稲荷山で聞いた神様からのメッセージ…諦めたらあかんよ!

今日は、先日、お参りした京都の伏見稲荷大社での不思議なお話をシェアしますね。

伏見稲荷大社は、以前からお参りしたいと、
とても気になっていた神社でした。

稲荷駅の正面に立つ大きな朱色の鳥居を見たとたん魂が揺さぶられました。
ご本殿をお参りし、有名な千本鳥居を一つずつくぐらせていただきました。
何かが、どんどん近づいてくる…そんな感覚がしました。
鳥居をくぐると、そこは奥の院。

奥の院で、今日お参りに来られた感謝の気持ちをお伝えし、
さらに続く鳥居の道へと進みました。

最初は、地図で見た稲荷山の頂上まで、
それほど時間がかかるとは思っていませんでした。
でも、道はだんだん上りになり険しくなってきました。
 
あとどのくらいあるのだろう・・・

右足のけがも完治していないし、
無理する必要もないから引き返そうかな・・・
足が重くなってきた私は、そう考え始めていました。

四ツ辻という、地図上の三分の二位のところで、
そんなことを思いながらふと見ると、
お休みどころがありました。

そのお店に、優しそうなおばあさんがいらしたので、
「すみません、頂上まであとどのくらいですか?」
と聞いてみました。

すると、そのおばあさんは、
「40分くらいだよ」と。
そのあと、私の心の中を読み取ったように、
にこにこしていたおばあさんの顔は急に険しい顔になりました。

「あんたなあ、帰るん?
諦めたらあかんよ。
私らな、おなかが大きくても上ったもんよ。
赤子が生まれたら、赤子を背負っても上ったさ。
ここまできて諦めたらあかん」

そうおばあさんは言いました。

そこで、私はまた決心し、頂上まで登る決意を固めました。
そして、そのあと、山頂の一の峯まで到達したのです。

帰りに、また四の辻を通った時に、
そのおばあさんにご挨拶したくて、
お店を探してみましたが、
もうそのおばあさんは、どこにも見当たりませんでした。

そのおばあさんは・・・
私には、神様の化身のように感じました。

そのおばあさんと会話しなかったら、
間違いなく
私はあきらめて下山していたと思います。

「諦めたらあかん、前に進みなさい
そして、上を目指しなさい」

神様はそのおばあさんを通して、私にそう伝えてこられました。
今日お参りできて本当に良かった・・・
山を下りながら、感謝の気持ちが溢れました。

もう限界・・・
そう思う瞬間は、きっと人生の中で誰にでもあると思います。
でも、どんな時も、あと一歩踏み出すことによって、
その道は、前へ上へと続いているのです。

一緒に歩んでいきましょう。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR