スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【セドナ紀行】 最終日 Part4 「聖なる儀式 スエットロッジ」の奇跡

セドナ紀行 最終日 Part4 Feb/4th

ハート❤の石と水晶のギフト・・・
最終日は朝から、奇跡の連続。
えー?本当に?
私に?
興ること全て、一瞬一瞬、魂が躍ります。

そしていよいよ、クライマックス。
今世では4年ぶりの再会。
前世でも一緒だったネイティブアメリカンの血をひくMr.Rahilioの家で、
古来から伝わるインディアンの聖なる7つの儀式の中心をなす大事な儀式
「スエットロッジ」での「浄化と再生」です。

「イニーピー」(母なる大地の子宮)というドーム型のテントの中で行われる
「浄化と祈り」「死と再生」のこの儀式は、光は一切入らず、闇の中で行われます。
まっくら・・・です。

まずは、東の入口から時計回りにイニーピーに入り座るとタバコの葉が配られます。
タバコと言ってもご心配なく、吸うわけではありません。
これは嗜好ではなく、グレートスピリットとの交流のドアーを開く大切なメディスンです。

ファイヤーピット(ストーンピット)と呼ばれる中央にある焼かれた石に、
Rahelioが、ハーブと聖なる水をかけると、スチームが上がりテントの中はサウナのようになりました。

体から吹き出る汗と一緒に、今までに抱えてきた、
重荷、恐怖、不安、執着、嫉妬・・・
全てのネガティブな感情を解き放っていきます。

手放したい事は、言霊となって、火の精霊の助けをかり、
目の前で燃やされていくのをみていると、
「大丈夫!全ては予定通り」と言う声が聞こえました。

スエットロッジの儀式は、通常4回行われます。
①幼年期、②青年期、③壮年期、この3回のヒーリングで、手放しと癒しが行われ、
④最後のラウンドは「死と再生」です。

Rahelioは、各回が終わる度に、ドアーが開け、
鷲の羽で出来たセンスで新しい風を送りながら、
中央で燃え続けるファイヤーストンを増やしていきました。

火が中央で赤々と燃えています。
もう全身が汗びっしょりです。
3回の儀式が終わり、いよいよ4回目。

いよいよグレイトスピリットを呼び、自分の言葉で、
内側からわきでてくる正直な祈りをささげ「誓約」をかわす時がやってきました。

私の「誓い」は・・・?
ここで奇跡が興ります。

次回はこのお話をしますね。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。