大きな愛に包まれて

愛犬ラッキーが神様のところに帰ってから今日で9日。
あまりに辛くてブログも描くことができなかった。
この9日間と言う日々がとてもつもなく長く長く感じた。
もう何年も経ったような気がする。

やっと、今日、この空白の日々をブログに書いてみようと思えるようになった。
やっと、自分とむきあえるようになった。
自分がどんな気持ちで、何をしていたかをやっと残しておこうと思った。

2月19日(火)~21日(木)
お葬式の翌日、早朝に私は新幹線に飛び乗った。
ラッキーがいなくなってしまったことが、まだ受け入れられないまま。
自分が自分でなくなり、身の置き所がなかった。
ラッキーの写真を持って、私は新幹線で神戸に向かった。

「みこちゃん、おいで、、、明日おいで」
ラッキーの写真を抱え、泣きじゃくる私に「心友」のひろちゃんはそう言った。

「おいで、、、」

あのときの私は、「おいで」と言われたら、たぶん、世界中どこへでも行ったと思う。

ひろちゃんは、新神戸の駅で私を待っていてくれた。
「みこちゃん、好きなだけいていいよ」
私は、ひろちゃんを見るなり、おいおいと声をあげて泣いた。

人は、みなそれぞれの環境の中で、それぞれの時間の流れの中で生きている。
仕事があったり、予定があったり、家族がいたり、、、
ひろちゃんは、彼女の全ての予定をキャンセルして、私を持っていてくれた。

「みこちゃんの、好きなところに行こうね。」
ひろちゃんと二人で、三宮の山手を歩いたり、生田神社に行ったり、お買いものをしたりした。
ご主人は、お休みをとって、淡路島や沼島に連れて行ってくれた。
「みこちゃん、たくさん、泣いたらいいよ」
ひろちゃんは、いつも私のそばにいてくれた。
3日間ひと時も離れずに私と一緒にいてくれた。
家族の皆さんも優しく私を受け入れてくれた。


この3日間があったから、今の私がある。
ラッキーを失って、心にぽっかり空いた穴をひろちゃんは埋めてくれた。
たくさんの「愛」で・・・
ひろちゃんとの3日間を私は生涯忘れることはないだろう。

ひろちゃん、本当にありがとう。
大きな愛で優しく私を包んでくれたひろちゃん。
ひろちゃんがいてくれたから、私は、また笑えるようになりました。
それを見せてくれて感じさせてくれて本当にありがとう。

そして、ラッキー、ありがとう。
この世にいなくなっても、ちゃんと私を守ってくれてたよね。

体がなくなっても、「いつも一緒」ということをたくさん、感じさせてくれました。

今日も、大きな愛のなかで生かされていることに感謝です。

だから、
今日も自分をしっかりだきしめよう。
そして
こころに花束を





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR