セドナ 「 本来の自分になれる場所」 幸せの鍵はあなたの心の中にあります。

みなさんは、「セドナ」について聞いたことがありますか?

私と一緒に、「好きな時」に「好きな場所」で「好きな人」と「好きな事」をしている皆さんはもうご存知だと思います。

アメリカ・アリゾナ州の中北部にあるセドナは、ネイティブアメリカンの聖地として、昔から聖なる儀式と祈りの場でした。

今ではパワースポットとして注目され、スピリチュアルな癒しを求めてたくさんの人々が集まっています。

「全米で最も美しい町」に選ばれたことがあるこの町は、スピリチュアルなことに関心がなくても、

居るだけで、癒される「安心」「安全」「感動」の町です。


セドナでは大地のエネルギーが渦巻くと言われるボルテックスが存在しています。

大地のエネルギーと天からのエネルギーが交差し、インスピレーションを受けやすい所
と言われ、

ヒーラーさんや画家、音楽家などの芸術家の方も多く住んでいる町です。


そのセドナの魅力に取りつかれ、私も何度もその聖地に足を運びました。

セドナに行くたびに感じるのは、

「あー、前世のどこかで、この地に居たことがある。。。」
という懐かしいような不思議な感覚です。


面白いことに、その地で、前世の夫だったネイティブアメリカンに出会ったり、

街を歩いていてふっと入ったお店で

「あなた私のソウルファミリーね。一緒に暮らしていたこともあるわ!」
といわれたり

知らない人に「君は僕のソウルメイトさ!」と言われたりする事数回・・・

本当に不思議な所です。


セドナは「ほんらいのじぶんになれる」最高の場所!

その人に必要であれば、「願いが加速化して叶ってしまう」不思議な所です。

昨年、一緒にセドナに行ったメンバーのお二人は、

セドナ帰国後すぐに、「人生が大きくうごきました」

セドナで、静かに「自分とむきあう」ことができ、

自分にとって大切なことが見えたからだと思います。


私自身ももちろんそれを体験しています。


2017年は2月にセドナに行くことを決めました。


まずは「決める!」

そこから、すべてが動き始めます、

「決めない」ことには何も始まりません。

決めることから、すべてが整います。

すでに「決めた」方が何人かいらっしゃいますが、あと1名の枠があります。


それは、「あなた」かもしれませんね・・・


一緒に幸せの鍵を見つけにいきませんか?


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を
スポンサーサイト

天からのメッセージ?セドナにいきなさい、それは・・・・

昨日、長谷川里佳さんのパステルアートの個展に行ってきました。

理佳さんは「みこたび」にも参加してくださる素敵な方です。

先日「みこたび」の時に、「個展」を開かれることを話してくださって、「すごいなあー」と思うと同時に、
個展をとても楽しみにしていました。


理佳さんは、ご本人曰く…パステルアートを始めたとき、絵心は全くなかったそうです。

あまりにも素敵なその絵を見ていると、それが信じられないのですが・・・

でも・・・私にはちょっと理解できます。


お話を伺っていると、私が、「十二単を着たお姫様の絵」が描けてしまったときと同じ感覚のようだからです。


理佳さんは、絵を描かれるとき、メッセージを受けとり、下書きもせずそのまま描くそうです。

構図も、色も、考えず、ただただ白い紙と向きあうと・・・感じるままに手が動いて描けてしまうのでしょう。

私が感じるに、理佳さんは、人々に癒しを与えるために理佳さんを通って描かれる

天からのメッセンジャー。ミディアム(媒体)のような気がしています。


私も、「十二単を着たお姫様」の絵が描けてしまったときは、本当に不思議でした。

私も絵心が全くないので、あの時、絵を描いた私は、単なるミディアム(媒体)で、

「十二一重のお姫様」が夫婦木神社姫の宮に帰りたくて、私を通って描かせたとしか思えませんでした。

私は、あの時以来絵を描いていませんが、

理佳さんは、ずっと、メッセージを受け続けて描いていらっしゃいます。

素晴らしいです!

瞑想している時に、ふっと浮かんできたという絵もありました。


そんな理佳さんが描かれたオラクルカードを会場で1枚引いてみました。

可愛い像さんの絵が描かれたそのカードは・・・

「ひとり静かに過ごす時間はとても大事です。内側に向き合い、魂の声を聞く時間を持ちましょう」

今私に必要なメッセージは「魂の声を聞きなさい」でした。


ふっと振り返ると、ここのところ、ちょっとまたスケジュールがハードだったので

、「ひとり静かに過ごす時間」がありませんでした。

魂は、ちゃーんとわかっていますね。

忙しすぎると、ついつい大切なサインを見逃してしまいます。

Listen To Your Hart!

天からの大切なメッセージを受け取ったので、

今日は、ひとり静かにすごしました。


「瞑想」していると、「セドナ」が浮かんできました。

「セドナにいきなさい!新たな扉がまた一つ開きます。それは、あなたと周りの人々をさらに幸せにするものでしょう」というメッセージが降りてきました。

不思議です。

来年2月に又必要な人と「セドナ」にいこう!と思っていた矢先だったので、ちょっとびっくりのメッセージでした。


みなさんも、忙しすぎるかなと感じたら、いったんリセット!

魂の声に耳を傾け、心の声を聞きましょうね。



ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

「いのちの理由」 私たちは幸せになるために生まれてきました。

みなさんは「いのちの理由」という歌を聞いたことがありますか?

さだまさしさんが、作詞作曲しています。

先日、心友の久恵ちゃんが、歌ってくれて、私はこの歌を初めて知りました。

何よりも久恵ちゃんの歌声にとても癒されたのですが、

後でその「歌詞」をじっくりと感じてみました。

そして、この「詩」になんとも「魂」を揺さぶられました。


私が生まれてきた訳は、父と母とに出会うため
私が生まれてきた訳は、 兄弟たちに出会うため
私が生まれてきた訳は、友達みんなに出会うため
私が生まれてきた訳は、愛しいあなたに出会うため

春来れば 花自ずから咲くように
秋来れば 葉は自ずから散るように
しあわせになるために 誰もが生まれてきたんだよ
悲しみの花の後からは 喜びの実が実るように

私が生まれてきた訳は、何処かの誰かを傷つけて
私が生まれてきた訳は、何処かの誰かに傷ついて
私が生まれてきた訳は、何処かの誰かに救われて
私が生まれてきた訳は、何処かの誰かを救うため

夜が来て 闇自ずから染みるよう
朝が来て 光自ずから照らすよう
しあわせになるために 誰もが生きているんだよ
悲しみの海の向こうから 喜びが満ちてくるように

私が生まれてきた訳は、愛しいあなたに出会うため
私が生まれてきた訳は、愛しいあなたを護るため 愛しいあなたを護るため

こんな歌詞です。
ジーンときました。


わたしたちは、地球で、いろいろな「体験」したくて、
自ら望んで、この地球にやってきました。

それぞれの魂の学びを決めて・・・
それぞれの魂の出逢いを決めて・・・

時にその体験は、苦しく
時にその体験は、あまりにも悲しい

でも、悲しみも、苦しみも、いろいろと感じてこそ
初めて、「しあわせ」の価値がわかります。



わたしたちは、幸せになるために生まれてきました。
わたしたちは、幸せになるために生きています。

だから、今日も 一緒に、「幸せ」に向かって歩いていきましょう。



ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

美湖企画へどうぞ・・・そしてあなた色の旗をあげましょうね!

自分の周りには、スピリチュアルな話ができる人がいません・・・
家族の理解も得られません・・・・

最近こんな相談をよく受けます。

どうぞ、「美湖企画」のイベントにいらしてください。
美湖企画のイベントは、どなたでもウエルカム。

大半が一人参加の女性や男性ですが、ご夫婦もいらっしゃいます。

みんな「好きな人と。好きな所で、好きな事をし、
人生を楽しく過ごす!


という私の思いに賛同するメンバーさんです。

ここは、自分と違ってもジャッジをしない
安心安全の場です。

「瞑想会」、「みこたび」、「スピリチュアルライフセミナー、」
入口がいろいろありますから、
好きな所からおはいりください。

http://miko-hitorijyanaiyo.jimdo.com/

さて、本題に戻り・・・

自分の周りに話せる人がいない・・・
家族の理解がない・・・

お気持ちよーくわかります。
10年前の私がそうでした。

でも私の中の「スピリチュアルの扉」はいつも、カタカタなって、開きたがっているのを感じていたのに、
私はいつもその扉をピタッと閉じていました。

周りに話せる人がいない・・・

そんな環境を作っていたのは「じぶん」でした。



それから、勇気をもって行動に出ました。

スピリチュアルなセミナーに行ってみました。
家族にも、友達にも、「見えない世界」に興味があると話してみました。

すると以外にも、どんどん、私の周りにそんな人が増えていきました。

こころの底から、好きな事をしていると、そのエネルギーの波動が広がって、
同じような人や物事を引き寄せます。

湖に投げられた小石の波紋は次第に広がって大きくなっていきました。

理解してもらおうという執着をすて、
まずは、ただ、「私はこんな人です!」という、私色の旗を揚げる勇気をもつ!
それが、第一歩。


そして、魂の声を聴き、自分を信じ、自分を愛し、進んでみましょう。
きっと気が付いたら、周りには、
あなたと同じような人がたくさんあつまっているかもしれませんね。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を


瞑想会で感じたこと・・・光の器と黄色い種

今日は月に一度の「瞑想会」でした。

今月の瞑想会は、新しい方も6人いらしてくださり、フレッシュな波動の中、さらに、この世に生まれてまだ6か月のNちゃんがママと

一緒に参加してくれました。

改めて感じたのは、赤ちゃんのピュアなエネルギーは本当にすごいですー!

Nちゃんのなかにまだ曇り一つないピッカピカな「光の器」が見えました。

私たちは、この世に生まれてくるときに、みな「光の器」をもっているのだそうですが、

生きているうちに、その器に、知らず知らずに、必要のないものをため込んで、

器は次第に光を失ってしまうのだそうです。

さて、その光を取り戻すのはどうしたらよいか?とよく皆さんにもきいてみるのですが・・・

私は、「光の器」が光らなくなったら、いったんリセット!


「器」をひっくり返します!

実際どうやって?

私だったら、日常を離れて「旅」に出ます。



Nちゃんのママとは、もう4年ほど前に不思議な出会いをしました。

ママとの出逢いは私がご案内したある旅でした。

その時受け取った、私のセミナーのチラシが、セミナー当日の朝、ふっと目に止まり、

ママはなぜか、どうしても、このセミナーに行かなきゃ…と思ったのでそうです。

そこで、ママは私と出会ってくれました。

出会いは、決まっていたように思います。

御縁」とはそういうものですね。

その時に、まだ、Nちゃんは、ママのおなかの中にもいなかったのに・・・

私は、その時、ママの中に「黄色い種」をみたので、そのことをママにはお話しました。

その「黄色い種」が、Nちゃんだったんだなあと、

今日Nちゃんに初対面して、はっきりわかりました。

Nちゃんは、太陽のように明るく、中心になってみんなを照らす子になるでしょう。



さて、「瞑想」…みなさんは「瞑想」と聞くとどんな感じを受けますか

「瞑想」「本当の自分と向き合う時」

何かが見える、感じる、メッセージを受けるそれも素晴らしいですが、

なにより、普段頑張っている自分にご褒美をあげる休息の時

そして、本当の自分とお話ができたららいいですね。


今、あなたは誰とどこで何をしたい?

何をしている時が幸せ?


それがわかったら、迷わずに

そんな時間を意識して、人生の中に増やしていきましょうね。

そして「好きな人」と「好きな時」に「好きな所」で、「好きな事」をする人生を歩んでいきましょう。



ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を




見えない赤い糸は…実はずっと前からつながっていたのでしょう♥

週末は大抵お仕事なのですが・・・先週に引き続き、今週も週末のお仕事は思い切ってお休み・・・

そして今日は「鎌倉」に小旅行してきました。

そもそも鎌倉に行った理由は、美湖グループのJさんとMさんのお披露目パーティでした!

J&Mさんは、昨年出会あい

7月11日に電撃婚約をし、

今年の7月11日に入籍されたカップルです♥

なぜ、日にを正確に覚えているかというと、7月11日は、私の誕生日だからなのでーす。

その二人のパーティの前に、久しぶりに鎌倉を散歩をしました。


大仏に行き、胎内に入り・・・

長谷寺をゆっくり回り、心癒されました。


そしてお昼からパーティー会場へ♥

JさんとMさんは、とってもお似合いのカップルです。

二人とももともと素敵な方ですが、
婚約され、ご結婚されてから、さらに素敵になられました。

みんなに祝福され、幸せエネルギーの中、とても楽しい会でした。

ご招待ありがとうございました。


先日、ご主人のMさんとお話ししたとき、

「一緒になれたことにとても感謝している・・・」と話してくれたので、ぜひ、Jさんに伝えてねといいました。

Jさんも同様、「とても感謝しています」と!

素晴らしい!


愛は、「感謝」と「思いやり」と「尊敬」のきもちがあれば末永く続きますね。

喧嘩しても、それが、単なる「怒り」のぶつけ合いでなく、「愛」から出ている気持ちなら、すぐに仲直りもできますね。


赤い糸を結んでいた二人の薬指がとても素敵でした。

赤い糸・・・

実はずっと前から見えない赤い糸はつながっていたのでしょうね。


Jさん、Mさん本当におめでとうございます。

お二人の幸せをさらに周りの人にもシェアしてあげてくださいね。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

私がこの地球に来るときに決めてきたこと3つを思い出しました。

「好きな人」と「好きな所」で「好きな事」をする時間を増やしていきたいとそう常日頃思っているわたしですが・・・、

ついつい、仕事をしてしまう・・・私・・・です。(笑)

それは、好きな事が仕事だからなのですが、

やはり、仕事といえば、責任もつきまとうし、自分のことはおいてお客様を第一に動かないとなりません。

添乗員は、時に、御飯も食べず、眠らず、働かなくてはなりません。

だから、心や体は知らずにストレスも感じているかもしれません・・・


そこで、今回は、ツアー目白押し、添乗員引っ張りだこの稼ぎ時(笑)三連休を思い切ってお休みしました。

「心と体の休息」をとるために!


その一つが、スピ友Yさんの企画の「笑いのリトリート」でした。

Yさんとは、何年か前に、あるセミナーで出会いました。

明るくいつもポジティブなYさんとは、そのあとセドナに一緒にいったり、

御飯を食べたり、東京と名古屋との距離を感じず、ずっと仲良くしています。

そのYさんが、「笑いヨガ」なるものを初めてもう5年。

Yさんは笑いで世の中を変えようとがんばっています

すべては「笑顔でありがとう!」からと 常々思っている私もこれに大賛成!

今回はYさん主催の「笑いのリトリート」に初参加しました!

そして、その企画に協賛したのが、Jさん!

Jさんは、愛知県の山深いところに、陶芸家のご主人とともに自然に囲まれて静かに暮らしています。

今回初訪問でしたが、本当に素敵な所でした。
 

またまたJさんは、お料理が最高にお上手で家庭的。

Yさんの「笑いヨガ」に彩を加えます。


笑いヨガの間は、久しぶりに「腹を抱えて笑うってこのことだ!」というくらい笑いました!

笑いすぎて、顔の筋肉が痛くなるくらい…(笑)

そこで、瞑想の時間があったのですが・・・

私がこの地球に来るときに決めてきたことを3つ思い出しました。

その一つは、「幸せ」について知る…真の幸せとはどういうことなのかを体験する。
もう一つは「愛」いついて学ぶこと…こちらも、真実の愛とは何かを体験する。

最後は、やっぱり、「人生を楽しむ」ことでした。

 
私は・・・魂だけでなく、身体をもって、感情のある人間として地球に生きることを選び、

地球に行きたくて、喜んできたんだっけ・・・・そのことを思い出したら、なんだかなぜだかわからないけど涙が出そうになりました。

ワクワクしながら来たのに、この地球の人生は、楽しいことばかりじゃないし・・・

辛いことや悲しいこともたくさんある・・・

でも、全部が私自身が「体験」したくて、設定してきたことだし、

いろいろな気持ちを体験して、人生を楽しむために来た!事を思い出しました。


笑いのリトリートは、スピ友たちと、たくさん笑って、しゃべって、おいしいもの食べて、大好きな温泉に行って・・・

一瞬一瞬が、「幸せ」で、その連続でした。


好きな人と、好きな所で、好きな事する人生

「心も身体も元気になった」本当に幸せな1日でした。



素晴らしい企画をし、声をかけてくれたYさん、

おいしいお料理を作って泊めてくれたくれたJさん、そしてJさんのダーリンのMさん

本当にありがとうござました!


日常に戻った今も、一瞬、一瞬、「幸せ」の時を重ねていきたいと思います。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて

そして心に花束を



魂が繋がっている人とは、会えなかった「時間」は関係ありません

みなさま 三連休はいかがおすごしでしたか?

私はたっぷりと「好きな人」と「好きな所」で「好きな事」してきました!

こころが満たされていると本当に「幸せ」です。


まずは、17日は月に一度の「みこたび」の日でした。

今回は愛知県へ!

熱田神宮のリクエストを以前からいただいていたので、熱田神宮と豊川稲荷を皆様と参拝いたしました。


伊勢神宮はもう300回近く参拝していますが、私は熱田神宮も私大好きです。

熱田神宮は、熱田の大神ご祭神、草薙の剣をご神体とし天照大神をお祀りしています。


本殿をお参りした後は、大好きな「心の小路」へ・・・

本殿をぐるりと一周するこの小路には、数々の美湖おすすめスポットがあり、皆様と一緒に歩きました。

生きていると、少しずつぶれてしまったりする「こころの軸」をセンターに戻しながら、ゆっくり歩きました。


ところで、今回の「みこたび」は、ゲストが二人参加してくださいました。

まず一人は、大学の時、同じサークルだったHさん。

FBでつながってはいたものの、お会いするタイミングが合わず時が過ぎ

本当に、大学卒業以来の●●年ぶりの再会となりました。


Hさんは、大学の時、とっても仲良しでした。

でも卒業してからは一度も会うこともなく、あれから●●年・・・


●●年という時がながれた今、再会は本当に感動的でした。懐かしくて、ぐっとこみ上げてくるものがありましたが、

お互い、きっと、それほどの時間の隔たりを感じなかったのではないかなと・・・思ってます。


「人生、いろいろあったよね…うん、本当にいろいろあった…でも、こうやってまたお互い元気であえてよかったね!」

そんな話をさらりとして「また会おうね!」とHさんとは笑顔でわかれました。

Hさん、ありがとう!

これからもお互い「笑顔でありがとう」の毎日を送りましょうね。


もう一人のゲストは、スピ友のYさん。

Yさんは、笑いヨガのインストラクターで、笑顔がとびっきり素敵です。

Yさんのよいところは、何事にもポジティブで、豪快!くよくよしません。

私の妹分なのですが、お姉さんのようにしっかり者です。

Yさんともは、始終会っているわけではないけれど、本当にいつも会えなかった「時間」も離れていた「距離」も感じることなく、楽しくお話しできるのです。

結局・・・・魂がつながっている人とは、会えなかった「時間」とかあまり関係ないみたいですね。

Yさん、ありがとう!


こんな二人のゲストが、さらに私の週末を楽しくしてくれました。

その後、「好きな人」と「好きな所」で、「好きな事」をする時間はまだまだ続きましたよ!


この続きはまた次回にね!


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて

そして心に花束を

一歩又一歩・・・新たに前へ進める自分になれる時

今日は、箱根九頭竜神社月次祭のご案内でした。

元箱根から遊覧船にのり神山桟橋から芦ノ湖を左に見ながらゆっくり歩くこと5分

雨の中、九頭竜神社本宮の前は、大勢の人でにぎわっておりました。


月次祭は月に1度のとても大事なお祭りですが、

私は、普段の九頭竜神社が好きです。

芦ノ湖畔にひっそりとたたずむお社、本殿前にたち、一人内省するのはとても気持ちが落ち着きます。

静寂の中、ゆっくりお参りするのもおすすめです。



今日は、Mさんがツアーに参加してくださって一緒にお参りしました。

去年からずっとつらい時を過ごされていたMさんですが、

「やっと、美湖さんと九頭竜神社にお参りができました。これからは、好きなことをたくさんして楽しみます」と、
とても喜んでくださいました。

実は、Mさん、辛いだろうな…と思って、昨年から何度かお声をかけていたのですが、

その時はMさんは、外出する気持ちになれなかったようでした。

人は、自分の中で、納得しないと、前へはすすめません。

誰がなんと言おうと、悲しいときは悲しいし、つらいときはつらい・・・

その感情と戦い、そこから自分で抜け出せた時、

また、新たに一歩前へ進める自分になれるのだと思います。


この世に生があるということは、

私たちは、生かされているのです。


まだまだ、やるべきこと、魂が体験したいことがこの世にあるのです。

だから、もっと、もっと幸せになるために前へ前へ進みましょう。



今日は、Mさんが、少しずつ元気になっていることを感じとてもうれしく思いました。

九頭竜の大神様もきっと、願いをきいてくださるでしょう。

Mさん、これからも共に歩いていきましょうね。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

「愛」ってなんですか?

先日、夫婦木神社姫の宮の宮司さんと、久しぶりにゆっくりお話しする機会がありました。

もうご存知の方も多いと思いますが、
夫婦木神社姫の宮の宮司さんとの出逢いは、とても不思議でした。

私がご神水で描いた、十二単を着たお姫様が、結んでくれた「ご縁」でした。

お姫様は、姫の宮に戻りたくて
私を通して描かされたとしか思えない不思議な不思議な出来事でした。


あれから4年・・・

今もお姫様は、姫の宮に大切に飾られています。

十二単を着たその姫君は、宮司さん曰く、「前世の私」なのだそうですが、
姫は私が訪れるといつも、キラリと光って私を迎えてくれます。
 
今回も、絵の前に一人佇んでいると、
「いまのままでよろし」とのメッセージを受けました。

仰せのとおり、わたくし・・・ほんらいのじぶんにもどり、人生をたのしんでおります。


いつも、お忙しくされている宮司さんなのですが、
今回は、二人で、「宇宙」、「愛」について語りました。

皆さんは「愛」とは、なんだろう?と考えたことがありますか?

愛の定義ってなかなか難しいけれど・・・

宮司さんは

「愛は、自由なんだよ。」とおっしゃっていました。

愛は自由と言っても、ちょっと抽象的ですね。



愛は正直である。

愛とは、無条件に人々を思いやること

愛とは、自分のことのように、相手のことを大切に思うこと

愛とは、お互いの魂の「学び」を助け合うこと

愛とは、感謝・・・


いろいろお話しました。


そして、

「愛」って・・・
まず、自分自身が自由であり、相手の自由も尊重し、

自分を愛してくれている人たちがいることに感謝しながら、

パートナー、家族、友人たちとの関係を楽しむこと。

そんな話に落ち着きました。



みなさんは、「愛」についてどう感じますか?


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を



今日も笑顔でありがとう! スピリチュアルな生き方とは・・・?

富士登山を経験して・・・本当に人生観が変わりました。

経験は宝です!

3200Mまで登ったんだから、多少辛いことがあってももうあきらめなーい!


今日はブログにうれしいコメントいただいたのでシェアさせていただきますね。

「美湖さんと出会ってから、やりたいと思ったことは、とりあえずなんでもやってみるようになりました!」

T さんとは、もう出会って3年くらいたつかしら?
たまに、近況を報告してくださるのですが、
今回は日本語ボランティアを始めたそうです。

Tさんは、いつもいろいろなことに興味おアンテナを張っていて、行動されている素敵な女性です!
だからいつも応援しています!
がんばってね。Tさん!


もう一人は、旅行の専門学校の生徒のOさん。

『 美湖先生の授業もそうですが、ブログもとても励まされる内容でしたので、一言お礼が言いたくて、コメントさせていただくことにしました。

先生には、 仕事そのものより生き方についてアドバイスをいただいたように思います。
こんな生き方(考え方)、いいなと思いました。』

Oさん、それはとてもうれしいです。

私は、授業を通して、みなさんに、
「好きなことをして幸せになろう!」という、メッセージをいつも送っているつもりです。
生徒さんがそれを受け取ってくださったら本当にうれしいです。


さらに、Oさんは・・・
『美湖先生のブログもほんとにすてきです。
なんだか胸が熱くなりました。 とっても励まされるブログです。

今からでも遅くない、やりたいことに挑戦してみるのもいいんじゃない!って、なんか背中を押していただいた気分になりました。』

Oさん、そう、そう。
おそすぎること、なんてありません。
やらなくて後悔するなら、やってみてね!
やってみて、どう感じるか、それが大切
です。

結局は、できるかできないかではなく、やるかやらないかだけです!


そして、Oさんは、スピリチュアルについてこう感じてくれました。

『美湖先生、スピリチュアル」ってこういうこと? 

何かわからないですが、不思議な力をいただいたり、安らぎをいただいたり、気持に寄り添ってもらえたりすることなのではないかと思えたりします。

先生の不思議な魅力ですね。
今度先生の添乗されるバスツアーに絶対参加させていただきたいと思っています。』
 
Oさん、とっても嬉しいですよ、ありがとうございます。

私のスピリチュアルな生き方って、一言でいうと、
「生かされていることに感謝の気持ちをもち、一瞬一瞬を大切に生きること!」
笑顔でありがとう!の毎日を送ることなんですよー。
 

その波動が、周りの人に伝わり、「何かわからないですが、不思議な力をいただいたり、安らぎをいただいたり、気持に寄り添ってもらえたりする・・・・」と感じてもらえたらうれしいですね。

まだまだ私も修行中ですが。
感情があるから、この地球上での修行は厳しいですね。

でも、楽しいこともたくさんあるから、
これからも、笑顔で顔晴りたいと思います。



一緒に歩んでいきましょうね。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

初めての挑戦 Part2 富士は日本一の山!午前0時 真夜中の決断・・・

五合目2300Mから八合目先の3200Mまで、

1日目は、6時間かけて富士山を登りました。


上へ上へと登る動作も大変なのに、空気はどんどん薄くなっていくのです。

体中が酸素不足を訴えているのが感じられました。

3年前、ハワイ島のマウナケアの頂上(4205M)まで行ったときは、ちょっと走ると頭がくらくらしたのを覚えています。

明日、大丈夫かな?

そんな軽い不安が頭をかすめましたが、いやいや大丈夫!と夜8時半すぎ、山小屋で休みました。

外は雨が降り出し、時々、激しく風も吹きつける音が聞こえました。

疲れているのに、うとうとするとまた起きてを繰り返し、3時間くらいの仮眠


真夜中0時、いよいよ出発の時間です・・・

外は雨と風がさらに激しくなっていました。

大丈夫かしら?


「残念ながら…」 ガイドさんの声に、緊張が走ります。

「山頂が突風の悪天候で落石の危険性が高い事と、台風の影響で天候が不安定のため、

安全を第一と考え、本日ここから先への登頂を中止とします。」

「・・・・・・・・」

正直・・・その時は、ほっとした気持ちと、残念無念の気持ちが入り乱れていました。


真夜中出発時は、雨風が本当に激しく、この中を出発するには不安がありました。

でも、3200Mまで、苦労して登ってきたことを考えると、頂上まで行きたい!という気持ちがもちろんありました。

ただ、頂上まででといっても、この先まだ標高差500M以上あり、しかも山頂は真冬並みの温度。

安全を第一に考えた苦渋の決断・・・

この悪天候の中、山小屋の方とガイドさんの判断は適切だと感じました。


そして、ここまで登ってこれただけでもすごいよーと思えました。


また少し仮眠をとり、5時起床。

無念にも山頂まで登頂できなかった大勢の人達が、眼下の雲の色が変わっていくのを見つめていました。

みな様々な思いで、御来光の瞬間を心待ちにしています。

雲海の一部が明るくなってきました。


5時20分

太陽の光が一筋・・・サーとあたりを照らしました。

アマテラスオオミカミ 

心の中に自然と浮かびました。


言葉では言い表すことはできませんが、

なんだか、ありがたくて涙が出ました。



頂上に立つことはできなかったけれど、守られてここ3200Mまで来ることができました。

今回は…これでよかったんだと思いました。


5時50分 下山開始

下りは気持ちの上でも体力的にも本当に楽でした。

ゆっくり下ること3時間半

無事に、9時半には五合目に到着。

やったー!

笑顔で戻ってくることができ…本当に感激でした。



実は・・・

私は7合目までは、小学生の時に登ったことがあったのでしたが、

子供なので、大変なんて全く思わずに、軽々登っていたと両親に聞きました。


今回、ガイドのTさんにお声をかけていただき、

富士山初山頂を目指しました。

Tさん、ありがとうございました。

おかげさまで、申年に富士山にのぼれたので、よりご利益をいただけるとのことで感謝しています。


富士登山を体験して感じたこと・・・

富士山はやっぱり厳しい山だということ。

外見はあんなに美しいのに、内面は厳しい!


もう一つは「辞めることを決断する勇気」も時には必要だということ。

安全第一、生きていたらまた再挑戦できます!




富士山の頂上に立つことは今回はできなかったけれど、

美しい富士山の姿を見るたびに、今後いつも思うでしょう。

あー、私は、あの山の八合目3200Mまで登ったんだと!


また、チャレンジしたいかと聞かれたら・・・?

今は、次期、庚申御縁年2040年は無理でしょう!とお答えしておきます(笑)

でも2016年、丙申年に、御縁をいただき、富士山の登れたこと、とても幸せでした。

応援していただいたみなさん、ありがとうございました。



あたまを雲の上に出し

四方の山を見おろして

かみなりさまを下に聞く

富士は日本一の山


青空高くそびえたち

からだに雪の着物着て

かすみのすそを遠くひく

富士は日本一の山



ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて

そして心に花束を

初めての挑戦 Part1 コノハナサクヤヒメ…と唱えると身体がふわっと軽くなりました。

2日間かけて、富士山、登ってきました!

まず、一言でいうと・・・
富士山は私にとっては、厳しい山で、「楽しい」の「楽」の域ではなく、忍耐の「耐」域でした。

でも、「富士山に登る」ということをこの世に来るときに決めてきた自分に拍手!
この体験ができたことに、本当に感謝でした。


今日はそのPart1を皆様にシェアさせていただきます。
美湖さん、がんばって!お話し教えてくださいねとメッセージいただいた皆様ありがとうございました。

11時すぎ、バスで五合目到着。一気に2305Mまで上がってきているので体を慣らすために1時間滞在。

12時15分、いよいよ登頂開始。
ワクワクドキドキ!
ガイドさんが、「苦しくなったら、たくさんお水を飲んで、息をできるだけ遠くに細く長く吐いてから大きく吸って!」を繰り返してと。
おっ!これ瞑想の時と一緒だ!なーんて思いながらこの時はまだ余裕のスタート(笑)

歩くこと40分・・・

六合目到着(2400M)ここまでは足慣らしという感じでまだまだ余裕。

途中何度か休憩しながら登ることさらに100分・・・

七合目到着(2700M)

森林限界が過ぎ・・・草木がなくなり・・・・

細かい噴石の道をどこまでも、上へ上へと登ります。

空気はどんどん薄くなり、体が酸素不足を訴え始め

しかも、難所の岩場が現れ・・・

いやー無理でしょ?

でも、ひたすら、上へ上へ。

苦しくなると、呪文のように、

コノハナサクヤヒメノミコト、コノハナサクヤヒメノミコト…繰り返しました。

すると、本当に不思議なのですが、身体が、ふわっと軽くなるのです。


登ることさらに150分

八合目到着(3040M)

空気はさらに薄くなり・・・
それでも上をめざし、足を運びます。

一歩、また一歩。

1日目の最終目的地は、本八合目(3370M)の手前の白雲荘。

ところが、白雲荘の手前には階段が・・・

ひえー・・・うっそー。

限界・・・
いやいや、自分で限界を作っちゃダメダメ・・・


ここを登り切ったら山小屋です!

コノハナサクヤヒメノミコト、コノハナサクヤヒメノミコト、コノハナサクヤヒメノミコト

6時15分、3200Mの山小屋に到着!

五合目から登ること6時間。
やったー!2300Mから3200Mまで、標高差約900M登り切りました!


あー、しんどい・・・・これが正直な感想

山小屋で夕食をとったあと、仮眠へ。
夜中の0時にいよいよ山頂を目指しての登山再開です!
つらかったけど・・・八合目まで達成。

すごいよ!今日は3200Mまで登れたよ。
明日もがんばろー。
コノハナサクヤヒメノミコトサマ、ありがとうございました。


目指すは山頂3776M!!

そう思ってその日は休みました。

この続きはまた明日かきますね。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

うまれてはじめての挑戦! 丙申(ひのえさる)の年である今年は小御縁年で縁起がよいそうです。

いよいよです。明日は、富士山頂上をめざします。

えー?美湖ちゃん大丈夫?という声が聞こえてきそうです・・・・

山ガールではないので、実はちょっと心配です・・・

でも、優秀なガイドさんがついているので大丈夫でしょう。

先ほど、ガイドさんと連絡とり、

「迷惑かけないようにがんばります」と、言ったら

「全く心配していません!」と・・・

いや・・・心配してよ・・・(´;ω;`)


“富士山は申年に登ると縁起がいい”と言われているのを皆さんご存知ですか?

富士山には、“庚申(かのえさる)の年に一夜にしてあらわれた”という言い伝えがあることから、

60年に一度の庚申の年を庚申御縁年(こうしんごえんねん)というそうです。

この御縁年に富士山に登ると、一度の登山で60回分のご利益があるとも言われています。

次の「御縁年」は2040年です。

でも、12年ごとの申年も、「小縁年」といって、やはり他の年よりも縁起がいいんだそうです。

丙申(ひのえさる)の年である今年は、この小御縁年の年にあたり、

奥宮と久須志神社でそれぞれの神社の特別御朱印がいただけるそうです。


かねてから富士山には一度は登ってみたいなとは思っていました。

次の庚申御縁年2040年はムリなので…申年の今年は絶好のチャンス!

とは、おもっていなかったのですが・・・(笑)

お声をかけていただき、初挑戦です!

これもお導きかなあ・・・

かねてから、美湖さんは、木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)にご縁がありますよと言われていること、

今年6月に、山の神で、木花之佐久夜毘売命の父上にあたる大山祇神(おおやまづみのかみ)が夢に現れたこと、

やはり、「今」富士山に呼ばれているような気がします。


八合目から上は、浅間神社のご神域。

楽しみです。

さて、どうなることか・・・・

また、ブログで報告させていただきますね。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

迷ったらまず行動!大切なのは、自分にはできるかできないかではなく、 自分がやるかやらないかだけよ!

今日から9月ですね。今年もあと4か月です。

みなさんは、なりたい自分になれていますか?

残りの4か月をどのように過ごしますか?

私は、これからも、目の前に起こること一つ一つにベストを尽くしていきます。

明日どうなるかは、誰にもわからないから、

毎日、一瞬一瞬を後悔しないよう「今」を大切に生きていきます。



9月初日

うれしいことが3つありました。

まず一つは・・・

今日は旅行の専門学校での授業の日でしたが、

2年前の教え子が学校を訪ねてくれて、現役生の前で体験談を話してくれました。

「僕は、美湖先生がおっしゃったことで今でも忘れられないことがあります。

先生は、将来のことでいろいろと迷っていた僕に、迷ったら、まずは行動してみてね。

一歩踏み出さないければ何もはじまらない。自分にはできるかできないかではなく、

自分がやるかやらないかだけよ!
」とおっしゃったんです。

その言葉に押されて僕は添乗員になりました。

確かに…そう言いました。
でも、その言葉を覚えてくれたのは、本当にうれしかったです。

Fさんは、今では立派な添乗員になり活躍しています。


二つ目のうれしかったこと・・・

今日は「美湖スピリチュアルライフセミナー」の日だったのですが、

国家試験前ににも関わらず、生徒さんがたくさん参加してくれました。

プラス、セミナーの半ばころ、ノックをして教室に入っていらしたのは、Mさん。

「昨日、美湖さんのブログを読んでいたら、美湖さんに会いたくなって、仕事の後にきてしまいました!」

Mさん、突然のご参加、本当にうれしかったです。

人生いろいろあるけれど、やっぱり、目の前におこること、一つ一つにベストを尽くし、前へ進んでいきましょうね。


「美湖さん、楽しかったです。また来てもよいですか?」先日伊勢神宮ツアーでお客様としてお会いしたばかりのYさんも

笑顔で参加してくださいました。

お忙しい中、セミナーにご参加くださったみなさん、本当にありがとうございました。


3つ目のうれしかったことは・・・

昨日もブログに書いたHさんのことです。

『まずは自分のことから

自分のことが出来なかったら、人のこと考えられないから

自分の人生絶対あきらめない』

Hさんは、思い切ってそう彼女に伝えたそうです。

そしたら、彼女からお返事がきたそうです。

ほっ!よかったわー。

『不安でしたが、糸はしっかり繋がってました

ちょっともつれてましたが…』とHさん。

真実の愛は、時間がかかったとしても必ず結ばれます。

よかったね♥

私は、誠実で、真剣で、一生懸命の人が大好きです。

一生懸命の人は応援したくなります。

目の前のこと一つ一つ…ベストをつくしましょう。

そして一緒に幸せになりましょう。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

プロフィール

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR