セドナSTORY ボイントンキャニオンでの奇跡 「森に棲む小さい動物をイメージして」

「君っておもしろいね?君のエネルギーを感じてみたんだけど、話してもよい?」

ボイントンキャニオンで出会った彼はそう私に言い、
次の質問をしてきました。

「ライオンやトラよりも小さく、ネズミやリスよりも大きい動物をイメージしてみて!」

一瞬にして、私の中に「白いキツネ」が浮かびました。

彼は続けて
「その動物は雌?それとも雄?」と聞きました。

彼はすべて御見通しさという顔で私を見ると
「雌のキツネだね?」と私に言いました。

やっぱり…この人ただ者ではない・・・

「うん。やっぱり、君はおもしろいね・・・

そのキツネは君だよ。

でも君は普通のキツネではない。
キツネはふつうは単独行動を好み、群れを成さない。

でも君は、群れのリーダーというより、」群れの中心にいる。
そしていつもみんなを見守っているよ。

君は行動的で、見かけは男性性のエネルギーに満ちているようだが、
でも、中身は、とてもフェミニンで優しく女性性にあふれてる。

だから、君がここでバランスよくエネルギーチャージをするならノールだよ。
そう、彼は、男性エネルギーが強いといわれているノールを指さしました。

そして、「GOOD LUCK!」と手を振り、山を降りていきました。

単独行動を好まないキツネ
群れをなし、その中心でいつもみんなを見守っている白い雌キツネ。

彼は、私にそういいましたが、
私自身、それが自分だということが、それほど間違っていないように感じました。

いつかまたこの人に会うことになるだろう・・・
私は山を降りていく彼の後ろ姿を見て
そう思いました。

ところで、このボイントンキャニオンは、
例の「ハートのおじさん」が現れる所です。

今回は、ハートのおじさんに会えるのでしょうか?
そして全員ハートの石をを受け取ることができるのでしょうか?

その続きはまた次回にね。

ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR