今回の学びは…大家族の楽しさでした!

ロスアンジェルスから帰国しました。

私は、通常の観光の添乗の他に、春夏冬の長期の休みの時にだけ
学生のホームステイのお世話をしています。

『日本の未来を担う子供たちに英語を話せるようになってほしい』
前職にも関係があるのですが、
私はその願いをもって、この仕事をずっとしています。

英語が話せると、世界に羽ばたくチャンスが広がります。
いろいろな国の人とコミュニケーションがとれるようになり、
言語だけでなく、異文化や人についても学べるようになります。

今回は中学生と高校生、男女合わせて24人のグループでした。

初めての海外
初めて会う仲間
初めて会うホストファミリー

慣れない環境で…不安な気持ちもいっぱいの中、
でもみんな・・・

とても素直で、
とても一生懸命で、
感謝の気持ちをもっていることに
私は感動しました。

さて、私も一軒のファミリーを紹介され、
その都度、違うファミリーと過ごすのですが、
今回のファミリーは
メキシコから移住してきた陽気な大家族でした。

お父さん以外、私を入れて8人は全員女子!

ティーンエイジの娘さんたちは、
皆一人ひとり独立していて、性格もまちまちなのですが、
家族が集まる時には、みな笑顔が絶えません。

大家族の中で8日間滞在し
今回は人の暖かさとぬくもりを感じました。

家族が多いとそれだけ自由にならないこともあります。
でも、一人じゃない!
何かあれば必ず家族が助けてくれる!
そんな暖かさを感じました。

やっぱり、人は助け合って生きている・・・

大家族っていいなあ!
そう感じた8日間でした。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を
スポンサーサイト

ひとりで頑張らない人生をおくりましょう!ー香取大神様からのメッセージー

昨日は「東国三社」のご案内でした。

東国三社とは、鹿島神宮、息栖神社、香取神宮の三社です。


鹿島神宮と香取神宮には、要石があります。

その要石は、鹿島と香取で一対で凹凸になっています。

その石は、水戸黄門が家来に掘らせても掘らせてもそこに当たらなかったという、

不思議な石です。


その石の周りにはいつも1円玉がたくさん落ちていて

ガイドさんに聞いた所、1円玉が要石に乗ると

とても良いことがあるという言い伝えがあるとのことでした。


私も以前に何度かトライしてみましたが、

石が固いので、1円玉は当たっても弾けて飛んでしまいます。

また1円玉は軽いので、なかなか石の近くまで飛んで行きません。

しかも、要石は、石の柱で囲まれているので、標的を絞りにくい。


ですので、今までに、要石の上に1円玉が乗っているのを見たことはなく、

いつも石の周りには1円玉がたくさん落ちていました。


そして、今日、お客様を香取神宮の要石にご案内しました。

「美湖さん、先にやってみてください。」とのことで、まずは私がトライ。


すると・・・・
なんと、要石の上に1円玉が乗ったのです!


1円玉はまず、要石にこうべを垂れていた笹の葉にあたり、

その笹の葉から滑り落ちるように、ぽとりと要石の上に落ちました。

笹の葉でワンクッションあったので、

はじかれることなく、1円玉はするりと、要石のまんまん中に置かれた状態でした。

なんだか、スローモーションで、神様の力が働いたように感じました。

奇跡です!


そのあと感じたメッセージをシェアします。

「一見困難と思えることを、一人で頑張ろうとしないこと

傍にいる人や、傍に在るものに助けてもらうことが今の学び」


本当に、要石の上に乗った1円玉は奇跡です。

そのまま、力任せに1円玉を投げて、石の上にのせようとしても

はじかれて絶対にのりません。


石の傍にあった笹の葉が滑り台になってくれて、

石の上に1円玉は見事に着地したのです。

今日のこの体験は、良い学びになりました。


それにしても、この後、どんな幸運があるのかワクワクします!

これからも共にワクワクをフォローしていきましょうね。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて

そして心に花束を

幸せは…ある日突然やってくる!だからワクワクする毎日を送りましょう!

「美湖さんに会いに行ってもいいですか?」

先日の「美湖スピリチュアルライフセミナー」に、

そう言って、Yさんはいらしてくれました。

Yさんは、今幸せ真っ只中!

今日はそのYさんのお話をシェアします。


私がYさんと出逢ったのは、今から約3年前。

Yさんは私がご案内する旅のお客様でした。

私はバスで、前に立って皆さんのお顔を見てお話している時、

キラリと「ひかる」方が時々います。

Yさんも光っていた一人なのですが、それからご縁をいただいて

よく旅をご一緒しました。


在る時、軽井沢に行きたい!というYさんを中軽井沢にご案内しました。

中軽井沢は、私の好きな内村鑑三の石の教会や軽井沢高原教会や、とても素敵なブレストンホテルがあります。

そこをご案内した後、ホテルでおいしいお茶をいただいていたとき、

ふっと、Yさんのウエディングドレスの姿が見えました。


その時、Yさんは、お付き合いしていた方はいらっしゃらなかったようですが、

私は、「Yさん、2年以内に結婚しますね~

それも電撃です!」と伝えました。

Yさんは、

「えー?今は誰もいないんですけどね!」とニコニコ笑っていました。


それから1年・・・

Yさんは、その後未来の旦那様Hさんに出逢います。

そしてトントン拍子しに事が運び、入籍。

そして、今月めでたく、なんと内村鑑三の石の教会で結婚式をあげることになりました。


石の教会に行ったとき、チャペルの中に差し込む光、チャペルの中を流れる水の音聞いて、

Yさんはとても感動していました。

そのチャペルで、Yさんはもうすぐ結婚式をあげます。

Yさんは、「美湖さん、言葉にならないけど、今の私があるのは美湖さんのおかげです。

好きな事をしてワクワクする毎日を送っていたら、彼に会えました!」

そういって幸せそうに笑っていました。


Yさん、本当におめでとうございます。

今度はその幸せを周りのみんなにシェアしてあげてくださいね!

Yさんの素敵な素敵な愛の物語でした。


ひとりじゃないよ・・・


だから自分をだきしめて

そして心に花束を

幸せを手に入れるのではなく、幸せと感じる「こころ」を手に入れることが大切です。

「美湖スピリチュアルライフセミナー」では、
神様がお喜びになるお参りの仕方や、
神様からのメッセージの受け取り方、
等などを毎回楽しくお話ししています。

3月は17日(木)
4月は24日(日)と26日(火)です。
詳細は、トラベル&コンダクターカレッジのHPをご覧くださいね。
http://tc-college.jp/course/tracon_goto.html

今日、本を読んでいたら、
私もいつもやっている
とても共感できることが書いてあったのでシェアします。

昨日の「みこたび」でもみなさんにお話ししましたが、
神様の御前でお願いごとをするとき、
皆さんはどのようにしていますか?

「●●かなえてください!」と
いきなりお願いごとはしていませんよね?

まずは、●●神社の●●さまと、ご祭神をおよびする。
どこから来た●●と自分の名前を名乗る。
日ごろの感謝を述べる。
今日お参りに来られたことの感謝を述べる。

そしてお願いごとがあればお願いする。

ここで、昨日の「みこたび」でも皆さんにお話ししましたが、
お願いごとをするときに、
そのお願いごとをかなえていただくために
自分がすること、できること
そして、そのお願い事が叶うことで、
周りの人にどんな幸せをシェアできるかを誓約します。

これがとても大切です。

神様は、あなたの過去、現在、未来、全てを御存知で、
必要であればあなたの願い事を必ず叶えてくれます。

更に、神様は、
あなたの願い事が、周りの人に喜ばれることにつながっていることを知ると、
加速して、あなたのお願いごとを叶えてくれるでしょう。

お金持ちになれますように
結婚できますように
大企業に就職できますように

願い事が叶うことはとてもうれしいことです。
でも、外に在るものを次々追い求めても、幸せを感じるとは限りません。

幸せを手に入れるのではなく、
幸せに感じる心を手に入れること

だから、そのお願いごとをかなえていただくために
自分がすること、できること
そして、そのお願い事が叶うことで、
周りの人をどう幸せにできるのか?

考えてみましょうね。

実際、願い事が叶うことがすべてではなく、
叶うまでに自分何をしたか、そのプロセスが大切なのでしょうね。

だから、やっぱり、
いま生かされていることに感謝しながら、
目の前のこと一つ一つにベストを尽くす
これがとても大切だと思います。

一緒に歩んで行きましょう。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

「みこたび」竜神さまからのメッセージ

今日は「みこたび」で、品川神社と荏原神社を参拝しました。

「みこたび」は、東京10社を中心に、
皆様にぜひ知っていただきたい!
または、
ぜひ●●を知って運気をあげ、更に幸せになってほしい!と
私がおススメの神社を
皆で楽しく参拝する旅です。

品川神社と荏原神社をWで両社詣でをすると、
叶わない願いはないといわれていて・・・

これは、力入りますよね!(笑)

さて、本殿前に立ち・・・

そのお願いごとを叶えていただくために
私がやる事と、
そのお願い事が叶ったら、
みんなにシェアできることを誓いました。

すると・・・

品川神社も荏原神社も竜神さまにしっかり守られていて、
お願いごとを強力にバックアップしてくれることを
約束してくださいました。

楽しみです。

荏原神社の本殿の屋根の上に乗っている龍は、
先日ある方が、美湖さんは、竜神さまに守られていますね!
そう言って描いてくれた龍に生き写しでした。

竜神さまからのメッセージは、

「自分を信じて上へ進むこと!」
「上へ?」とその意味を尋ねると、

「次元を超えて」と
「質を高めよ」と
2つのメッセージでした。

そして、
「困ったら私を呼びなさい」と。
とてもありがたいメッセージでした。

お参りの後は、「感謝」についてみんなでお話ししました。

一粒万倍の泉でお金や印鑑も洗ったし、
泉のお水もいただいて、持ち帰り、
家の玄関と四隅にまいたし、
更に幸運に恵まれること間違いありません!

神社へのご参拝は、自らの意思ではなく、
実は神様がおよびくださっています。

そのことに改めて感謝の1日でした。

次回4月の「みこたび」は
東京十社、亀戸天神社です。

心の軸をセンターに戻すとき…

春の1日
一緒に楽しくお参りしませんか?

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

幸せな時も、辛い時も・・・いま、生かされていることにありがとう。

「人は順調な時も 逆境な時も 周囲の力によって生かされている」

先日目にした言葉です。

人は支えられて生きています。
繋がって生きています。
決して一人ではありません。

家族、友人、同僚・・・関係はいろいろですが、
みな周りの人々に支えられながら生かされています。

だから、楽しい時も、辛い時もいつも
「ありがとう」の言葉を忘れずにいたいものです。

先日、「ツキを呼ぶ魔法の言葉」で、五日市さんがこうおっしゃっていました。

有難うって、「難が有る」と書く、
だから、辛い時や悲しい時こそ
「有難う」なんだと。

私たちは、
幸せと感じるときも、
辛いと感じるときも、
いつも・・・
生かされています。

だから、毎日
「いまここに在ることにありがとう」です。

今日は、3月11日、東日本大震災から5年です。
多くの人が、突然に、命を失いました・・・

そのことに心から追悼の意を表し、
自分たちが生かされていることに感謝し、
一日、一日を大切に
いまを生きようと思います。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

不思議な不思議な妖精さんのお話~魔法の言葉 最終章 これを唱えれば毎日幸せに♥

「人生の中で、ツイテル人とそうでない人がいるのは事実!
そのツキというのはね、実は、簡単に手に入るのよ。」

「これさえ唱えていれば、だれでもツキぱなしよ!」

そうおばあさんはいいました。

それは、難しい言葉ではありません。
皆さんが良く知っていて、実にシンプルなこの2つの言葉です。

一つは・・・

「ありがとう」

そしてもう一つは「感謝します」

なーんだ、そんなこと?って思いました?

では、だまされたと思って、今日から毎日意識して、この2つを使い分けてみてください。

まず、「ありがとう」は、何か良くないことが興った時に使います。
辛い時、泣きそうなときに、歯をくいし縛って「ありがとう」と言いましょう。

これは、不幸の連鎖を断ち切る魔法の言葉で、
そればかりか、良いことがどんどん興るようになります。

どんな不幸と思われる現象も、幸せと感じる状況に変えてくれます。
だから「ありがとう」は魔法の言葉!

そうおばあさんは、本の中で言っていました。

もう一つ・・・
「感謝します」という言葉は、何か良いことがあったら言いましょう。

この言葉は、まだ起こっていない未来のことも、
イメージしながら言い切ると本当にそうなるの!

「1年後に、●●に成らせていただき感謝します。」
ここで、大切なのは、なんの疑いも不安も心配もなく、自然とそう思いこむことね!

そうおばあさんは、本の中で言っていました。

良くないことが興ったときこそ「ありがとう」

そして、

良いことが興った時、興って欲しい時には、

「感謝します」

ぜひ、皆さんもこの「魔法の言葉」を唱えてみてくださいね。

でも、忘れないで!
大切なのは、

『なんの疑いも不安も心配もなく、自然とそう思いこむこと』
でしたね!

きっと、どんどんツイてきて、更に幸せになること間違いありません!
一緒に幸せの階段を上へ、上へと、上って行きましょうね!

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて

そして心に花束を

不思議な不思議な妖精さんのお話し~魔法の言葉へ Part 2

妖精さんは、Rさんと一緒にセドナから日本にやってきましたが、
1日で消えてしまいました。

部屋中を探しましたが、どこにもなかったそうです。
だから、Rさんはそのことをとても悲しんでいました。

それを知った今回セドナに一緒に行ったKさんが、
セドナに行ったみんなに素敵なお話をシェアしてくれました。

それが五日市剛さんが書かれた「ツキを呼ぶ魔法の言葉」です。

不思議なことに、前の日に
たまたま私もその本を家の本棚で目にしました。
その本がなぜか光っていたので、手に取って表紙だけ見ましたが、
誰がいつくれたのか?どうして家にあるのか思い出せず、
中を開かずに本棚に戻したのです。

その中には、今回の妖精ストーリーと似た実話がありました。

Kさんは、
「妖精はRさんに恩返しをすると思うよ。
それは、新聞紙にくるまったギフトで、
Rさんを幸せにするもので、
きっと誕生日におくられてくるんじゃないかな?」

妖精さんは、外の世界に出してくれたRさんに感謝しているからね!

そうです!
「感謝」これが今回の一連のキーワードなのです。

「ツキを呼ぶ魔法の言葉」の作者
五日市剛さんは、旅先で不思議なおばあさんに会います。

そのおばあさんから、「魔法の言葉」を教えてもらいます。

まず、おばあさんは、

「運命はあるのよ。私たちの人生はほとんど最初から決まっているの」と言います。
私もそう思います。

「わたしはね、生まれ変わりって信じているの。
過去世や来世ってあると思うのよ」
私もそう思います。

だからうんうんと頷きながら読みました。

そして・・・

「あのね、ツイテル、ツイテナイという「ツキ」というものも本当にあるのよ。」
「そのツキというのはね、簡単に手に入るのよ。
この魔法の言葉を唱えていれば、だれでもツキぱなしになるわ。」

さて、みなさんは、どんな言葉だと思いますか?

それは次回のお楽しみ!

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて

そして心に花束を

不思議な不思議な妖精さんのお話し~魔法のことばへ Part1

今日は一日冷たい雨でした。
暖かい日と寒い日が交互にやってきて季節の変わり目を感じます。

最近、美湖グループの中で、ちょっとブームになっている本があります。
それは「ツキを呼ぶ魔法の言葉」

とっても不思議で、とってもためになる本なので、
まだの方ぜひ読んでみてください

ことの発端は、セドナにあります。

これは本当に起こった「妖精のお話」です。

Rさんは、セドナのお土産物屋Macおじさんのところで、足が折れた妖精の置物を見つけました。
優しいRさんは、足の折れた妖精を買うつもりでおじさんのところに持っていくと、
おじさんはにっこり笑って、その妖精を彼女にくれたそうです。

新聞紙に包まれた妖精さんは、Rさんと一緒に日本へ!

Rさんは、帰宅後、カバンの中から妖精を出し、
明日飾ろうと、そのままテーブルの上に置いて休んだそうです。

その夜、Rさんは、妖精の夢を見ました。

妖精は・・・

「わたし、ここに居れないの」と、
「どうして?おじさんのところに帰りたいの?」と、

Rさんが聞いても
妖精は、ただ、
「ここには居れないの・・・」と言って
消えていったそうです。

翌朝、Rさんが、目を覚まし、妖精を置いたはずのテーブルを見ると、
新聞紙にくるまれた妖精は、跡形もなくなくなっていたそうです。

そんなはずはない!と思って、
Rさんは、部屋中探し回りましたが、妖精は出てこなかったそうです。

妖精はどこに行ってしまったのでしょう?

Rさんは妖精のことをとっても心配していました。
だって、足を怪我していましたから・・・

このお話が、この後さらに不思議に絡み合って、
皆への大切なメッセージ

「ツキを呼ぶ魔法の言葉」とつながるのです。

この後シェアしていきますね。

ちなみに・・・
私の家にも、Macおじさんの所から来た妖精が7人いて、
在る時、その中の一人青いドレスの妖精が話しかけてきました。

「Rさんの所にいった私たちの仲間からの伝言よ。

おじさんのところから、外へ連れ出してくれてありがとう。
足は思ったより重症で、今は森と熱い川で治療中みたい。
Rさんにありがとうと伝えて!」と。

ちなみに私は、小さいころの方が、よく妖精とお話していました。

頭がおかしいのではありません(笑)

さて、このお話の続きはまた次回に・・・

ひとりじゃないよ・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

セドナ STORY 最終章・・・ みな一つにつながっていることがわかりました。

セドナから帰って一か月が過ぎました。
先日、セドナに一緒に行ったメンバーと「セドナ会」を開きました。

セドナ…思っていた以上に楽しかった。

言葉にして表せないけれど、
行って本当に良かった。

みんな一つなんだって・・・
繋がっているとことが分かった。

目に見えないものを感じることがどんなに大切かがわかった。

またすぐにでも行きたーい。

聖なる儀式をしてくれたRahelioに感謝
ガイドしてくれた美湖さんに感謝

みんなそれぞれの感想を話してくれました。

人生の中で
セドナに行かれる人はそう多くはないと思います。

普通に暮らしていたら、
セドナってどこ?
何があるの?
という人もまだまだ多いと思います。

それなのに、
セドナを知っていて
セドナに行くことを決めて
セドナに行かれたこと

セドナで、ネイティブアメリカンの聖なる儀式を受けたり
カセドラルロックに登ったり
ボイントンキャニオンで、ハートの石を受けとれたりしたこと

そのことに、感謝と自信をもって
これからも共に歩んでいきましょう。

そうみんなと、話しました。

セドナとは、本当に不思議な所です。

本来の自分に逢えるところ
願いが一番早くかなう所です。

セドナ・・・

あなたも次回は一緒にいってみませんか?

ずっと眠っていたあなたの扉の一つが開かれるかもしれません。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

セドナ STORY・・・人と人とが魂で繋がっている感覚です。

セドナ…
「ほんらいのじぶん」に戻れる場所
願いが一番早くかなう場所

ボルテックスに行ったり、
ドラムヒーリングを受けたり、
スエットロッジを体験したり・・・

予定していたことはすべてできました。
そして、いろいろな人に出逢いました。

セドナでの出来事で、
忘れてはならないのが
クリスタルキャッソルのMR.Macです。

彼はパワーストーンや、フェアリー、エンジェルなどを扱っているお土産物屋さんのおじさんです。
昨年、他のお店を探していて
偶然にも出会いました。

そのおじさんと何故かとっても気が合って
しばらくおしゃべりして別れたのですが、
翌朝、本当に偶然に
朝陽を見に行ったエアポートメッサで再会!

約束も何もしていなかったのに、
「君に会えるような気がしたよ!」と・・・

そして・・・
お土産屋のおじさんMacは実はすごいヒーラーさんでした。
エアポートメッサの朝陽を浴びて、
Macさんは、ひとりエネルギーチャージをしていました。

そのMacさんのお店
クリスタルキャッソルに行くと・・・
Macさんはニコニコ顔で、妖精や、天使と一緒に私たちを迎えてくれました。

Macさんも、
その近くにあるピースプレイスというお店のMs,Raeも
「あなたは、私もソウルファミリーよ!」と、
私と初めて会った時に同じことを言いました。

それ以来ずっと仲良しです。

セドナとは本当に不思議な所です。
人と人とが魂で繋がっているような感じです。

そして、時間の流れがゆっくりで
やりたいことがすべてパズルのように、はまっていきます。

セドナでの4日間はあっという間に過ぎていきました。
今回ご縁あって、
一緒にセドナに行ったみなさん
儀式をしてくれたMr.Rahelio
運転をしてくれたMr.Tree
Macおじさん、Raeさん

みなさんへ、心からありがとう。

セドナでのワクワク感を思い出し
これからも、一緒に、ワクワクする楽しい毎日を送っていきましょう。

本来のじぶんに戻る場所、セドナ・・・

セドナにいつか行きたいと思っているあなた・・・
次に、セドナでの癒しの時を体験をするのは
あ・な・たかもしれません。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を
プロフィール

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR