とっても大事なメッセージ「自分自身をとりもどすには」 長いけど、ぜひぜひ読んでみてください。

頭で考えて動くことと魂で感じて動くことの違い・・・

なんとなくわかるような気がするけど・・・
いつも、魂を優先しているように思っているんだけど・・・
でも・・・これってどういうこと?
アニータさんの「喜びから生きる」の本の中に、」 腑に落ちる答えを見つけたので、シェアしますね。

『思考は「すること」を重視し、
魂は「存在すること」を重視する。

知性は、この人生を生きていくための道具に過ぎません。
それは食べ物をかい、家賃を払うためのお金をどうやって稼ぐかを考えます。
でも・・・
魂は、自分自身を表現することだけを望んでいます。
だから直感で、一瞬一瞬自分がしたいことを選びます。

私たちは日々の生活におわれ、忙しくなりすぎると、
自分が宇宙エネルギーと繋がっていることを忘れてしまうことがあります。
先日友人が、最近凄く忙しくて…神社にいったんだけど、完全に神性が失われてしまったように感じると言っていました。
そんな時は、
親や上司や教師等外側の力に自らの力を委ねてしまい、
自分の内なる声を聞くことができなくなっているので、とてもとても苦しいと思います。


感情は「魂」の入口なので、自分の感情がそこでブロックされてしまうと、
自分自身の素晴らしさに気づけなくなってしまうようです。
そして、そのまま、状況に縛られ、思考だけで生きていると、
無限の自己との繋がりを失い、どうして良いのかわからなくなり心と体のバランスを失います。

「存在すること」は、魂で生きることで、ありのままの自分でいること。
それは何もしないことではなく、自分の声を聞き、魂を優先し行動することで、
我慢することでも、無理をすることでもなく、今、あなたが本当にしたいことをすることです。

「行動すること」は、未来ばかりをみていて、「今」の感情を抑えてしまいます。
何かを達成するために、思考に支配されています。
だから、頑張り続けて、心も体も限界がきて病んでいきます。

そうならないように・・・

自分の行いが「存在すること」なのか「行動すること」なのかを知るには?
それは、もうあなたの感情に素直になることです。
遅すぎることはありません・・・

私たちは、自分自身の素晴らしい魂と繋がり、自分の力を取り戻した時、
目の前に奇跡が興り始め人生はまたうまく進み始めます。

たいせつなのは、いつも、、
本当の自分でいることだけ。
自分の中には素晴らしい宇宙エネルギーである光が存在し、それが本当の自分なのだと理解するだけです。

一緒にしあわせになりましょう。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 先日はありがとうとざいました。

吉沼さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
このコメント吉沼さんは見られるかしら?

そうですね。アニータさんの本は、たくさんの大切なことを思い出させてくれますね。
私もまずは「自分を愛し」「あるがままのじぶん」で毎日を生きていきたいと思います。
またお会いできるのを楽しみにしていますね。
みこ

> 美湖さんこんにちは。吉沼です。
> 先日は九頭竜神社一緒に回っていただいてありがとうございました。
> あの後風邪を引いてしまいましたが、ものすごいパワーをいただいて、ホント楽しかったです。
>
> 今アニータさんの「臨死体験が教えてくれたこと」読んでます。
> まだ半分くらいですが、アニータさんが臨死体験中に見て感じた世界とまったく同じものを私も体験しました。
>
> アニータさんは「無条件の愛」という表現をしていましたが、私は「絶対的に許される愛」だってよく人に話します。
> 極端に言えば、たとえ私がどんなに酷いことをしたとしても許されるほどの真実の愛、それが本来私たちの来た魂の世界なんです。
>
> 時間も空間もなく死はないというのはよくわかります。
> 過去も現在も未来も全てが一瞬で、何故生まれてきたのかを深く理解する体験だと思います。
>
> 私がアニータさんと違うのは、わかってはいるけど、ついついこの幻想の世界に翻弄されちゃうことです。
> ダメダメな私なので、神様がしょうがないな~ってたまに連れてってくれます。
>
> でもこの本に出合えてよかったです。美湖さんありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR