伊勢の神宮は、変わらず・・・私を包み込むように迎えてくれました。

12月2日3日は、「五斗美湖がご案内する伊勢神宮正式御垣内参拝ツアー」でした。

毎年恒例になったこのツアーも今回で第7回目、今年も、満席でのご案内となりました。

「美湖さんが案内してくれる伊勢神宮は特別です。
だから、毎年12月の最初の週は手帳に「伊勢神宮」って書いてありますよ!」

そう、おっしゃっていただけるお客様ばかりで、本当に嬉しいこの旅を、私も毎年楽しみにしています。


今年の初め、母が末期の癌であることがわかり、私の生活は変わりました。

大好きな母のことを第1優先で動きましたので、伊勢の神宮ご案内は、実に8か月ぶり。

遷宮の前後は、月に8回ほど伊勢神宮に行っていたこともあったのに、

久しぶりの伊勢神宮・・・


大好きな皆さんと、大好きな伊勢神宮に行かれる!

そう考えただけで、前の晩から胸が高鳴りました。


伊勢の神宮到着後、まずは、外宮での御垣内正式参拝。

御垣内に入るまでに、御垣の外を歩いているうちに、もう涙があふれてしまいました。


久しぶりの伊勢の神宮は・・・

何も変わらず、威厳をもってそこに存り、変わらず私を優しく迎えてくれました。


そのことに、ぐっとこみあげるものがありました。

涙がこぼれないように、思わず空を見上げ深呼吸・・・


46名での正式参拝は感無量でした。


翌日の内宮の御垣内参拝も、魂の底からじわじわと暖かくなるような感動がありました。

森の木々も、清流五十鈴川も、何も変わらず・・・

ただ静かに流れ、美しい紅葉を川面に映して見せてくれていました。


やっぱり、神宮は格別・・・神宮にまた来ることができてよかった。

そして、45名の皆さんを神様のより近くまでご案内できて本当によかった。

そう心から思いました。


外宮では御神楽もあげていただきました。

皆さん、とても感動していらっしゃいました。


お参りも無事に終わり・・・

もう一つ私が楽しみにしていたことがありました。

それは「伊勢のお母さん」に会うことでした。


おはらい町にある「倭の姫」のオーナーの杉山さんは、私の「伊勢のお母さん」

「ずっと、ずっと待ってたんよ、大変だったなあ、辛かったやろ・・・」
そう言って、大泣きの私をしっかり抱きしめてくれました。

伊勢のお母さんは、私の母が亡くなってからもずっと私を案じ待っていてくれたのです。



皆さんのご協力のお陰で、ツアーは滞りなく進み、今年も無事に終わることができました。

そこに黙ってただただ在るものに感謝、それらが、変わらず迎えてくれることの喜び

伊勢の神宮は本当に懐は深いです。

皆さんに喜んでいただけて本当に嬉しい2日間でした。


私がご案内続けられる限り、毎年、一緒に、伊勢の神宮にお参りしましょうね。
みなさーん、ありがとうございました。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR