大きな愛につつまれて(4)

2月17日(日)
ラッキーが亡くなったその日に、ゆみえちゃんは駆けつけてくれた。
「みこちゃん・・・」
仕事が終わったあと、神奈川県から車で駆けつけてくれた。

「癌にいいサプリメントがあるの」
ラッキーが少しでも長く、苦しまずに生きることができるようにと、
ゆみえちゃんは、一緒にサプリメントを探してくれた。
ラッキーがまだ歩ける時に、お見舞いにも来てくれた。
毎日、毎日、電話やメールで、私を励ましてくれた。

癌告知を受けた私に、
「みこちゃん、最期まであきらめちゃだめだよ」と、
動物の名医さんがいる病院を紹介してくれた。

何度か、愛犬や愛猫を亡くしているゆみえちゃんは、
いずれ、別れの時がくる「覚悟」を私に話してくれた。

ラッキーが亡くなった日、
泣きながら電話をした私に、
「みこちゃん、、、仕事が終わったらすぐにいくからね。」と

ラッキーが最後においしそうにイチゴを食べていたから、、、と、
いちごやお花を持って遠くから夜きてくれた。

もう、永遠に目を覚まさないラッキーを抱いて、ゆみえちゃんは泣いた。
ラッキーの死をまだ受け入れられない私は、ゆみえちゃんと一緒に、ただただ泣いた。

悲しみに暮れていた私の心を少しでも癒してあげたいと、、、
きてくれたゆみえちゃん。
今まで、愛犬や愛猫の死を自ら、たくさん経験し、乗り越えてきたてきたゆみえちゃんは、
私の悲しみをを全てわかってくれていた。

ありがとう・・・ゆみえちゃん。
自分の家族のように、私とラッキーを想ってくれて本当にありがとう。

あの時、私は、、、
ひとりじゃない・・・
そう感じることができました。
大きな愛に包まれていました。

だから、今があります。

今日も、生かされていることに感謝です。

だから、、、
今日もしっかり自分を抱きしめて。
そして、、、
心に花束を。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR