辛い時こそ笑っていてね。自分を愛しだきしめてあげましょう。

好きな時に
好きな人と
好きな所で
好きな事をする

そんな時間を皆さんの毎日の中に少しずつとりいれていってくださいね!
これが私の今の皆さんへの最大のメッセージです。

私自身、今日も、「瞑想の会」と「スピリチュアルライフセミナー」と、
楽しい1日を過ごすことができました。

そんな中、気になったのが心友のAさんのことです。
Aさんは今ご家族の方がご病気で入院されています。
Aさんはお仕事もされながら看病される毎日とのご様子でした。

お話されている表情から、Aさんがどんなに今、辛く苦しいかが感じとれました。
自分自身のことだったらなんとかなります。
でも、それが自分の身近な人、ましてや家族だと、
本当に辛いと思います。

でも、Aさんへのメッセージは、
「辛い時こそ笑っていてね」です。
はっきり言って、無理です!辛い時は泣きたいです!
そんな声が聞こえてきそうです。

そうですね。
泣きたい時は泣いてもいいです。
でも、一人で泣くのは止めましょう。
一番信用出来る人の前で声を出して泣きましょう。
「つらい、くるしい」と言って泣きましょう。
男だから・・・女だから・・・関係在りません。
泣かせてくれる人の前で泣きましょう。

自分の中に感情を押し込めて、
泣かない、頑張る!はストレスになるだけです。
今度はあなたが病気になってしまいます。
魂は決して喜びません。

たくさん泣いて、自分の感情を出しきったら、
次に「笑顔」で、顔晴りましょう。

悲しい、辛い思いを手放すことは難しいとは思います。(私もずっとそうだったので)
でもその感情を手放す「時」を意識的に持っていかないと、
あなたは、24時間×何日か、ずっとその感情といっしょです。

1日の中で少しでも、
自分が楽しいと思えることを取り入れていきましょう。

電車の中で、ぼんやりとでも見える景色の中に、
奇麗な空や雲が映ったとき、
心がほっとするかもしれません。

駅からの帰りの道で、奇麗な紫陽花の花が目に入ったとき、
心が優しくなるかもしれません。

美しい夕焼け、奇麗な夜空を見た時、
心がワクワクするかもしれません。

海に行って波の音を聞いた時、
心が静かに癒されるかもしれません。

好きな本を読んでも良いし
好きな音楽を聞いても良いし
好きなモノを食べても良いし
好きな所に行っても良いし、
好きな人と会っても良い・・・

たくさん泣いたら、
魂が喜ぶことをその倍してあげましょう。
そして自分を愛し抱きしめてあげましょう。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

まきこさん
こんばんは。
いつもブログを読んでくださってありがとうございます。
私も、Aさんとお話している時に、まきこさんのことをおもっていましたよ。
だから、前にまきこさんにお伝えしたこととかぶっていますよね。
辛い時は、辛いです・・・
でも、たくさん泣いたら、次は笑顔でありがとうです。
心に花束をね。
みこ

> 美湖さん、いつもありがとうございます。
> まるで私に話してくださっているようで、びっくりしました。
> 美湖さんの言葉に励まされて、毎日を過ごしています。
> 泣かせてくれる人がいたら、少し楽になるのかもしれないなあ~。
> 本当に、家族が病気でがんばっている姿をみていると辛くなります。
プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR