スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芦ノ湖での祈りと願い

今日は九頭龍神社の月次祭を添乗して参りました。
今日の箱根は、穏やかに晴れ、爽やかな秋の風を感じるとてもよいお天気でした。
芦ノ湖の湖面は静かで、静かで深く奇麗な色をしていました。
遊覧船に乗り、湖を眺めていると、「芦ノ湖って美しい湖なんですね。まるで美湖さんだ!」と、お客さんが笑ってそう言ってくれました。

普段は、芦ノ湖の湖畔にひっそりとご鎮座されている九頭龍神社本宮は、今日は大勢の人でいっぱいでした。
去年の夏、プライベートで行った九頭龍神社本宮・・・
湖も神社も箱根の森も変わらずそこにあるのに、私はこの1年間で色々な変化がありました。
本殿の前に立ち、生かされている事の感謝の気持ちを述べた後、ひとつだけお願いをしました。

九頭龍神社の大祭が終わり、次は箱根神社へ・・・
湖からまっすぐに続く石段を一段一段、踏みしめながら登り、神殿の前で、神様にまた一つだけ同じお願いをしました。お参りの後は、湖のほとりに立つ平和の鳥居まで行き、湖面に打ち寄せる波の音を静かに聞きました。

湖面の脇に続く遊歩道を歩き、ちょっと人目につかない高台に吉田松陰先生の石碑があります。
苔むした階段をゆっくりあがり、吉田松陰先生の詩に思いを馳せました。
「箱根山 越すとき汗の出でやせん 君を思ひて ふききよめてん」吉田松陰
この地で、吉田松陰先生は、だれを想いこの歌を詠んだのでしょう。
その石碑の前に一人立ち、ここでも、松陰松陰先生の前で在るお願いを一つだけしました。
「世の人は よしあしこともいわばいへ 賎が誠は 神のみぞしる」吉田松陰
これは、私が好きな詩。

世は移ろい、人の気持ちは変わっても、変わらないのは「真実」だけ。
自分の想いを大切にせよ・・・いつか必ず、その時は来る。
松陰先生がそう私に優しく語りかけてくださいました。

ひとりじゃないよ・・・

だから
今日も自分をだきしめて
そして
心に花束を
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。