FC2ブログ

辿り着けなかった三峯神社の朔日参り ~あなたならどうしますか?~

先日、4月1日、三峯神社の朔日参りをご案内しました。

三峯神社の朔日参り「白いお守り」の人気のすごさはご存知の方も多いと思います。

4月1日は日曜日でした。
三峰神社の朔日参りを数多くご案内し、状況をよくわかっている私は、いやな予感はしていました。

何時に神社に到着できるかしら?
お客様は全員その日のうちに帰宅できる?

そんな不安がありました。

だから、お客様には、朝からしっかりと「どんなにすごいのか」を説明し、その状況ご理解いただきながら進みました。

しかし・・・その日、私のその予想以上のことが起こりました。

私たちは、三峯神社にたどり着くことができなかったのです。


秩父市内にはいって少し行くと、混雑は始まりました。

時間はたつばかりで、バスは全く動きません。

道路には、「三峯神社まで6時間以上」というは状渋滞表示が・・・

そのうち、「三峯神社での白いお守りの引換整理券は終了した」という情報が入ってきたのです。

え・・・・バスは動かないし、整理券も終了?


そのうち、途中箇所で、もどってくるようにという、業務連絡が会社からありました。


こんな事態ははじめてでした。


交通の状態や天候などで、行程通りに事が進まないことは、どうすることもできません。

でも、ご参加されたお客様の気持ちを考えると申し訳ない気持ちになりました。


状況を丁寧に説明し、お詫びを申し上げましたが、
私のバスのお客様は、みな「笑顔」でした。

むしろ、「今日はお天気だったし、桜も見れたし、美湖さんにお会いできたし、
よかったです」とおっしゃってくださった方もいらっしゃいました。

みんな心の中では、がっかりしていたはずです。

でも、どうしようもないことに、不満をいっても、自分と相手が気分が悪くなるだけです。

同じ時間がながれているのだったら、
気持ちを切り替えて、「またこよう!」と思った方が得なのです。

でも、そこがなかなか分かっていてもできないこともありますよね。


私のバスのお客様は本当に、みなさんポジティブでした。

素晴らしいな!と思いました。

どうにもならないことに、腹を立て、周りの人に当たり散らす人・・・

サービスエリアで、添乗員に喧嘩をうっている他のツアーの人をみて、

ちょっと残念な気持ちになりました。


怒っても、笑っても、同じ時間は過ぎていきます。

ならば、起こることを受け入れて
「笑顔でありがとう」

そんな日々を過ごしていきたいと思いました。


ひとりじゃないよ・・・

だから自分をだきしめて
そして心に花束を


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR