闇と光の体験からおもふ

台風一過、昨日の伊勢の森は、どこもかしこもきらきらと輝いていました。
そこに居る自分をとても「幸せ」に思いました。

二見が浦でみた朝陽は、大きく力強い光を放っていました。
その朝一番の光をいただき、天照大御神様の偉大なる御力を感じました。
内宮のご正殿に立った時、「みとばり」が突然、ふわっと上がり、メッセージを受け取りました。
『どれだけ「闇」を体験できるかということは、これから、どれだけ「光」を体験できるかということだ。
「闇」を生きた者には、無条件の愛の本当の意味がわかるだろう』
去年の暮、在る方に、「美湖さんは、来年多くの「闇」を体験します」と言われ、その時は、「闇」?なんだか怖いですね・・・と笑っていたけれど、今年は苦しみや、悲しみをたくさん経験してきた意味が、昨日で、はっきりとわかりました。
平和、豊かさ、喜び、自由、真実・・・それを心から感じるための、どん底「闇」だったのだと感じます。
それも、全てが、「本来の自分になる」ため。
昨日の黄金色の朝陽の「光」がそれに気づかせてくれました。

外の世界は、決して心を満たしてくれないこと。
自分の幸せを決めるのは自分だけだということがわかりました。

期待は一切手放し、ワクワクすることを追い求めていけば、あるがままの自分を愛することができれば、心は満たされるのでしょうね。
二見が浦でみた光、神宮の森に降り注ぐ光を感じ、いつもの五十鈴川の見える「私の大好きな場所」で瞑想し、
そう感じました。
条件をつけたり、執着することで、次にやってくる「豊かさ」に知らずに制限をつけていた私。
ネガティブな思いは手放し、あるがままの自分自身を信じ、愛していこう。
そう、キラキラ光る神宮の森を歩きながら想いました。

ひとりじゃないよ・・・

だから
自分をだきしめて
そして
心に花束を
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR