしなくてはいけないと思うこともなく、
自由な1日にしよう!でした。

昨日参道を歩いていて、ふっと降りてきた感覚、
それは「魂が喜ぶことをする」でした。
だから、やらなくてはいけないことは横にちょっと置いておいて、
思いきって、日々時間に追われている自分を今日は解放し、
その時に感じる好きなことをやる1日にしました。

午前中、友人と電話でおしゃべりし、
宇治の話で盛り上がり、インスピレーションがわいてきて、
久しぶり源氏物語を調べました。

アニータさんの「喜びから人生を生きる」を読んで、
凄く腑に落ちたことがありました。
これはまた、後でシェアします。

心が自由で平安だと、今、あなたに必要な大切なことを感じることができます。
普段は心のフィルターに引っかからない事柄を
(実はそれがとても大事なことだった利することがおおいのですが)
しっかりとキャッチすることができます。

だから、心に余裕をもって、自分を感じ、
自分自身に正直に生きることがとても大切だと思います。
たとえ、毎日、明るく、ポジティブでいたとしても、
本当の自分ではない自分を演じていたら、
いつまでたっても本当の幸せはやってこないように感じます。

だから、やっぱり
好きな人と、好きな時に、好きな所で、好きなことをする人生を
私は生きたいと思います。

一緒に幸せになりましょう。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

辛い時も、悲しい時もある。でも、あなたの真の魂が輝き始めた時に奇跡は興ります。

おやすみの日の日課は、マナちゃんとルナちゃんと、大好きな森にお散歩に行くことです。
マナとルナが、落ち葉を敷き詰めた森の中を円を描くように走り回っていると、
ラッキーちゃんも天国から降りてきます。
3匹が走り回っている姿は、不思議と時々スローモーションに見え、
その時、ラッキ―ちゃんだけが円の外に出て私の所にやってきます。
懐かしくて・・・涙が出ます。

「いつも傍に居てくれているんだよね。
ありがとう・・・」そう言って、また天に返してあげます。
2年前の癌告知の日から亡くなるまで、この森に来ては、ラッキーとたくさん時間を過ごしました。
歩けなくなったラッキーを自転車の前かごに乗せて、この森に来て、たくさんたくさんお話しました。

楽しい時も、辛い時も、いつも一緒に分かち合ったラッキーが、
この世からいなくなってしまった時は、
毎日が悲しくてたまらなかったけれど、
今では、目に見えなくても一緒の感覚がとても強くなりました。
そして、ラッキーが私のために遣わした、マナとルナのことも守ってくれています。
ちゃんと、「ここにいるよ」そう伝えに来てくれます。

森からの散歩の後、またアニータさんの「臨死体験が教えてくれたこと」を読みました。
『私の病気が治ったのは、心の状態や信念が変わったことよりも・・・
自分の真の魂が輝き始めたおかげだとはっきりと言いたいと思います。』

アニータさんは何度も何度も言っています。
「全ての人が、自分自身でいさえすれば、全てがよい方向へと動き出すのです。」

あなたはあなたのままでいい・・・
あなたも、あなたの人生をあなたのために生きましょう。
そして一緒に幸せになりましょう。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

不思議な体験・・・阿弥陀如来が伝えに来たことは?

好きな人と、好きな時に、好きな所で、好きな事をする人生を楽しむため
昨日は、心友の皆さまとお気に入りの場所に行きました。

天照大御神ご祭神 久本神社をお参りし、
真樹庵で瞑想の時をもち、星のチャペルで祈りをささげ、星のサロンの個室で、お茶をいただきました。
そこは私の癒しの場所。
家からは決して近くないけれど、時々、訪れる大好きな空間。

真樹庵で瞑想中、不思議なビジョンが浮かびました。
『阿弥陀如来』
音ではなく、でも確かに感じた何か・・・それを私の魂は「阿弥陀如来」ととらえていました。
そして、昨晩、夢の中で?また同じ感覚を感じ、「阿弥陀如来」が浮かびました。
無明の現世をあまねく照らす光の仏にして、空間と時間の制約を受けない仏といわれている阿弥陀如来。
瞑想時に感じた感覚と、夢?で感じた感覚は同じだったのですが、
阿弥陀如来様が、何を私に伝えようとしていたのかは、残念ながら分かりませんでした。
ただ、黙ってそこに立っておられました。
その答えは近いうちに分かるような気がします。
「時間と空間を超える」
そこがキーのような・気がします。

久々に感じた仏様でした。

一緒に幸せになりましょう。
ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

「常若」の気持ちを大切に「じぶん遷宮」をしていきましょう。

鳥居をくぐり、まっすぐに続く参道を歩いていくと、宿衛屋があり、
そのうしろにある緩やかな階段を降りていくと、清らかな川の流れる御手洗場にでます。
そこで禊ぎをし、心を鎮め、更に参道を進んで行くと、森が開け、
そこに、ひっそりとお社が建っています。

今月7日に遷宮されたばかりの瀧原宮、瀧原竝宮を参拝しました。
天照大御神の御魂をおまつりしています。
静けさの中に神々しく輝く、遷宮されたばかりの両宮の前に佇むと、
その美しさに思わず時を忘れてしまうほどでした。
遷宮され、輝きを増したお宮を参拝し「常若」と言うことばを思い出しました。

私たちは、生まれた時に「光の器」を持っているというお話を以前にブログでもしましたが、
その器が、永遠に輝き続けるよう、
器が曇って輝いを失ってしまわないように、
「常若」の気持ちを持ちつづけ、
時折「じぶん遷宮」をしていったらいいんだなあ・・・
そんなことを考えながら、静寂の中の参拝に
今、生かされている事の感謝の気持が溢れました。

神社でのお参り・・・それは、守られ、生かされている事の感謝の気持ちをお伝えし、
胸の前で手を合わせ、心の軸をセンターに戻す時

そんな「時」をこれからも大切にしてゆきたいと感じました。

一緒に幸せになりましょう。
ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

「どんな時も最大限に自分らしくいること」が私の人生の目的です。

今日も秋晴れのよい天気。
朝起きて、生かされている事に、そして守られている事に感謝をし、
マナちゃん、ルナちゃんと、ドングリがたくさん落ちている森にお散歩に行きました。

昨年は・・・毎日がとても悲しくて、
自分の内を見るのが嫌で、外の世界ばかり見ていました。

仕事をたくさんして、
日常を離れたくて、海外にもたくさん行き、知らない間にどんどん時間がたって、
春が来て、夏も過ぎ、秋もあっという間に過ぎ、気がつくと冬になっていました。

今年は・・・自分と向き合い、季節をきちんと感じた年でした。
そして今、身近に秋をたくさん感じています。
今年は、奇麗な紅葉の景色をたくさん感じることができました。

今興っている事・・・それは自分の内面の現れ。
今までは、外の世界ばかりをみて居たけれど、
自分の外にある物は幻にすぎないことが分かりました。
これからは、自分バージョンの人生を創り、
自分の人生を自分で生きようと思います。

好きな時に、好きな人と、好きな所で、好きなことをする人生を
生きようと思います。

私の人生の目的は
『どんな時も最大限に自分らしくいつづけることです』
だから、自分を信じ、自分を愛し、愛の存在でいたいとそう心から思います。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

【あなたはただ あなたでいれば、それでいい】

秋の軽井沢を歩きました。

私のお気に入りのエリアは中軽井沢。
駅から離れ、人ごみ離れたその静かな林には、
黄色や赤のもみじの葉が落ち、奇麗な絨毯が敷かれたようでした。
その絨毯をまっすぐに歩いて行くと、
ブレストンホテルがあり、
ホテルの横には軽井沢高原教会があります。
そこで、素敵なことばにであいました。

【あなたはただ あなたでいれば、それでいい】

『あなたの価値は、あなた自身、
あなたが産声を上げたあのときから変わらずに
ずっと輝き続けています。
だから素直に
自分の強さも、弱さも
受け入れてみてください。
ありのままでいられるところに
本当の幸せがあるのです。』

読んでいて、魂に響きました。
ちょっと涙が出ました。

あなたもありのままのあなたでいられますように

一あなたはすでに素晴らしい愛の存在だから、
あなたはただ、あなたのままでいれば、それでよいのです。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

断捨離 -軽くなってシンプルに生きるー

久しぶりの3日間のMY連休は、どこにも行かず、「断捨離」をしようと決めました。
今日はその2日目・・・
朝起きたら、すごく気持ちのよい秋晴れだったので、家に居るのをちょっと迷いましたが・・・・
いやいや、このおやすみの間に、心も空間もすっきりさせようと思いなおし、
好きな音楽をかけながら、、今日も「断捨離」を楽しみました。

ところで「断捨離」って、どこから来た言葉なんだろう?
ふと休み時間(笑)に調べてみると、もともとは、ヨガの行法、
「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」からきていて、
断=入ってくる要らない物を断ち、 捨=家にずっとある要らない物を捨て、 離=物への執着から離れるとありました。
断捨離は、捨てるのが「もったいない」の観念(固定観念、思い込み)にとりつかれて凝り固まってしまった心を、ヨガの行法を応用して解きほぐし、知らずに自分自身で作り出してしまっている重荷からの開放を図り、快適な生活・人生をとりもどすための方法であるとのこと。
これは、モノだけでなく、不必要な人間関係もあてはまるらしいです。

はあ・・・なーるほど。
「断捨離」して、人生に不要なモノはどんどん手放し、軽くなってシンプルに生きるよいチャンス!
いらないものをため込んでいると、本当に必要なモノが入ってくるスペースができません。
今日は、そのスペースもイメージしながら、躊躇せずにじゃんじゃん捨てました。

生きていると、本当に知らず知らすのうちに、手放せずに、ため込んで、
気がついたら、それが固まって重荷になってしまっているモノ・・・
そんなモノってありませんか?

手放しましょう、いらないモノは。
本当に必要なモノを呼び込むには、そのスペースが必要です。
断捨離・・・悪くない!
本当に必要なモノ・・・たくさんはいらないのだと思います。
今日で断捨離2日目、なんだか心がどんどん軽くなってゆくのを感じます。

一緒にしあわせになりましょう。
ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

今後の添乗予定です。ー好きなことをして楽しい人生を!-

【五斗美湖添乗予定】
★予定は変更になることもあります。

【トラベルアンドコンダクターカレッジ 主催】
伊勢神宮正式参拝ツアー(12月6日、7日、ホテル泊)

【四季の旅 主催 11月12月】
伊勢神宮(夜行日帰り)
夫婦木神社姫の宮(年内最後)
箱根九頭龍神社月次祭
戸隠五社
秩父三社
富士山パワースポット
イルミネーション
富岡製糸場
軽井沢

ご希望のところがありましたら、一緒に旅をしましょうね。
「好きな人と、好きな時に、好きな所で、好きなことをする」

そんな時間を
あなたの人生の中で増やしていきましょう!

ひとりじゃないよ・・・

いつも自分をだきしめて
そして心に花束を

伊勢神宮 正式御垣内参拝ツアー

皆さんは、なりたいじぶんになれていますか?
好きな人と、好きな時に、好きな所で、好きなことをする
人生を楽しんでいますか?

今年も残り2カ月をきりましたね。
今年も無事に過ごせた感謝の気持ちをこめて、
12月には、伊勢の神宮、御垣内でお礼参りをしませんか?

伊勢の神宮を100回以上添乗した
私、五斗美湖がご案内いたします。

昨年は、20年に一度、神様に新しいお社に遷りいただいた式年遷宮の年でした。
遷宮の翌年のおかげ年の今年、別宮が次々と遷宮されています。
内宮の荒祭宮、外宮の多賀宮は昨年でしたが、
内宮の別宮月読宮は、先月遷宮されました。
その神々しさはやはり見事です。
新たなエネルギーを感じました。

12月6日7日には、
両神宮の正式御垣内参拝と、
内宮の遥の宮と言われている天照大御神ご祭神、
遷宮直後の「伊雑宮」参拝、
物ごとの最初に現れて、全て良き方向にお導き下さる
猿田彦大神ご祭神「猿田彦神社」での正式のご参拝をいたします。

五斗美湖がご案内する「伊勢の神宮の正式参拝ツアー」
12月6日(土)と7日(日)1泊2日ホテル泊
トラベルアンドコンダクターカレッジにて受付中です。
TEL:03 6276 8561
★夕食後、美湖セミナーも予定しています。

皆さんで楽しく、一緒に、伊勢の神宮で年内のお礼参りをしませんか?
いつもお守りいただいている感謝の気持ちをお伝えし、
また新たなる御力をいただいて、来年もよい年にいたしましょう。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

自分の未来を変えることができる時

「自分のエネルギーを変えれば現実世界も変えることができる」
実は固定した現実などなく、私たちの意識一つでなんでも変えられるとのこと・・・
最近読んだ本にこう書いてありました。
人は各自のエネルギーレベルにより、それぞれが自分自身のために創り上げる世界が決まるそうです。
うーん、深い・・・(笑)

「自分のエネルギーを高めていく」
これが大切のようで、
その瞬間こそが、「自分の未来を変えることができる時」のようです。

じゃあ、エネルギーを高く保つにはどうしたらいいの?

それは・・・あらゆる瞬間を楽しみ、今を生きること!
それぞれの瞬間が次の瞬間を高めるようにする。
そうすれば、未来も高まるとのことでした。
バシャールも言っていました。
一瞬一瞬、ワクワクをフォローしていくこと。
それが、未来を変えることができる秘訣です。

外の世界は自分の内面の世界の反映ならば、
まず、自分の波動をあげることで、
目の前に興ることは変わる。
だから、私たち一人ひとりがすでに持っているパワーに気づき
それを信じてみませんか。
あなたの意識が少し変わるだけで外の世界が変わります。

あなたはあなたでいるだけでいいのです。
それが、周りの人を幸せにするのです。

一緒に幸せになりましょう。
ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

光の器 輝きを取り戻す方法

今日は美湖セミナーがありました。
FBにも書きましたが、今日もユニークな皆さまが集まってくださり、その場の「波動」も
さまざまで面白かったです。
人は皆繋がっている・・・意味ある「出逢い」の大切さを
改めて感じた「時間」でした。

今日は、「好きな時に、好きな人と、好きな所で、好きなことをして、人生を楽しもう!」
をテーマに、私の「添乗道」や「人生のリセット」や「出逢い」の大切さをお話しました。
体験談も、伊勢の神宮のお話も、皆さん一生懸命聴いてくださって感謝でした。

前にブログには書いた「光のボウル」の話、今日は皆さんにお伝えしました。
私たちは、みな生まれた時に光の器を持って生まれてくる。
でも、生きていくにつれ、その器にたくさんのモノをため込んで、
その器は光を失ってしまう。それに気づいた時、あなたならどうしますか?と言うお話です。

それは、ズバリ「器をひっくり返し、一旦空っぽにする」
そうです。全部を手放して、1から本当に大切なモノだけをまた入れていけばよいのです。
今までため込んだものは、愛着もあるし、また必要になるかもしれないし、
全部をひっくり返すのは勇気がいりますね。
でも、必要ないのに持っているモノを手放してこそ、本当に必要なモノははいってくるのかもしれません。

これは、今の自分にも当てはまる事だったので、今日皆さんにお話しましたが、
後の感想文に「今の僕にぴったりの話でした」と書いてくださった方や
「今の私は、光の器をひっくり返ス時かもしれないと気が付きました」とか、
「僕の光の器のひっくり返し方がわかりました」と書いてくれた方もいて、
お話してよかったと思いました。

私たちは、知らない間に、色々なモノをため込んで、
本当に大切なモノが見えないことがあります。
本当に必要なモノはそう多くはありません。
自分の魂はその「答え」を知っています。

皆さんも一旦「光の器」をひっくり返してみてはいかがでしょうか?
今がその「時」かもしれません。
その器は光を取り戻し、あなたに本当に必要なモノを見せてくれるでしょう。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

私の人生の目的は「最大限に自分らしくいる」ことです。

あなたはあなたのままでよい
あなたはあなたのままがよい

ありのままのあなたを見せられる相手
ありのままの自分を見せてくれる相手
あなたの周りにはたくさんいますか?

これからは「どんな時も、最大限に、魂が望むじぶんでいよう」
私はそう決めました。

今まで、ずっと、人生の目的をあーしよう、こーしようと、外に向けていました。
でも、自分の外に求めるモノなど実は何もなく、
ただ存在としての自分の素晴らしさを
自分の内に見ることの大切さに気が付きました。

あなたはとっても素晴らしい大切な存在です。

先日読んだ本の中にも、
「自分の中に何かを発見し、その美を表現する
そうすれば、世界がそれを楽しみ
その喜びを返してくれる」
とありました。

だから、ただただ、あなたはあなた自身でいればよいのです。

あなたの過去や今が、たとえ、辛い、苦しいものであっても、
どんな自分も抱きしめて愛することにより、
人生は変わることを信じてみてください。

あなたがあなたでいればいるほど、
どんどん、宇宙と繋がり、
あなたは幸せな気持ちになると信じてみてください。

キーワードは、あなたが、「本当のあなた」でいることです。
これからは、「好きな人と、好きな所で、好きなことをする人生」を送りましょう。

あなたは、だれと、どこで、何をする人生を選んでゆきますか?

一緒に幸せになりましょう。
ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

不思議なお導き ー今 あるのはご先祖様のおかげです。ー

今日は不思議なことがたくさんありました。

ここのところずっと眠りが浅いのですが、今朝ほど夢を見ました。
私のご先祖様?らしき方々が、何人も縦(奥)に並んでいて、
にこにこ笑っているのです。
誰だかはわからないのですが、ご先祖様のような感覚がしました。

実は、先日、ある方に、「ご先祖様があなたに会いたがっていますよ」と言われ、
それが気になっていたのですが、
実際、ご先祖様のどなた様なのか、一体どうすればいいのかわからずにいたので、
夢に会いにきてくださったのかな・・・それにしても、一人ではなく大勢の気配だったなと。

そして、今日は・・・
小さい時にとっても可愛がってくれた叔母の一周忌法事がありました。
東京から車で3時間の距離なので、
早めに失礼しようと思っていると、親戚の叔父が私に声をかけてきたのです。

「本家のお墓を新しくしたんだよ。
東京からまた来るのは大変だから、ちょっと足を延ばしてお参りしていきませんか?」

そこは、更に30分ほど車を走らせたところにありましたが、
私は迷わずお参りさせていただくことにしました。
今朝方の夢と、ご先祖様が会いたがっている・・・その言葉を思い出しました。

不思議です。
親戚の叔父は、勿論夢のことも何も知りませんでした。

お墓の前に立つと、お墓が光って、喜んでいるように感じました。
こんなに早く、気になっていたことが形に現れ、解決するとは思っていませんでした。
とても、とても不思議な気がしました。

私たちは、ご先祖様がいらしてくださって「今」があり、今を生かされています。
今日の不思議なできごとに、やはり、目には見えない不思議な強い力を感じました。
守られている事に感謝です。
あなたをいつも、守り導いてくださっているのも、
ご先祖様のどなたかもしれませんね。

ひとりじゃないよ・・・

いつも自分をだきしめて
そして心に花束を

幸せになるマントラ ー本当に幸せを感じるってどういうこと?ー

多くの人に読んで欲しい本、
アニ―タ・ムアジャーニさんの「喜びから人生を生きる 臨死体験が教えてくれたこと」

今日、私が皆さんにシェアしたいのは・・・
愛で一杯になるほど自分自身を愛することが幸せの近道と昨日もブログに書きましたが、
自分自身の愛のエネルギーを高めるのはどうしたら?
本当に幸せを感じるってどいういうこと?

それは、
『「自分は安全で完璧で、無条件に愛され、受け入れられている」と心の中で唱えること。
そうすれば、そのエネルギーが外に流れ出し、外の世界をそれにふさわしいものへと変えていく。
もうひとつ
「今、と言う一瞬一瞬の大切さ、完璧さを知る」
この一瞬で、残りの人生をすっかり変えることもできる。』

うーん・・・深いです。
でもとってもシンプルです。
自分自身を愛していれば、周りの人々があなたのポジティブな気を感じ、
何も言わなくても、何もしなくても、人が集まってきて、
そのエネルギーでみんなが元気になる!
世の中をよくするのは、一人ひとりが自分に愛をおくること!

みなさんも、今日から、自分を愛でいっぱいにし、
「自分は安全で完璧、無条件に愛され、受け入れられている」
このマントラを独りごとにしてみませんか?

ひとりじゃないよ・・・
高r自分をだきしめて
そして心に花束を

「愛」そのものになるということ

11月も2日が過ぎ今年も残り2カ月をきりました。
皆さんはなりたい自分、「あるがままのじぶん」になっていますか?
毎日自分を抱きしめて、花束を贈っていますか?

「毎日自分を愛する」 
今日は「愛」について、とても、とても共感した文章があったのでシェアします。

『「愛情深いこと」と「愛そのものになる」ことは違います。
★愛情深いこと
自分自身の愛があろうがなかろうが人に愛を与える人
でも・・・自分が持っているかいないか分からないものを人に与えることはできませんよね。
そう言う人は、愛をいくらでも補給できるわけではないので、人に愛を補給してもらうことを期待します。
そして、それが得られないと、疲れきって愛情深い人を止めていきます。

★愛そのものになること
自分が愛そのものになると、その愛を受け取る人々に何かをしてもらう必要がありません。
自分自身を無条件に愛していたら、その愛が外に溢れて、周りの人たちが自然とその愛を受けとります。
自分を愛すれば愛するほど、その愛が人々に流れていくのです。』

本当にその通りだと思いました。
「自分自身を愛する」
とても、とても大切な事ですね。

それには、あるがままのじぶん
本当の自分、素直な自分で毎日を生きましょう。

好きな人と、好きな時に、好きな所で、好きなことをしていたら、
きっとあなたは愛で満たされ、「大好きな自分」で居られると思います。

一緒にしあわせになりましょう。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を
プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR