運をよくする方法…運は買えるんです!コレを知ってもっと幸せに💛

今日は久しぶりのOffでした。

東京は秋晴れの晴天で、マナルナと森をお散歩しました。

至福のひととき💛💛


さて、皆さんは、「運」をよくする方法って知っていますか?

誰だって、「運よく」 なりたいですよね!

実はその「運をよくする方法」ってあるんですって。

今日は、最近読んだ「運をよくする」方法をシェアしますね。


まずね、「運」は「買う」ことができるんですって。

それはね、神様からいただくお金、(実際は「見えないお金」)で買います。

この世には、「お金」というものがあり、

私たちは、お仕事をしてお金(「現実のお金」)をいただきます。

見えない世界にもお仕事があって、

神様のお仕事をすると、「見えないお金」をちゃんといただいています。

皆さんは「見えないお金」をどのくらいいいただいていますか?


その「見えないお金」で、現実のお金では買えない「運」が買えるのだそうです。


では、その「神様のお仕事」ってなんなんでしょう?

それは・・・

自分のことだけでなく、人が幸せになるためにすること

人の幸せのために働いて、それが無償の時、

神様からちゃんと「お金」が支払われている・・・


これを一生懸命やっていると、突然ボーナスもでて、それをつづけていると

「運」もどんどんよくなっていくようです。



「運」がよい人=「神様が喜ぶことをしている人」のようですね。


神様がお喜びになるお参りの方法』

美湖スピリチュアルライフセミナーでもお話ししています。


http://tc-college.jp/course/tracon_goto.html

ぜひ、いらしてくださいね。

10月は25日(火)と30日(日)、11月は10日(木)と27日(日)です。



たった一度きりの人生、どうせなら「運」もよくして(笑)

更に幸せになりましょう。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を
スポンサーサイト

「再会」が続くわけは・・・?

「みこさん?」
添乗中のサービスエリアで、私の名前を呼ぶ声に振り向くと・・・

Tさんが、ニコニコ笑って立っていました。

Tさんは、私の旅のお客様で、以前はよく一緒に旅をしたり、セミナーや「瞑想会」にもきてくださいました。

ある日、私が講師を務める旅行の専門学校でばったりお会いし、話を聞くと
添乗員を目指していると!

その後無事に試験にも合格し、プロの添乗員になったとの連絡をいただいてから何か月かが過ぎていました。

会えなくても、私はTさんをずっと応援していましたが、実際、現場で会ったのは初めてで、

立派な添乗員になり頑張っているTさんに出会い本当にうれしかったです。

久しぶりの再会でした。


「再会」

これは、私の今のキーワード

最近うれしい「再会」がたくさん続いています。

9月…大学卒業以来の再会をした友人Hさん

関西のスピ友たちとも久しぶりに再会しました。

10月・・・これまた、大学卒業以来の再会友人Sさん

先日九頭竜神社月次祭で3年半ぶりに再会したNさん

前職でお世話になっっていた添乗員のKさんとも久々の再会をしました。

なんだかここのところうれしい「再会」が、不思議なくらい続いているのです。


それは・・・
私の中のとまっていた「なにか」がまた動き出したような感じです。


これは、本当の意味で、過去のいろいろな事柄に関する「執着」を手放せたからのような気がします。

だから「こころ」がかるくなり、また、気持ちも回りだした気がします。


頭で考えてもどうにでもなるものではないし

だったら、起こることをそのまま受け止めて、流されてていけばよいと

こころでわかりました。


そしたら、「願い事」もなくなりました。


「なるようになる なさねばならぬ なにごとも」

まだ起こってもいないことを心配しても仕方がないし

今、目の前に起こることに一生懸命向かう…それだけです。

その積み重ね・・・

あとは、

いつもどんな時も、「行かされていることに感謝」のみです。


一瞬一瞬が「笑顔でありがとう」になったら、生きることが更に「楽」になりました。



「再会」が続くのは、私の「こころ」の変化と関係があるように感じます。

この後どんな「再会」が起こるかワクワク、楽しみです。

一緒にしあわせになりましょう。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

「カエル」の意味と天からの光

今日は、三嶋大社と富士山本宮浅間大社のご案内でした。

まずは三嶋大社を参拝。

鳥居からまっすぐに続く参道を歩くと、本殿からの強い気の流れを感じました。

お参りをさせていただき、本殿にたって、逆に歩いてきた鳥居の方を振り返ると

本殿からのものすごい強い気が放射線状に広がっていて、

迷いを断ち切る、力強い、男性エネルギーを感じました。

三嶋大社では、物事を「選択」し「決断」しそれを行動に移す「勇気」をいただきました。


そして、次に、富士山本宮浅間大社を参拝

こちらは、明るく華やかで優しい女性エネルギー

ゆったりとした気持ちで、リラックスできました。


浅間大社で、御朱印をいただこうと、お財布を出したときのことです。

先日、大山阿夫利神社で引いたおみくじについていた、開運招福守の「カエル」が、

ぴょんと財布から飛び出してきました。

なんで?

でもその「カエル」を見ているうちにふっと感じたことがありました。

最近の私の「心の変化」です。

そして思い出したのが、先日、九頭竜神社で再会したNさんのメッセージでした。

【自分の心を「カエル」ことができ、

その心の経験を伝えることで、

人の「心」を「変える」ことができるんだと…】
 
Nさんは続けてこう言っていました。

【私はね、「貴船神社」に行った時と、

この間の「椿大神社」に行った時に、

なぜか?「カエル」と遭遇しました…

突然、現れたんです…なぜ?

「カエル」に神社で遭遇する時ってね、

「カエル」→「かえる」→心に「帰る」こと…
そして、気づいて、自分の心を「変える」こと…


そういうことなんです…

「頭」で知る経験ではなく、

「心」で気づく経験をしてこそ


自分の心を「カエル」ことができ、

その心の経験を伝えることで、

人の「心」を「変える」ことができるんだと


なんだか「気づく」ことができました…

「心」の人たちに「感謝」です…】


分が気づいて「変わる」ことができないと、

相手を「変える」ことはできない・
・・・その通りだと思います。


三嶋大社と富士山本宮浅間大社で、「陰」と「陽」のエネルぎーをバランスよくいただくことができ、

「カエル」の意味も心で感じることができ、今日もとてもよいお参り日和となりました。

帰りにふっと、天を見上げると、上空にぽっかりと空間ができており

そこから、美しい光が降りていました。

とても、とても神秘的な光でした。(FBに載せました)

それは神様からの「そのとおりです」という「サイン」のように感じました。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて

そして心に花束を

みこたび 「大山阿夫利神社」Part2 神様からのメッセージ


今日は昨日のつづき・・・

みこたびで参拝した 「大山阿夫利神社」でいただいた神様からのメッセージです。


6月に、夢のお告げ通りに導かれ、お参りした時にいただいた「神様からのおことば」

真摯に受け止めて行動したので、

「今」の自分があるように思います。

あれから4か月後、では、「今」の私に必要なメッセージは・・・?


「今」の私に必要な神様からのおことばをいただきたいと思い、今回もまたおみくじを引いてみました。


私は、「おみくじ」はめったにひかない方なのですが、

6月の時のように、神様からのメッセージを受け取る必要があると感じたときは

気もちをまっさらにし、

「今、私に一番必要なメッセージをいただけますように」と祈り、

「神様からのお言葉を真摯に受け入れ前へ進みます」と誓って、おみくじを引きます。

はたして、今日のメッセージは?


まず、番号は 「第五十番」、これは気に入りました。

なぜかというと、「ごとう」だから(笑)

運勢は 中吉

さて、いよいよ、おみくじの本題です。

メッセージは、「心を決めて、いろいろと騒がず迷わず、今までのことをつとめればよし」でした。

だから今までのように、目の前のこと一つ一つにベストを尽くしていけばよいんだと感じました。


先日大神神社登拝したときに降りてきたメッセージも「いまのままでよろし」だったので、

これでいいんだなと確認ができました


おみくじについていた開運招福守りは「蛙(かえる)」でした。

「無事にかえる」
「元のようになる」
「旅や外出先から安全に帰る」
また「悪いことも、よいことに変わり、財布から出て行ったお金ももどってくる」

というものでした。

私は添乗員なので、旅にはよくいくし、外出がおおいので、これは、ありがたいメッセージと感謝していただきました。


神様は、私たちのこと一人一人をよく御存知で、素直な気持ちで願えば、必ずお答えをくださいます。

それが、自分の望む「答え」でなくとも、それを真摯に受け入れて、抵抗せずに流れのままに受け入れる

そんな勇気をもって歩みたいと感じました。


一緒に幸せになりましょう

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて

そして心に花束を

「10月みこたび 大山阿夫利神社」 神様、龍神様、天狗様

今日は10月の「みこたび」の日でした。

「みこたび」は、みなさんと一緒に、月に一度、神社仏閣を中心に楽しんでいる「美湖旅・楽旅」の通称です。

今日は、「大山阿夫利神社」。


大山阿夫利神社は、6月に不思議な夢を見て導かれ参拝して以来、皆さんをご案内したいと思っていた神社でした。

今から4か月前の6月、私は迷いの中にいました。

ある日寝付かれず、浅い眠りの中・・・

仙人のような神様が現れ、「私のところにきなさい。答えはすぐわかるだろう」と言われました。

私が「どこですか?」と必死に尋ねたのですが、その方は、答えずに、すーと山の中に消えていきました。

その時感じたエネルギーは、「仙人(神様)」「天狗」そして「龍」。

最初にうかんだのは「鞍馬山」、次に「高尾山」でした。

でも、そのどちらも何かが違うような気がしていたところ、偶然遊びに行く約束をしていた友人が住んでいたところが、伊勢原で、

その友人が連れて行ってくれたところが「大山阿夫利神社」でした。


霧の中現れた本殿は、まさしく夢にみた「大山阿夫利神社」、境内を回ると、「天狗」も「龍」も見つけました。

その時いただいた神様からのメッセージ(おみくじ)どおりにした結果、今の自分があります。

神様のメッセージを受けることがなかったら、私は違う道を選んでいたと思います。

今思えば、そうしなくてよかったと感じるので、神様のメッセージをしっかり受けることができたことに感謝でした。


そして、今日、そのお礼参りと、皆さんにも、大山阿夫利神社で、「心の軸」をセンターに戻し、内省する時間を持ってほしいと思い

ご案内いたしました。


ケーブルを降りると、参道は長い階段が続いています。

それは、地上から天に一段一段昇っていくような感覚がしました。

みんなでお参りをしてから、お水取りができる入口から入ると、本殿の真後ろに回ることができます。

本殿の真後ろは、龍や、太刀の彫刻が収められており、ものすごいエネルギーでした。

みんなで、心願成就のお灯明をあげ御祈願しました。


夢に出てきた「天狗」さんにも忘れずにご挨拶。

今日も「神様」「龍」「天狗」にしっかりお参りさせていただきました。


その後は、二重の滝まで山道を歩き、龍神様にお参りしましたが、こちらのエネルギーも気持ちよく、

いらないものをすべて落としてもらったようで、浄化し、清々しい気もちになりました。


雨降り山とも言われ、霧のベールに包まれている日が多い阿夫利神社のようですが、今日は、境内から江の島まではっきり見えました。

帰りは、「伊勢原神宮」にたちより、外宮と内宮もお参りできました。

楽しい1日を過ごすことができ、皆さんに感謝でした。


あなたも「好きな人」と「好きな時」に「好きな所」で「好きな事」をする人生を共に送りませんか?

次回の「みこたび」は、11月6日(日)日光を予定しています。


あしたは、大山阿夫利神社からいただいた神様からのメッセージのお話をシェアしますね。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて

そして心に花束を

不思議な不思議なお話 Part2 なぜ今、九頭竜神社で? 

今日は昨日九頭竜神社月次祭で起こった「不思議な不思議なお話…九頭竜様のお遣い」の続きです。

今日初めてこのブログを読まれる方は、昨日のブログから読んでいただけるとよりわかりやすいです。

「美湖さんに、今日、この場所で会えることは、わかっていました。

お伝えしたいことが、たくさんあります。だから今日ここにきたのです。」

「考えるのではなく、心でかんじてくださいね」
N さんはごく当たり前の顔をして、私にそういいました。


Nさんとの不思議な出会いから、3年以上もの年月が過ぎていました。

あれ以来、連絡をとっていないのに…なぜ?」そして今?


Nさんはなぜ私の前にまた突然現れたのでしょう?

「美湖さん、あなたに、今、伝えたいことがたくさんあります。」そうNさんはいいました。

3年前のあの時の私には、わからなかったであろう何か・・・

「今」なら、きっと「感じる」ことができる、何か大切なメッセージがあるのでしょう。


Nさんは、こういいました。

『美湖さん、今日はね私は「心のコンセント」をつなげに来ました。

「十→テン→天」とのジャックをつないだんです。美湖さんの「光」が「心の光」がもう点ってます。

天からのメッセージはね、純粋に「心」と繋がります。

これから、私が天照大神様のメッセージを美湖さんに伝えていきます。

最初は、頭で考えて「なんで?」でも、ちゃんと心は「そっか!」となり、どんどん「心の扉」が開いていきますからご安心を!

美湖さんが心で「そっか!」と気づいた真実を、今度はほかの人たちに教えてくださいね。

私は、伝える人で、あなたはそれを伝えながら教える人ですから。』



Nさんと久しぶりに、いろいろとお話をしていると、多くのことがシンクロし、不思議を通り越して笑ってしまうほどでした。

「心の扉」

このキーワードも、2、3日前に心友に、最近ね、何かが違うの・・・

なんだか新しい「心の扉」がひらかれる感覚なんだよねと話したばかりでした。

Nさんは、その「心の扉」の「鍵」を持ったメッセンジャーなのです。


『美湖さんが知らない、(美湖さんは知っているのに気づいていない)真実の世界について、

これから、またメッセージします。

だからどうか「心」で感じてくださいね。

これからが始まりですよ。美湖さん!』


はあ・・・

それは、九頭竜の大神様が、Nさんを通して伝えてくださったメッセージのように感じました。


Nさんは、降りてくるメッセージを「流れる水」のように、止まらずしゃべり続けます。

Nさんの話を聞きながら、今、その話を聞いていることが、なんだか夢のような現実のような、その狭間のような・・・

不思議な気持ちになりました。


とにかく、Nさんは、私に「伝えなくてはならないこと」をキャッチしていて、

今の私が「心で感じる」ように伝えてくださるようなのです。

おそらくですが・・・天からのメッセージそのままを 私はまだ直接受けるには、何かが邪魔しているのでしょう。

それが、私自身が忙しすぎるためなのか、まだまだ、心で感じるキャパがないのか、

波動が違うのかはわかりませんが・・・

とにかく、Nさんがその仲介のお役目を与えられているように感じました。


「これからが本当の始まり」

魂ではわかっていることを 実際体を持ったこの人生で、紐解いていく日々が始まる気がして、なんだかワクワクです。

Nさんとの、突然の、しかも、九頭竜神社での再会

世の中には、予期せず起こる不思議な出来事は、本当にあります。

それは「時間や空間を超え」一瞬にして形になって現れます。

あなたが見えない世界のつながりを信じてさえいれば・・・

そんなことを感じさせられたとても不思議な不思議な1日でした。


あなたにも、ミラクルはきっと起こりますよ。

みんなつながっていますから!



ひとりじゃないよ。。。

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

不思議な不思議なお話…九頭竜様のおつかい

今日は箱根九頭竜神社月次祭ご案内でした。

「美湖さん!」
本殿でお参りを済ませた直後・・・
私を呼ぶ声に振り返ると、そこにはひとりの男性が懐かしそうに笑って立っていました。

「えっー? Nさん?」
一瞬そう思いましたが、まさか、この九頭竜神社で、約束もせずに会うはずもない方で・・・
いや違う・・・・じゃ、彼はだれ?

「美湖さん、美湖さんに、今日ここで会えるとわかってました。」
動揺している私をよそに、ごく当たり前の顔をしてその方はそう言いました。

頭のなかがぐるぐるしました。
でも、よーくお顔を拝見するとやっぱり Nさん・・・

3年半ぶりの再会でした。

現実的には連絡を取っていないNさんが、私が今日九頭竜神社に行くことがわかるはずもなく・・・
でも、はっきりと、Nさんは、

「美湖さんにお伝えすることがたくさんあります。
だから今日、ここにきました。

「えー?・・・・」

「あー、頭で考えないでくださいね。僕は今日、美湖さんにここで会えることをわかってましたからきたんです。」

「はあ。。。」


Nさんと初めてお会いしたのは、今から3年9か月前の2013年1月13日でした。

Nさんは、旅のお客様でしたが、初めてお会いした時に、いきなり私にこう言いました。

「私が、今日なんでこのツアーに参加したのが今わかりました。
それは、あなたに会うためだったということです。
私は、あなたにお伝えしたいことがたくさんあります」

Nさんの唐突のお申し出に、私は、嫌な気は全くしませんでした。
むしろ、出逢いは約束されていたように私も感じていました。


その時の私は・・・ボロボロでした。

大切な存在の癌告知・・・入院、手術…と辛い辛い時を送っていました。
仕事はしていましたが、御飯も食べられず、どうすることもできない現状とむきあいつつ、毎日を送っていました。

そんなさなか、Nさんに出会いました。

そのあと、私の大切な存在がこの世を去る日まで、Nさんは、私に毎日メッセージを送り続けてくれました。

そして、49日が過ぎると、もう私の役目は終わりましたというように、Nさんからのメッセージはぱたっとなくなりました。


それ以来の再会でした・・・


世の中には、本当に不思議なことがあります。

今回のNさんのメッセージは・・・・何を伝えるために、わざわざ私に会いにきてくれたのでしょう?


この続きはまた次回にかきますね。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

 

「神様がお喜びになるお参り」を考えながら、三輪山を登拝しました

昨日は、奈良県にあります日本最古の神社と言われる「大神神社」のご案内でした。

大神神社のご神体、大物主の大神様がおしずまりになる三輪山に、お客様と一緒に登拝してまいりました。


三輪山は高さは467メートル、往復2時間半ほどかかります。

ここでは一切の写真撮影は禁止で、持って入ってよいのはお水だけ。

白い布を首にかけ、杖を持ち、清浄をきしての登拝です。


雨の中、木の根が張る山道を黙々と登り、頂上の磐座に到着。

磐座の周辺には、神秘的な空気に包まれており、上を見上げるとぽっかりと空間ができており、のエネルギーを感じました。


三輪山に入らせていただき感謝しながら、「神様がお喜びになるお参り」について考えました。


私たちは、神様にお願いごとをします。

私たち人間の力では及ばないかもしれないところを、なんとか神様に、叶えてほしいお願いごとは、誰でも一つ二つありますよね。

神様は、私たち人間が図り知れない高みから、一人一人のことをよくご存知です。

皆様にとってお願いごとが、それぞれの「真の幸せ」につながることならお力を貸してくださることでしょうね。



神様は、お願いごとが叶うためのお力は、貸してくださると思います。

でも、そのことに向かって「決めて動く」のは、身体をもった私たちです

お願いごとのゴールまでの過程を体験することが生きること。


神様は、すぐに、結果だけをもってきてはくれません。


そこまでを「自分の足で歩んでいくこと」・・それが「生きる」ことなのかなあ…とそんなことを思いながら、登拝させていただきました。


自分が一番「経験」したいと思うことを願う。

その「経験」の先にある「目的」にたどり着くための「援助」を神様にお願いする。


そして、そのゴールにたどり着くまでに、自分は、何を「決め」どう「動く」のかを神様に誓約をし

そのことが叶ったときに、自分だけでなく、周りの人にどう幸せをシェアできるのか


そんなことを祈りに加えたら、神様はお喜びになって、きっと皆さまのお願いごとをかなえてくださるでしょう。


そして、一番大事なことは、そのお願い事が、「必ずかなう」と信じること・・・・ですね。


一緒に幸せになりましょうね。

ひとりじゃないよ・・・


だから自分をだきしめて
そして心に花束を



ほんの少しの「勇気」と自分を信じる「こころ」があれば。。

今週はゆっくり「こころとからだ」に休息を与え、リフレッシュできました。

先日、ブログにこんなコメントをいただきましたので、シェアしますね。

『たまたまこんな「youtube」を見ました。
おそらく、みこさんが言いたい事の多くがこの中にあるでしょう。
どうぞご覧になってみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=Aic4t82aO2Q
人生で後悔していること』

本当に、その通りだなあーとうなずきながら見ました。

でもほとんどの人は、わかっていても、それをしない・・・

なぜだろう・・・

一歩踏み出すのが怖い?

失敗するのが怖い?

周りの人の目が怖い?
 
できるわけがないと思い込んでいる?


まだ、じぶんにもこの世での時間が残されているなら

やっぱり、自分らしく生きてみたい。

好きな人と
好きな時に
好きな所で
好きな事をして

人生を楽しみたい。


ほんの少しの「勇気」と
自分を信じる「こころ」があれば


きっとできる。

思い通りの人生を歩むことができる

このYou Tubeを見てそう思いました。

あなたもぜひ見てみてください。


わたしたちは「しあわせ」になるために生きています。

人生は楽しむためにあります。


後悔しない人生をおくりましょう。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を



こころとからだが和んだ旅でした。

今週1週間は「自分にご褒美」の週にしました。

私の選んだ「自分へのご褒美」それはやっぱり「旅」です。

今回は、大阪から、奈良、和歌山、京都を回りました。

その中で、一番の目的は「天河神社」にお参りに行くことだったのですが

ふたを開けてみたら、「空海様」と「龍神様」に導かれた旅となりました。


天気予報では大型で強い勢力を持つ台風が、近畿東海地方を直撃で、

山奥にある「天河さん」は普通だと無理かなと思うのでしょうが、私は全く心配していませんでした。

予定通りに東京を出発し、今回は千早赤坂にある薬草茶庵アムリタさんにお世話になりました。


アムリタの龍見さんは、野生の植物を愛し、山里に移り住み、宿をひらかれている素敵な女性です。

今回は龍見さんに「聖地案内」をお願いしました。


身体に優しいお食事、朝の瞑想・・・静かな山の中で心も体もはとても和みました。

いつもはご案内する方の私ですが、今回は、お客さんでいられることも楽ちん楽ちん!


龍見さんにお任せコースで、初日は観心寺をお参りし、天河さんへ。

天河神社はやっぱり、すごい!


拝殿前に座りしばし神様と対話しました。

神社全体は優しいエネルギーに満ちているのに、拝殿前に立つと体の内側から、すーと引き締まる思いがしました。

「いまのままでよろし」というお言葉をいただき拝殿を出ると、突然の滝のような雨


そのあと、洞川温泉、龍泉寺、蛇の倉と回っていただきました。

翌日も、お不動さんをお参りしていると、不思議なことに「京都」というメッセージが降りてきて・・・

奈良に行く予定を急遽変更して、京都の神泉苑と東寺へ。

これまた偶然にも「空海」様にご縁のあるところに導かれていました。


そこにはいつも「龍」の彫刻や天井画がありました。


気がつくと今回は、「神社」ではなく「寺」旅。

それも「龍」に乗って「空海様」に会いに行かせていただいたような旅でした。



旅の途中でみた、空海様の名言をシェアしますね。

『人はこころの中に誰もが宝石となる石を持つ

一生懸命磨けば美しく光輝く玉となる』


こころとからだに、たっぷりと栄養を与えた素敵な「旅」でした。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を


状況は関係ありません…大切なのはあなたの心がどこにあるかだけなのです。

「人生は選択の連続」ですね。

小さなことから大きなことまで、私たちはいつも自ら選んでいます。


パンにしようか、御飯にしようか?

テレビを見ようか、本を読もうか?

赤にしようかな、それとも白?

旅をしようかな、家にいようかな?


小さなことは、何気なく選んでいるのでさほどきにならないかもしれませんが、

大きなことを「選び」「決める」ことは勇気がいりますね。

でも、「ほんらいのあなた」がのぞむことは、ちゃんとその「勇気」が原動力になります。

そしてあなたを後押ししてくれます。




だれだって、それぞれ、大切な人や事や物があります。

それは・・・お金だったり、仕事だったり、家族だったり・・・みんな大切です。

だけど、もし、すべてを考えなくてよいとしたら、あなたはどうしたいでしょう?

あなたが本当にしたいことが見えてくると思います。


「状況は関係ありません。

大切なのは、あなたの心がどこにあるか・・・

それだけなのです。」


私は、物事を決める時、いつもこの「バシャールのマントラ」を唱えます。

「たいせつなのは、あなたのこころがどこにあるかです」


今を生きましょう。

明日がどうなるか、誰にもわかりません。

好きな人と、好きな時に、好きな所で、好きな事をして

一瞬一瞬それを選んでいく人生を歩んでいきましょう。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

プロフィール

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ