ぬくもり

「家にね、新しい子犬が来たの。見に来てね。」
お友達のせっちゃんのところに、ミニチュアダックスフントの小太郎ちゃんが来たというので、見せてもらってきました。
彼女はもう20年間のお付き合いの仲よしです。偶然にも今年の2月、二人とも家族の一員だった愛犬を失いました。

家族を失った悲しみは、時間と共に薄らいでいくのかもしれないけれど、生涯絶対に忘れることはできません。
でも、悲しみの癒し方は人それぞれです。
生きていくために、次の子が必要だったり、生きていくために、もう二度とあんな悲しい思いをしたくないと思ったり・・・、
どちらがよいとか悪いとかではありません。
でも、生き方を「選ぶ」事はできます。
せっちゃんは、次の子が来ることを選択し、その時の状況に合わせて、次のお役目をもった子が彼女の家に来ました。

子犬を抱っこさせてもらいました。
ラッキーが亡くなってから、子犬を抱っこしたのは初めてでした。
かわいい・・・
子犬は私を大きな目で見つめ
私の顔をぺろぺろと舐めてくれました。
そのぬくもりが、愛おしく、抱きしめたら涙がでました。
温かい、生きているもののぬくもりでした。
心がほっと温かくなりました。

せっちゃんの家にきた小太郎ちゃんは、きっと愛の中で、すくすくと育っていくでしょう。
大きな愛を与え合いながら

ひとりじゃないよ・・・

だから
自分をだきしめて
そして
心に花束を


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

angel711

Author:angel711
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR