スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今」 を生きる

『今 いる場所は 偶然ではない

人は必要な経験をするところに 自然とながれていく
そこから、魂が喜ぶ事に向かっていけるようになる

今 この場所で得たものは
必ず どこかで役に立つから
そのことを ずっと 忘れないで』

先日行った、夫婦木神社姫の宮の柱にはってあったことば。
なんだか、とても魂に響いた。

人は日々「選択」の中で生きています。
何を選ぶかは一人ひとり違います。

あなたが一番したいことをしましょう。
魂がワクワクすることをしましょう。

誰といたい?
どこにいたい?
何をしたい?

あなたの魂の声を聞いてみましょう。
あなたは、常にあなたが一番したいことを選ぶことができます。

状況は関係ありません。

いつか・・・
そのうち・・・

そうしているうちに、「今」はどんどん「過去」になります。

「今」を生きましょう。
今に感謝して、魂が喜ぶことをしていきましょう。

そうしたら、あなたは、もっともっと輝いていけるでしょう。

一緒に幸せになりましょう。
ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

スポンサーサイト

すべては、魂の学びのために…あなたの不安が愛にかわりますように

ある日突然やってくる試練・・・
どうして私に
どうして私だけが

人生の中でそう思ったことが
みな一度や二度あると思います。

私もありました。

渦中は、不安で、悲しく、苦しくて、さみしくて・・・
自分ではどうすることもできない日々
でも、太陽は昇り、日は沈み
毎日が過ぎてゆきました。

そんな時、そっと寄り添ってくれた心友たち

ある日、生かされていることが
感謝の気持ちに変わったとき、
新たな生きる力が芽生えました。

負けないで、
辛くても
前を見ていてね。

辛いけど・・・
今起こっていることは、
自分がこの世に来るときに
計画してきたことの一つ
魂の学びのために起こっていること

大丈夫!
あなたは乗り越えられるから

あなたの不安が
愛に変わるよう祈っています

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を



稲荷山で聞いた神様からのメッセージ…諦めたらあかんよ!

今日は、先日、お参りした京都の伏見稲荷大社での不思議なお話をシェアしますね。

伏見稲荷大社は、以前からお参りしたいと、
とても気になっていた神社でした。

稲荷駅の正面に立つ大きな朱色の鳥居を見たとたん魂が揺さぶられました。
ご本殿をお参りし、有名な千本鳥居を一つずつくぐらせていただきました。
何かが、どんどん近づいてくる…そんな感覚がしました。
鳥居をくぐると、そこは奥の院。

奥の院で、今日お参りに来られた感謝の気持ちをお伝えし、
さらに続く鳥居の道へと進みました。

最初は、地図で見た稲荷山の頂上まで、
それほど時間がかかるとは思っていませんでした。
でも、道はだんだん上りになり険しくなってきました。
 
あとどのくらいあるのだろう・・・

右足のけがも完治していないし、
無理する必要もないから引き返そうかな・・・
足が重くなってきた私は、そう考え始めていました。

四ツ辻という、地図上の三分の二位のところで、
そんなことを思いながらふと見ると、
お休みどころがありました。

そのお店に、優しそうなおばあさんがいらしたので、
「すみません、頂上まであとどのくらいですか?」
と聞いてみました。

すると、そのおばあさんは、
「40分くらいだよ」と。
そのあと、私の心の中を読み取ったように、
にこにこしていたおばあさんの顔は急に険しい顔になりました。

「あんたなあ、帰るん?
諦めたらあかんよ。
私らな、おなかが大きくても上ったもんよ。
赤子が生まれたら、赤子を背負っても上ったさ。
ここまできて諦めたらあかん」

そうおばあさんは言いました。

そこで、私はまた決心し、頂上まで登る決意を固めました。
そして、そのあと、山頂の一の峯まで到達したのです。

帰りに、また四の辻を通った時に、
そのおばあさんにご挨拶したくて、
お店を探してみましたが、
もうそのおばあさんは、どこにも見当たりませんでした。

そのおばあさんは・・・
私には、神様の化身のように感じました。

そのおばあさんと会話しなかったら、
間違いなく
私はあきらめて下山していたと思います。

「諦めたらあかん、前に進みなさい
そして、上を目指しなさい」

神様はそのおばあさんを通して、私にそう伝えてこられました。
今日お参りできて本当に良かった・・・
山を下りながら、感謝の気持ちが溢れました。

もう限界・・・
そう思う瞬間は、きっと人生の中で誰にでもあると思います。
でも、どんな時も、あと一歩踏み出すことによって、
その道は、前へ上へと続いているのです。

一緒に歩んでいきましょう。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

一期一会 ー嬉しい再会ー

昨日は大好きな「夫婦木神社姫の宮」のご案内でした。
私が描いたお姫様がご縁を結んでくれた「夫婦木神社姫の宮」。

ご縁が結ばれ、ツアーが企画され、お客様をご案内し、
早3年が経とうとしています。
その間、多くの素晴らしいお客様と出逢わせていただきました。

昨日も、うれしい新たな出会いと、うれしい再会がありました。

久しぶりに再会したMさんは、最近大切なご家族を亡くされました。
Mさんは、いつも私のブログを読んでくださっているとのことで、
美湖さんのブログに…とても助けられました・・・と。

Mさんの寂しそうなその表情に、
かけ寄って、思わず抱きしめたくなりました。
大切な人を亡くしたその気持ちが、痛いほど伝わってきました。

もう一つのうれしい再会は、Sさんご夫妻。
はじめてお会いしたのは、今から3年前2012年の夏。
神社ツアーでなく、ねぶたと竿灯祭りのツアーでした。

その時、お二人はまだご夫婦ではありませんでしたが、
二人を見たときに、ツインソウルのカップルと直感。
そのお二人が、3年後、
「美湖さーん、覚えていますか?今日は美湖さんにお会いしたくて、このツアーに参加したんです。」
私たち、結婚しました!」
なんだか感動して涙が出そうになりました。

二人で一つのオーラを感じた二人は、満席のご案内の中、
とても印象に残っていました。
とても素敵なカップルでしたが、そのお二人は、
3年たった今、ご結婚され、さらに輝いて素敵でした。

私のこの世の仕事は「添乗員」ですが、
私は、観光の行程管理が仕事である所謂「添乗員」ではないと思っています。

私と旅を通して出会ってくれた方々で、
ご縁がある方は、
約束しなくてもまたちゃーんと会えています。

そして、時間を共にして今でも一緒に歩んでいます。
それは、とっても不思議です。

通常、添乗で出会うお客様は、1回限りのことが多いと同僚は言っています。

でも、私は、「添乗」を通して、多くの素晴らし方々と出会わせていただいて、
わたしと出逢った方々が、
更に幸せになっていく姿を見させていただいています。

そのことにとても感謝しています。

「一期一会」
その大切さを
昨日、夫婦木神社姫の宮の宮司さんが熱く語ってくださいました。

出会いを大切にこれからも歩んでゆきます。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を


Peace of your wish......ひとりじゃないよ

2013年は・・・
私にとって、とってもつらい年でした。
その時の私は、何を見ても、悲しいだけで、笑顔になれませんでした。

そんな時、街を歩いていていたときに聞こえてきた曲・・・それは、
今井美樹の「Peace of my wish」でした。

「すべてが崩れそうになっても
信じていてほしいあなたのことを」

この曲を聞いて
「自分を信じて生きていこう」と思いました。

今日、最近どうしてるかな…と気になって仕方がなかった、
Yさんに思い切って電話をしました。

「美湖さん・・・
美湖さん、ありがとう。」

電話の向こうで、Yさんは泣いていました。
Yさんは、とても辛い時を送っていました。

今日は、Yさんと、
今、つらい時をおくっているかもしれないあなたに
この曲を贈ります。

『最後の答えは・・・自分で見つける』

辛いけど、それが「答」だと、私も私の経験からそう思います。

『朝が来るまで 泣き続けた夜も
歩き出せる力に きっとできる

太陽は昇り 心を包むでしょう
やがて闇は 必ずあけてゆくから

どうしてもっと自分に素直に生きれないの
そんな思い問いかけながら

あきらめないで
すべてが崩れそうになっても
信じていて あなたのことを

本当は誰もが願いを叶いたいの
だけどうまくいかないこともあるわ

希望のかけらを手の平に集めて
大きな喜びへと変えてゆこう

愛する人や友達が
勇気づけてくれるるよ
そんな言葉抱きしめながら

だけど最後の答は 自分で見つけるのね
めぐり続く 明日のために

雨に負けない気持ちを
炎も潜り抜ける
そんな強さ 持ち続けたい

それでもいつかすべてが 崩れそうになっても
信じていてほしい あなのことを』
 

大丈夫!
ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を


「不安」ではなく「愛」を選ぼう。魂が喜ぶことをたくさんしてね。

私はありのままの私を受け入れ
ありのままの自分を愛したい・・・

昨日のブログを読んでくれたMさんからのメッセージ。

『みこちゃんとお話ししたいなあと思っていたところ、
私の気持ちを察してくれたような昨日のブログ・・・
読んで涙がでちゃった・・・

私、仕事辞めて、また一から出直しで、
この年になって何も先が見えなくて
不安でいっぱいで、
情けない…って思ってて・・・』


『うんうん、Mさん、わかります。
でもね、Mさんは情けなくなってないよ。
みんな、迷いながらだよ。
私だって、立ち止まってしまうこともある。
つらいこともある。
泣きたいことだってある。
助けて…と叫びたいときもある。

みんな・・・そうだと思うの。

地球というこの星に
学びに来ている・・・
人間だもの。

Mさん
今は神様からの休息の時間
ありがたくいただいて、
今を楽しんでね。
自分の好きなこと
魂が喜ぶことをしてね。

大丈夫!
自分を信じて!

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

わたしは本当の自分をうけいれ、ありのままの自分を愛します。

ハリウッド女優のジュリアロバーツさんが、
素顔写真を公開!

今日そんな話を耳にしました。

どうして?
大女優がなぜにまた今?
と思ってき聞いているとこんなコメントがありました。

「私は本当の自分を受け入れたいし
ありのままの自分を愛したい」

「ありのままの姿みせるのよ
ありのままの自分になるの。」
DISNEYの「アナと雪の女王」でも、そうエルサが歌っていました。

これまた現代版「シンデレラ」でも、
「私はただの村娘、
持参金も馬車もない。
でも、そんな私を・・・
ありのままの私を愛してくれますか?」
そうシンデレラは、本当の自分を包み隠さずに、
王子様に打ち明けていました。

そうです。
状況は関係ありません。

たとえ、本当の自分がどんなであっても、
隠すのではなく、見せるのです。

過去もひっくるめて、その人の存在を受け入れる。
大切なのは、今、目の前のその人だから・・・


「ありのままのじぶん」を見せるのは
時に勇気がいります。

でも、「ありのままのじぶん」をみせ、
その「ありのままのじぶん」を
すてき!
と思ってくれる人こそが
「真実の人」
そう私は思います。

本当のわたしと
本当のあなたでいられる関係

それこそが
「真実の愛」

真実の愛は、外見や地位、名誉、状況には惑わされません。
真実の愛は、心の優しと美しさから湧き出てくるものなでのす。

だからあなたも、
勇気をもって
これからもずっと
「ほんとうのじぶん」でいましょうね。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

一期一会 -人生を変える出逢いー

先週、女子会で、宮崎と熊本を旅してきました。
この地域には、有名な神社がたくさんあります。

今回の旅は「気になる神社」へのお参り、
それぞれが、「行きたい神社に参拝すること」が目的でした。

私もいくつか行きたい神社はありましたが、
一番は、何と言っても、
天岩戸神社と天安河原でした。

その地は、私のスピリチュアルの扉が、大きく開かれた原点。
そして、そこには、どうしてもお会いしたい人がいました。

「こんにちは~」と私が話しかけると、
Sさんは「あ~」と、

そして、当時のことを私が話すと、Sさんは・・・
「覚えてますよ。あの時は、あなたのこと、仕事で疲れ、癒されに来た女優さんだ!」思ってねと・・・と。

その時、私は今日と同じように、
女子4人でした。

みんなで、お店でお茶をいただき、帰ろうとしたとき
「あなた・・・」Sさんに呼びかけられました。
4人が一斉に振り返ると
「あなたよ!」とSさんは私を指さして、
奥から1枚の写真を持ってきました。

「この写真を、南を向けて飾りなさい。
あなたを必ず守ってくれるから」
Sさんはそう言って、私に1枚の写真をくれました。

その写真には、光の玉が8つ写っていて、
その一つから神様が降りている姿が見えました。

その写真を見たとき、魂が震えました。
波動の高い写真でした。

私は・・・あの時に、疲れていたというより、悩んでいて、、、
人生の岐路にいました。

でも、Sさんがくださった1枚の写真がきっかけで、
また、目に見えないものを信じることを思い出しました。

「あの後から、たくさんの不思議体験をするようにななったんですよ。」

そう当時のことを話すと、
Sさんは、じっと私を見て
「うんうん、今は元気ですね」と、再会を喜んでくれました。

人との出会いは本当に不思議です。
一人の人との出会いで、
人生が変わることもあります。

そんな人に、私も出会っていきたいし、
人からも、出会って喜ばれる私でもありたいと思います。

みなさんは、どんな「出逢い」をしたいですか?

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

小さな幸せを感じた日

今日は、久しぶりの晴天でしたね。

会社での打ち合わせを終え、
私は、資料がたくさん入った小型のキャリーを引いていました。

駅の階段を下りようとしたその瞬間、
「あの・・・」と後ろから声がしたので、
何か落としたのかと振り返ってみると、
一人の男の人が立っていました。

「あの・・・よかったら、キャリーを下まで持たせてください」
男の人は真剣にそう言いました。
「あっ、でも・・・」と言いかけると、
その人は、ひょい!と既にキャリーを持ち上げて
階段を下りていました。

下まで降ろすと、と、
「小型だけど、結構重いんですね。
勇気をだして声をかけてよかったです。」と、

私が「ありがとうございました。」というと
その人は、手を振って
反対側のホームに来た電車に乗って行きました。

今の世の中、いろいろな危険が潜んでいるし、
不審な人もいるので、気を付けなくてはいけないけれど、
「優しくて親切な人」ってまだまだいるんだなあと、
心がほんわかしました。

そして・・・
電車を乗り換え、私が座っていると、
前におじいさんが立っていました。

私が席を譲ると、
「あーありがとうございます。
あなたは、とてもお美しい。
そして心もお美しい方なんですね。」
と、とても喜んでくれました。

そんなに褒められて、ちょっと照れちゃったけれど、
心がまたほんわかしました。

人は・・・
誰かに
優しくされると、
誰かに
優しくしたくなりますね。

そんな小さな「優しさ」が広がって、
幸せな人が増えていくのかなと
小さな「幸せ」を感じた今日でした。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

青春とは…それは心の持ち方なのですね。

先週、「神話の里」
宮崎、熊本を女子会しました。
不思議なことも起りました。
そのお話はまた後日いたしますね。

旅の最中、あるところで、とても素敵な
「青春」にあったので、シェアします。

「青春」
青春とは人生のある期間ではなく
心の持ち方を言う

歳を重ねただけで人は老いない
「理想」を失った時 はじめて老いる

人は信念と共に若く
疑惑とともに老いる

人は自信と共に若く
恐怖と共に老いる

人は希望を共に若く
失望と共においる

いま・・・
頭を高く上げ、希望の波をとらえる限り
たとえ何歳であろうと
君は若い


本当にその通りだと思います。

私も・・・
自分を信じる強い心をもって
勇気と希望をもって
いつも「青春」をしていたいと思いました。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

強く、優しく、美しく生きるヒミツとは? 人は一人では生きていけないから・・・

今日は朝から台風の雨風の中、仕事で山梨でした。
帰りのバスの中で、太陽が顔をだし、
大空にきれいな虹がかかりました。
それもダブルレインボウ!!

虹は「祝福」のサインと言われますが、
私は、いつもちょっぴり悲しく、
そして、ちょっぴり幸せな気持ちになります。

家族だった、ラッキーちゃんが、虹の橋を渡って天国に行ってから、
もう2年半が経ちます。
今でも、「ラッキー」と名前を呼ぶだけで、
涙が頬をつたいます。

あの時書いたブログは
たぶんもう二度と読み返すことはないと思います。

あの年は、悲しいことが続きました・・・
でも、もう、あの悲しみの中には戻らないと決めました。
そして、すべての悲しみを手放しました。

人はみな、見えないバックグラウンドを持っていますね。
でも、悲しも苦しみも、経験した分だけ、人にやさしくなれますね。

この人のためだったら、無条件になんでもしたい、力になりたい!
と思える人がいたら、
そして、そんな風に思ってくれる人がまわりにいたら、
人は強く、やさしく、美しく生きていけると思います。

私は、そんな多くの人に助けられ、
今を生きていることに心から感謝をしています。

人は一人では生きていけないから
人は皆つながっているから、
すべて起ることに感謝をし
今を生きたいと思います。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を」

できる?できない・・・ではなく、やるか、やらないかの「選択」だけなのです。

私は、添乗員の他に、旅行の専門学校で時々授業をしています。

今日はあるクラスの最終授業でした。
授業の最後に、「五斗美湖の第一印象や感想」なるものを聞いてみると、

オーラがある。
キラキラしている。
とても優しい
きれい
親切で丁寧
わかりやすい
楽しそう
自信がある
フレンドリー
スピリチュアル
本当に神社が好きな人
生徒の目線で話をしてくれる
みんなをよく見ている
どんな質問にも答えてくれる
しんが通っていてぶれない
マイナス思考をプラス思考に変えられる人・・・

などなど。

大変うれしく聞かせていただきました。

私のスタイルは
「共に歩む」です。

私は、みんなよりちょっと早く添乗に出て経験があるだけだから、
先生も生徒も本当はないと思っています。

先に経験した者が、あとに続く者に
こうしたらいいよ!とアドバイスしてあげるのは、当たり前で、
みんなが、自分の道を迷わず楽しく歩んでいけたらいい。
「みんないっしょ」です。

私は、そんな気持ちでいつも授業をしています。
その気持ちは、聞いてくれている生徒さんには、必ず伝わっていると信じています。

「好きなことを仕事にしてね」
これが私のメッセージです。

私には、できるかな・・・
やってみたいけど・・・

でも、年だから無理、
でもお金がないから、無理・・・
家族がいるから無理、
遠いから無理、

できない理由を探す前に、
自分は、本当にやりたいのか?考えてみてみましょうね
結局は、自分が、

できる、できないではなく・・・
やるか、やらないか・・・だけなのです。

決めたら・・・
周りも動き
宇宙の応援もはいるでしょう。

みんなが、楽しい人生を歩むことができますように・・・

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

「真実の愛」 ありのままの自分と、ありのままの相手でいられる関係

今年は、神社にお参りするたびに、
結婚式に出合います。

特に私が東京近郊の神社をご案内している「達人」ツアーでは、
かなりの高い確率で結婚式に出合い、みんなで幸せな気持ちになります。

東京大神宮、日枝神社、大国魂神社、神田神社、明治神宮、久本神社・・・

すべて、花婿、花嫁が参道を歩く姿を見、祝福をしました。

そして・・・
美湖茶話会のテーマである「ソウルメイトと出逢う7つの法則」を
皆さん実践してくれているせいか、
今年は、何人もの人が
「美湖さーん、彼ができました!美湖パワーです(笑)」とお話してくださり、
うれしい限りです。

「彼氏ができましたー!」

と、報告してくださる方の共通点は、

明るく、前向き
好きな事(ワクワクすること)をしている
宇宙の力を(見えない力)信じている

もう起こることは決まっているとわかっている
だから、なるようになると
流れに身を任せている

そしたら、むこうから、彼がやってきました!
みな必要な時に必要な出会いがありますね。

お互い、ありのままの自分でいられるのなら、
それは「真実の愛」
お互い、素直な心で向き合えるなら
それは「真実の愛」
お互い、愛と感謝と尊敬の気持ちを持ち続けることができるなら、
それは「真実の愛」

ずっとずっといっしょです。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を
プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。