FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣きたいときは泣きなさい。でもね、私はいつも一緒なの、そう母は言いました。

桜が満開の今日・・・
近くの公園にお花見に行きました。

昨年の今日・・・
私は同じ公園に母と一緒にいました。

その母は今はもうこの世にはいません・・・

昨年の1月、突然余命2か月の末期癌の宣告・・・
桜が咲くころまでもつかどうかも・・・との医師の見解に、
「母が大好きな桜を見せてあげたい」と心からそう思いました。

そこで早くから車椅子を準備し、桜が咲くのを待ちました。
そして・・・
願いは天に届きました。

母は、桜の木の下で
「綺麗ね」と笑っていました。

「来年も一緒に来ようね、おかあさん。」


1年がたち・・・
今日、私は、同じ桜の木の下に立っていました。

桜の木の下に母のいない車椅子だけが見えました。

そのとたん・・・涙があふれ・・・後から後から涙があふれ・・・どうすることもできない自分がいました。

あれから1年がたち、同じ景色の中、桜は同じように咲いているのに、
母はもうこの世にはいないのです。

とても悲しくなりました。

母が心配するから泣くのをやめようと思いましたが
家に帰っても涙が止まりませんでした。


そこで・・・思い切って

今日は、桜のお花見巡りをすることにしました。
車椅子を押して母といった桜の名所を何か所かめぐりました。

そのうち・・・
なんだか母も一緒にいるような気持になりました。

桜の木の下で、母は笑っていました。

「さくら、綺麗ね。」

そう言って母は笑っていました。


お母さん、今日はたくさん泣いちゃった。

そんな日もあるよね。

泣いてもいいよね。

でもね、明日からは、また「笑顔でありがとう」の気持ちで生きていくからね。

「そうね、泣きたいときは泣きなさい。

でもね、私はいつも一緒なのよ!」

そんな母の声が聞こえてきました。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。