魂はいつもいっしょだよ

今日もラッキーの病院に行った。
待合室で順番を待っている間、私の膝にあごを乗せて、おとなしく待っているラッキーをみて、
先生は、「安心して、甘えている姿がとても幸せそうでしたよ。」とほほ笑んだ。
今日は2度目の手術の抜糸の日だった。

先月は、2度も大きな手術に耐えたラッキー、偉かったね。

そして、今日、また、癌の転移の告知を受けた。
覚悟はしていたが、書面で確認し、先生から事実を告げられるとまた涙が出た。
泣いても、泣いても、まだ涙はでる。

とても、とても悲しかった。
そんな自分を認め、ゆるしてあげた。

泣いてもいいじゃない。
もう我慢はしないことにした。
全てを受け入れるということは、弱い自分も、ダメな自分も全てを認め、ゆるすこと。
人間だもの。。。

「そのままのあなたでいいんですよ。」
そう、ソウルメイトさんが言ってくれた。

不思議なことに、まだ出会ったばかりのご夫妻「ソウルメイトさん」のメッセージは、心にすーとしみこみ、
そして、心の奥深く深くに入っていき、そこでまた大きく広がってとどまる。
いつも、どんなに私をたすけてくれていることか。
まだ、出会って間もないそのご夫妻には「ありがとう」以上の気持ちで、言葉がみつからない。

ソウルメイトさんから受ける「メッセージ」、、、
それは、先月そのご夫妻と出逢うまでは、別の人を通して、私に伝わっていた。

最近、メッセージの一つ一つが、驚くほど似ていることに気づいた。

「魂は、いつも、いっしょだよ」

これは、ソウルメイトさんを通じての「宇宙」(天)からのメッセージなのだと。



「今日はラッキーの絵を描きに来たよ」と
お見舞いに来てくれた「心友」が言った。
心友は、「あっ、ラッキーと繋がった!」と突然、鉛筆をサラサラと動かした。

ラッキーは、「私を描いてね」というように、心友が絵を描いている間、身動きせず、ずっと一点を見つめていた。その間、ラッキーは「犬」ではなく確かに「人」だった。

ラッキーがね、「私がいなくなっても大丈夫、、、?」
って、心配しているよ。
そう、デッサンをしながらその心友は言った。


ラッキーちゃんにね、ミネラル送るから、飲ませてあげてね。
奇跡が起こるかもしれないから、信じようよ!
そう神戸の「心友」が電話をくれた。


いつだって、ひとりじゃない。
みんな、ありがとう。


今日も、いろいろな感情を味わいました。
生きているから、生かされているから、体を持っているから、、、
いろいろな体験ができる。

だから、、、
今日も自分をしっかりだきしめて。
そして、
心に花束を。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR